B!

Twitter広告の入稿方法はどれを選ぶ?セルフサーブ広告の設定方法を解説

Twitter広告の入稿方法はどれを選ぶ?セルフサーブ広告の設定方法を解説
Twitterで広告を出す際にはいくつかの出稿方法があります。

その中でも、「セルフサーブ広告」は、広告主が自ら広告の設定や運用を行う方法で、正式には「セルフサービス式のTwitter広告」という名称を持ちます。

この記事では、セルフサーブ広告とはどの様なもので、どの様に使うのかを詳しく解説していきます。

Twitterのセルフサーブ広告とは?

Twitterのセルフサーブ広告とは、広告主が自らTwitter広告を出稿する方法のことです。

キャンペーンの予算や期間、クリエイティブやターゲットを全て自ら細かく設定することができ、運用自体も簡単にできるシステムになっているため、小予算でTwitter広告を運用したい個人事業主や中小企業、広告運用の設定を自分で細かく設定したい方などにおすすめの出稿方法です。

広告費用の決済方法はクレジットカードによって行い、VISA、JCB、MasterCard、AMEXなど、主要なクレジットカードを使うことができます。

かつては、Yahoo!プロモーション広告を利用してTwitter広告を出稿する方法もありましたが、こちらは2019年7月にサービスが終了しており、現在はセルフサーブという出稿方法のみになっています。

セルフサーブ広告でできることとメリット

セルフサーブ広告とは、Twitter広告を自分で出稿する方法とお伝えしましたが、具体的にどの様なことができるのかを見ていきましょう。

Twitter広告を出すと、以下の恩恵を受けることができます。

・フォロワーを増やせる
・アプリインストールなど、エンゲージメントを獲得できる
・動画の再生数を増やせる
・多くのアカウントの目にとまるようにできる
・自社HPへ誘導できる

さらに、他の広告と比べたときの、Twitter広告の主なメリットは以下の通りです。

・国内で4500万人以上のユーザーが利用するSNSで集客やプロモーションができる
・リツイートなどの拡散による広告費はかからない
・リスティング広告ではリーチできないユーザーにリーチできる

リツイートなどの拡散による広告費がかからないのは、twitterならではのメリットといえるでしょう。

特に多くのユーザーにリツイートされる、いわゆる「バズった」ときの恩恵は非常に大きなものになります。

セルフサーブ広告の設定方法

セルフサーブ広告のアカウントをつくる方法と、キャンペーンの設定方法についてお伝えします。

セルフサーブ広告のアカウント設定方法

セルフサーブ広告のアカウント作成は、簡単に行うことができます。

(1)公告に利用するTwitterアカウントの丸いアイコンをタップして、「Twitter広告」を選択するか、(https://business.twitter.com/ja/a/get-started.html)こちらにアクセスして、「Twitter広告を設定する」を選択する

(2)流れに沿ってすすめ、クレジットカードを登録する

上記の流れで、アカウントを作成することができます。

キャンペーンの設定方法

ここからいよいよキャンペーンの設定に入ります。

キャンペーンの設定で入力する項目は、以下の通りです。

・7種類の中から、目的を選択
・予算額の設定
・期間の設定
・流すツイートの選択
・ターゲットの選択

上記を入力すれば、広告を出すことができます。それぞれについてお伝えしていきます。

7種類の中から目的を選択

アカウントにログインすると、7種類の目的が並んで表示されます。

・アプリインストール数…アプリをインストールしてもらうことが目的
・フォロワー…フォロワーを増やすことが目的
・ツイートのエンゲージメント…いいねやリツイート、リプライなど、ツイートへの反応を増やすことが目的
・プロモビデオ再生数…動画の再生数を増やすことが目的。タイムラインで動画が自動再生される
・ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン…HPへのリンククリック数を増やすことが目的
・アプリの起動回数…自社アプリをダウンロードしてくれているユーザーへ、再度起動してもらうことが目的
・ブランド認知度の向上…多くのユーザーにツイートを見てもらい、ブランドの存在を知ってもらう機会を増やすことが目的

広告を出す目的について、わかりやすく7種類に分かれていますので、目的に合うものを選択しましょう。

予算額の設定

次に、予算額を設定します。日別予算と、総予算を入力する箇所がありますが、総予算を入力し、期間に応じて日数で割り、日別予算を算出するといいでしょう。

期間の設定

キャンペーンを行う期間の設定を行います。時間を決めてプロモーションをしたい場合は、その設定も可能です。

ツイートの選択

広告で流すツイートを作成します。新しく新規で作成するだけでなく、以下の方法を選ぶこともできます。

・過去のツイートから選択
・予約投稿中のツイートから選択
・過去の広告ツイートから選択

ツイートの選択後、「プロモツイートが表示される場所」について聞かれますが、「Twitterオーディエンスプラットフォームでリーチを広げる」という項目があります。

こちらにチェックを付けると、Twitter以外の広告枠でも表示されることになり、表示が多くなりすぎる場合があります。初めは、チェックを外しておくとよいでしょう。

ターゲットの選択

ターゲットの選択をします。以下の条件で、操作することが可能です。

・年齢性別
・エリア
・言語
・キーワード
・Twitterカウント
・興味関心
・デバイスやOS

Twitterならではのターゲティングとして重要になるのが、「キーワード」と「Twitterカウント」の2つです。

「キーワード」は特定のキーワードを入力することができ、入力したキーワードを含むツイートをしている人や、そのワードで検索したことがある人を対象に設定できる機能です。

Twitterのこれまでの利用履歴から、そのキーワードに対する関心が強いと思われるユーザーをターゲティングできるというわけですね。

キーワードを入力すると、どれだけの対象ユーザーがいるかも確認可能です。

「Twitterカウント」では、特定のアカウントを入力すると、そのアカウントをフォローしている人や、似ているアカウントが対象に設定されます。

こちらは既にターゲットのモデルとなるアカウントを洗い出せている場合には、類似するアカウントに対して出稿できるため、広告の精度を高めることができる機能です。

その他、年齢性別やエリア、興味関心等は、どの広告でも共通する要素ですので、プロモーションしたいサービスや商品に合わせて選択すると良いでしょう。

まとめ

Twitter広告のメリットや、Twitterセルフサーブ広告の設定方法について解説しました。

アカウント作成からキャンペーンの開始まで、シンプルな操作ですぐに始めることが可能です。

twitter広告を出稿したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

また、NextStageではSNS広告の運用に関する高い専門性と実績を有しています。

Twitterでの広告運用い行き詰まりを感じている方や、出稿したいけれどノウハウが無くてお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

Twitter広告の入稿方法はどれを選ぶ?セルフサーブ広告の設定方法を解説