B!

Twitterのキャンペーンはメリットがいっぱい!成功事例やコツをご紹介

Twitterのキャンペーンはメリットがいっぱい!成功事例やコツをご紹介
Twitterをやっている方であれば、きっと「フォロー&リツイートで商品が当たる!」というプロモーションツイートを見かけたことがあるのではないでしょうか。

Twitter上で行われている上記の様なキャンペーンは、投稿がユーザー間でシェアされるリツイート機能との相性がよく、上手く活用することで多くのユーザーにリーチし、ブランド認知を広められる可能性を秘めています。

そこでこの記事では、Twitterのキャンペーンのメリットとキャンペーンを行う際のコツ、実際の成功事例を紹介していきます。

Twitterのキャンペーンとは?どんなメリットがあるの?

Twitterのキャンペーンとは、Twitter上で主に懸賞・プレゼント企画を行うことを指します。

キャンペーンの打ち方にはいくつかのパターンがあるものの、共通する特徴としては、ごく簡単な拡散行動をしてくれたユーザーに対してプレゼントを行うという点です。

これにより、プレゼントが欲しいユーザーがどんどんキャンペーンを拡散してくれるため、上手く活用することで、多くのユーザーに自社のサービスや商品を知ってもらうことができます。

また、Twitterキャンペーンは成功時の広告効果が高いだけでなく、ほとんど費用がかからないという点も従来の広告に比べて優れている点です。

中には最初の拡散の取っ掛かりのためにプロモツイート(Twitterの広告)を利用するケースもありますが、基本的にはキャンペーンは通常のツイートで行われます。

そのため、かかる費用はプレゼントの料金とツイートに乗せる画像作成費くらいのもの。

低リスクで広告を打つことができ、成功時には高い効果も期待できるので、中小企業や個人事業主の方には特におすすめの宣伝方法です。

キャンペーンはどんな内容で、何を工夫すべき?

企業がTwitter上で行うキャンペーンには、主に以下の3種類があります。

・フォロー&リツイート…アカウントのフォローとツイートのリツイートによって参加できる
・ハッシュタグ、リプライ、いいね…ユーザーはハッシュタグをつけての投稿、リプライ、いいねなどをすることで参加できる
・HPからツイート…ユーザーは、HPに移動しツイートを行うと参加できる

それぞれどの様なものか、詳しく解説していきます。

おすすめはフォロー&リツイートキャンペーン

中小企業が行っているキャンペーンで特に多いのが、「フォロー&リツイート」をユーザーにしてもらうという方法です。

予算がかからず、フォロワーも増えますし、拡散も狙えることから、こちらの方法を行うことをおすすめします。

ハッシュタグ、リプライ、いいねキャンペーン

ハッシュタグをつけの投稿や、キャンペーンツイートへのリプライ、いいねをユーザーに促すキャンペーンもあります。

しかしこの方法は拡散力が弱く、フォロー&リツイートに比べると劣る点が多いです。

何かしらの事情がない限りは、フォロー&リツイートのキャンペーンを行うと良いでしょう。

HPからツイートしてもらうキャンペーン

ユーザーを一度HPに移動させ、HP上に設置したリンクからツイートをしてもらうことでキャンペーン参加となる方法です。

この方法はHPにコンテンツを用意するためにコストがかかりますし、ユーザー視点で考えても一度HPに訪れる手間がかかるので、拡散を目的するのであればあまりおすすめできません。

しかし、HP上の別コンテンツに興味をもってもらうなど、明確な狙いがあるのであれば検討してみても良いでしょう。

プロモツイート(Twitter広告)をキャンペーンに活用する方法

予算がたくさんある企業であれば、「プロモーションツイート(Twitter広告)」を利用してキャンペーンを行うことも検討しましょう。

Twitter広告を利用すれば、狙ったターゲット層のユーザーにツイートを表示させることができ、今までリーチできなかったユーザーにリーチできる可能性が広がります。

Twitter広告の出稿方法については、こちらの記事に詳しく書いていますのでご確認くださいませ。

広告アカウントの作成や出稿手順は、流れに沿って行うだけなので、簡単に行うことができます。

⇒とっても簡単 Twitter広告の出稿方法まとめ

Twitter広告アカウントにログインすると、キャンペーンの目的7つが表示されます。

懸賞・プレゼントに向いているキャンペーンの目的は、「ブランド認知度の向上」です。

そちらを選択し、設定を進めましょう。

Twitterキャンペーンの、具体的な成功事例

Twitterキャンペーンを行っている具体的な成功事例を見ていきましょう。

フォロー&リツイートの事例:ガスト

こちらはファミリーレストランの大手チェーンであるガストが行った、フォロー&リツイートで参加できるキャンペーンの事例です。

当選者には1万円分のお食事券と商品がプレゼントされるというもので、店舗でも同時にキャンペーンを行い、フォロワー増加だけでなく、店舗キャンペーンの認知も狙っています。

https://twitter.com/gusto_official/status/1027026613802680322?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1027026613802680322&ref_url=https%3A%2F%2Fgaiax-socialmedialab.jp%2Fpost-41950%2F

フォロー&ハッシュタグの例:ハーゲンダッツ

8月10日、ハーゲンダッツの日を記念して行われたキャンペーンです。

ハッシュタグ形式なので、ユーザーにはひと手間かかりますが、参加者も多く盛り上がりを見せました。

ハッシュタグをツイートしてもらう方法は、フォロー&リツイートキャンペーンに比べるとハードルが高いものの、ハーゲンダッツの知名度を上手く利用して成功をおさめた事例といえるでしょう。

何個食べたいか投稿することで、10名に好きな数だけ当たるというユニークな企画内容も多くの反響を集めたポイントといえそうです。

https://twitter.com/Haagen_Dazs_JP/status/1027728738887163904?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1027728738887163904&ref_url=https%3A%2F%2Fgaiax-socialmedialab.jp%2Fpost-41950%2F

リプライの例:ニュータッチ

凄麺で知られるニュータッチが行ったリプライキャンペーンです。

3択の問題にリプライで答えることで、正解者の中から抽選で5名に新商品が当たるという内容。

シンプルな企画ではありますが、3択で答えやすくしていたり、インパクトの大きい画像を使っていたりと、工夫が垣間見えるキャンペーンです。

実際に応募条件ではないにもかかわらず、自発的に800以上リツイートされました。

https://twitter.com/newtouch_noodle/status/963201062004973570#_ebcv=3kxCAMrX.liskul2so.1

キャンペーンを成功させるためのコツ3選

最後にキャンペーンを成功させるためのコツを3つお伝えします。

・画像で目を引く
・キャンペーン中・キャンペーン後の通常投稿に力を入れる
・目的をはっきりさせる

先ほどの事例を見てもそうでしたが、画像でどんなキャンペーンなのか一目でわかることが理想です。

画像はなくても構わないのですが、できるだけわかりやすく、目を引く画像をつけると良いでしょう。

また、キャンペーンのためだけにフォローしてくれる人も多いので、その様なフォロワーを定着させるため、キャンペーンに無関係な通常投稿にも力を入れましょう。

ここでユーザーの期待に応えないでいると、フォローを解除されてしまい、宣伝効果が下がってしまいます。

そして何より、キャンペーンを何のために行うのか、目的を明確にしておくことが重要です。

フォロワーを増やしたいのか、商品を知ってもらいたいのか、何が目的なのかによって、キャンペーンの方法や、プレゼント内容は変わってきます。

目的を明確に決め、そこはブレないようにキャンペーンの内容を決めていきましょう。

まとめ

Twitterでキャンペーンを行うメリット、おすすめのキャンペーン方法、成功事例や、成功させるためのコツをお伝えしました。

Twitterのキャンペーンはうまく活用することで、予算が無くても大きな効果を得られる可能性のあるプロモーション方法です。

ぜひこの記事を参考に、Twitterキャンペーンを活用してみてください。

また、キャンペーンの企画を含め、Twitterでの企業アカウント運用にお困りの方は、ぜひNextStageまでご相談ください。

弊社はこれまで数多くの企業のSNS運用をサポートしてきた実績があり、高い専門性を生かした最適なソリューションを提供いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

Twitterのキャンペーンはメリットがいっぱい!成功事例やコツをご紹介