B!

Twitterでブロックされているか否かを確認する最も簡単な方法

Twitterでブロックされているか否かを確認する最も簡単な方法
Twitterにはそれぞれ違う考え方を持った人が老弱男女問わず登録しており、中には相性が合わずにブロックされてしまうというケースも起こります。

自分がどれくらいのユーザーから、そして誰からブロックされているのかの確認方法を紹介し、解説していきます。

ブロックされた場合の表示は非常にシンプル

あなたをブロックしたユーザーが存在する場合、そのユーザーのプロフィールページにアクセスしようとすると、「〇〇さんはあなたをブロックしました」と表示されます。

非常にシンプルで分かりやすく、全くオブラートに包むこともしない告知方法ですから、特定の人物にブロックされているか否かをチェックするのはとても簡単です。

ブロックされる可能性があるようなやり取りを行った場合には、そのアカウントのプロフィールを見に行き、そのように表示されるかどうかチェックしてみて下さい。

ブロックされていると、相手のツイートを見られなくなるほか、フォローの申請が不可能になったり、リストに追加できなくなったりします。

外部アプリを使ってブロックの状況を確認する

自分をブロックした相手さえ分かっていれば、上記のようにプロフィールページにアクセスすることでブロックされていることを確認できますが、「誰が自分をブロックしているかわからないけど確認したい」という場合には、外部アプリを使えばより簡単にブロックの状況を確認できます。

注目すべきアプリを2種類紹介するので、それぞれを使い分けながら活用し、ブロックの有無について確認していきましょう。

ブロックしたユーザーを特定する場合は「えごったー」を使う

外部アプリを利用して、誰がブロックしてきたのかを把握したいときには、えごったー(https://egotter.com/)にアクセスすると便利です。

このサイトにログインして、Twitterのアカウントと連動させておくと、それ以降にブロックしたユーザーが誰なのか分かるようになります。

注意しておかなければならないのは、えごったーが表示できるブロックしたユーザーは、このサイトと連携を取って以降にブロックしたユーザーに限られるという点です。

そのため、えごったーを利用してブロックの詳細を確認したいのであれば、少しでも早くえごったーと連携を取り、情報を共有することがおすすめになります。

また、連携後はえごったーのアカウントをフォローすることにより、誰かにブロックされた場合、DMで速報として情報が届けられるため便利です。

過去にブロックしてきたアカウント数を知るには「ぶろるっく」

これまでに何人のユーザーからブロックされているのかを知りたい場合には、ぶろるっく(https://blolook.osa-p.net/)にアクセスして調査しましょう。

このサイトにログインして、連携アプリを認証することによって、あなたをブロックしたアカウント数と、あなたがブロックしたアカウント数が表示されます。

ただし、ぶろるっくを利用して分かるのは、あくまでも過去に行われたブロックの実数だけであり、誰がブロックしているのかまでは知ることができません。

また、ぶろるっくを利用したことのないユーザーは、ブロックの総数から除外されるため、実際にはより多くの人物からブロックされている可能性もあります。

使用前には必ず安全なアプリかどうかを確認する

悪質なアプリから連係アプリ認証を行うと、アカウントが乗っ取られてしまい、意図しないツイートやDMを送信されてしまうリスクを伴います。

ここで紹介したアプリはいずれも安全で多くのユーザーを擁していますが、類似するアプリやサービスには注意しなければなりません。

特に「このアカウントでツイートを送信する」や「パスワードを確認する」といった項目の許可が必要なアプリには要注意です。

万一、乗っ取りの被害に遭ってしまったら、元凶と思われるアプリとの連携をTwitter上から解除して、パスワードを新しく変更することをおすすめします。

ブロックを避けるためにすべきこと

あまりにも頻繁にフォロワーや一般の人物からブロックを受けるならば、日頃のツイートの内容を見直し、そうなってしまう確率を引き下げる努力が求められます。

読んだ人を不快にさせるような攻撃的なツイートや、差別的な言動、度を越えた回数のツイートやリプライを避けるだけでも、ブロックされるまでには至らなくなるはずです。

また、企業の宣伝や広告としてTwitterを活用している場合、フォロワーが求めているのはそれに関連する情報だけであると考えましょう。

全く無関係なツイートを重ねていると、フォロワーのTLを汚すことになり、ツイートへの興味を失わせてしまい、最終的にはブロックという結果を招きます。

仮にブロックを免れたとしても、ミュート設定をされてしまうとツイートを読んでもらうことができなくなってしまうので、訴求力を大幅に失うことを知っておきましょう。

まとめ

Twitterのフォロワーを検索したり、外部アプリを使用したりすることによって、誰がいつブロックを行ったのか把握することができます。

過度なブロックを受けないようにTwitter上での言動を見つめ直すことも、訴求力を高めるためには必要です。

Twitterでブロックされているか否かを確認する最も簡単な方法