B!

Twitterで誹謗中傷を書かれた!削除依頼や、訴えることはできるのか?

Twitterで誹謗中傷を書かれた!削除依頼や、訴えることはできるのか
ツイッターは匿名で簡単にアカウントを作れてしまうため、誹謗中傷も受けやすい環境にあります。

嫌なことを書かれてしまった場合、ツイッターや本人に削除依頼をすることができます。

プロ野球選手の奥さんが匿名掲示板で誹謗中傷を受けたとして、有名人が一般女性を訴えたという事例もあります。

内容によっては、弁護士に相談して慰謝料を請求することもできるのです。

この記事では、削除依頼の方法、ツイッター社が行っている対応や、弁護士に相談する場合の費用など、ツイッターで誹謗中傷を受けた際の対応について、まとめてお伝えします。

Twitterが削除対象としているコンテンツとは

ツイッター社に削除依頼をすると、削除してくれる場合があるのですが、削除対象としているコンテンツは以下の通りです。

・脅迫行為
・テロ行為
・児童ポルノ
・攻撃的な行為/嫌がらせ
・ヘイト行為(人種、民族、性別、宗教、年齢などによる理由で他者への暴力を助長したり、、脅迫または嫌がらせをしたりすること)
・自殺または自傷行為
・暴力描写
・成人向けコンテンツを含むセンシティブな画像や動画
・違法または特定の規制対象商品、サービス
・合意のない他者の個人情報
・合意のない裸体の描写
・スパム行為(人為的な拡散または隠蔽など)
・選挙の操作や妨害
・なりすまし
・著作権および商標

上記の行為はツイッターのルール違反であると、公式サイトに記載されています。

詳しくは、Twitter ヘルプセンターをご覧ください。

このような、公式が言っているルールに沿わないツイートは、ツイッター社に依頼すれば、削除してもらえる可能性があります。

Twitter社に削除依頼をするための準備や方法

先ほどのルール違反をしている書き込みについて、ツイッター社に削除依頼をすることができます。

削除依頼をするための準備と、削除依頼の手順をお伝えします。

削除依頼をする前の準備

削除依頼をする前に、やっておきたいことがあります。

それは、「証拠を保存する」ということです。

ツイートした人が対象となるツイートを削除することで、証拠隠滅を図るおそれがあります。

日付がわかるような画像を、スクリーンショット機能で撮影しておきましょう。

ちなみに、ツイッター社に削除依頼をする際は、スクリーンショット画像は受け付けてもらえません。

その際は、該当のURLを送付することになりますので、画像は訴えるときの証拠としてや、何かあったときの保険と考えてください。

訴えるつもりはなくて、ただ消してほしいという場合は、ツイートをした本人にDMで削除依頼をするという方法もあります。

「弁護士に相談することも考えている」などと伝えると、こちらの本気度が伝わり、削除してもらえる可能性が高まります。

Twitter社に削除依頼をする手順

ツイッター社に削除依頼をする手順は、以下の通りです。

(1)ヘルプセンターの「問い合わせをする」にアクセス
(2)右の列、「違反報告」の中から、該当するものをクリック
(3)項目にしたがって入力
(4)削除依頼後届く、「本人確認」のメールの指示に従い、「顔写真付きの身分証明書」を送付

メールを送ってから10日以内ほどで、削除依頼に応じてもらえるかどうかの返事が届きます。

削除依頼をする場合は、身元確認もされるということは覚えておきましょう。

削除依頼をしても、削除してもらえない場合はどうする?

ツイッター社に削除依頼をしても、削除してもらえなかった場合は、諦めるか、弁護士に相談して訴えるしかありません。

以下の権利侵害に該当する場合、慰謝料を請求できる可能性があります。

・名誉毀損:他人の名誉を傷つける行為
・プライバシー侵害:望んでいない私生活の情報を、第三者に公開されること
・児童ポルノ:児童(18歳未満)が関わる性的な行為等を描写した画像や動画を保持、公開する行為
・侮辱:事実確認ができないことで、公然の場で第三者の評判を落とす行為

それ以外にも慰謝料を請求できる可能性があるケースはあります。

個人でツイッター社に削除依頼をする場合も、申立書類を提出しなければなりませんし、その後慰謝料請求や裁判になったときに、弁護士がいないのは現実的ではありません。

初回の相談は無料の弁護士事務所もありますので、慰謝料請求を考える場合は、弁護士事務所に相談してみましょう。

弁護士に依頼する場合の費用額は?

ツイッターの削除依頼および、慰謝料請求を行う場合、弁護士費用の相場は以下の通りです。

<裁判がない場合>

・ツイートした人の身元特定…着手金:5万~10万、報酬金:約15万
・削除依頼…着手金:5万~10万、報酬金:約15万
・損害賠償請求…着手金:約10万、報酬金:成果額の10%~

<裁判がある場合>

・ツイートした人の身元特定…着手金:約20万、報酬金:約15万
・削除依頼…着手金:約20万、報酬金:約15万
・損害賠償請求…着手金:約20万、報酬金:成果額の10%~

(裁判費用が、別途約5万かかります)

弁護士費用は決して安くはありません。

以下の、損害賠償請求額相場と比較して検討してみてください。

・個人の請求…10万~50万
・事業者の請求…30万~100万
・精神的苦痛が大きいときの請求(ヌード写真の公開など)…約100万

とはいえケースバイケースですので、まずは弁護士に相談されることをおすすめします。

まとめ

ツイッター社に削除依頼をする方法や、弁護士に依頼する場合の相場などをお伝えしました。

有名人も一般人に対して訴えるという事案もありますが、まだまだ「匿名だから」という理由で誹謗中傷を軽い気持ちで書いてしまう人は多いでしょう。

ツイッター社に削除依頼ができますし、場合によっては慰謝料請求をすることもできますので、あなたの意志に応じて対応していきましょう。

Twitterで誹謗中傷を書かれた!削除依頼や、訴えることはできるのか?