B!

SNSと人事におけるエンゲージメントの意味とは?SNS運用での活用方法も解説

SNSと人事におけるエンゲージメントの意味とは?SNS運用での活用方法も解説
SNS運用を行う上では、「エンゲージメント」という言葉を耳にする機会も多いでしょう。

エンゲージメントとは、複数の意味をもつ言葉なのですが、正しく理解されているでしょうか。

エンゲージメントは、SNS運用では必ず確認すべきものです。

なぜエンゲージメントが重要なのかについても、お伝えしていきます。

この記事では、主にSNSで使われるエンゲージメントという言葉の意味と、SNS運用で活用するメリットなどをご紹介します。

SNSにおけるエンゲージメントとは?

エンゲージメントという言葉は「約束」「契約」「婚約」「没頭していること」といった意味を持ち、使われる場面やシチュエーションによって、異なる意味を持ちます。

それでは、SNSマーケティングの領域においては、エンゲージメントという言葉はどの様な意味合いで用いられるのでしょうか。

マーケティングにおいて、エンゲージメントとはユーザーとの絆やつながりを意味します。

SNSにおいては、エンゲージメントを測るために、投稿に対するクリック、リプライ(返信)、シェア、いいね、コメントなどの何かしらのアクションの数を用いることが一般的です。

当然SNSによってエンゲージメントを測るアクションの種類は異なりますので、詳細は後述します。

一口にエンゲージメントといっても、ポジティブなものもあれば、ネガティブな感情によるエンゲージメントも存在します。

例えばユーザーにとって有益な投稿が好意的に受け入れられ、多くのコメントやシェアが行われた場合と、世間の反感を買うような投稿が炎上した場合とでは、同じくらいのエンゲージメントが集まったとしても、その影響は全く異なるものになるでしょう。

炎上マーケティングが功を奏すケースもありますが、基本的にはユーザーとの良好なエンゲージメントを築くことがSNSマーケティングを成功させる鍵となります。

「エンゲージメント率」について

SNS運用において確認すべきは、エンゲージメント率です。

エンゲージメント率とは、ユーザーがアクションした数(エンゲージメント数)を、ユーザーが見た数(インプレッション数)で割ったものです。

例えばアカウントのフォロワー数が多ければエンゲージメント数は当然集まりやすくなりますが、エンゲージメント率で見た場合にパフォーマンスが良くなければ、その投稿はそれほどユーザーの関心を引くものではなかったということになります。

エンゲージメント率の高低によって投稿の質を判断し、その後のSNS運用の参考にすることが重要です。

SNSによって、エンゲージメントが指すものは異なる

各SNSにより、エンゲージメントが示すものは異なります。

Facebook、ツイッター、インスタグラムについて、エンゲージメントが示す内訳をお伝えします。

Facebookにおけるエンゲージメントの内訳

Facebookにおいて、エンゲージメントとは以下のことを指します。

・いいね
・コメント
・シェア
・リンクのクリック

同じ人がそれらを複数実行しても、一つのアクションとしてカウントされます。

ツイッターにおけるエンゲージメントの内訳

ツイッターにおいて、エンゲージメント数は以下のことを指します。

・クリック
・リツイート
・返信(リプライ)
・フォロー
・いいね

ツイッターの場合は、アクションを起こした人数ではなく、アクションの総数をカウントします。

インスタグラムにおけるエンゲージメントの内訳

インスタグラムにおいて、エンゲージメントとは以下のことを指します。

・いいね
・コメント
・投稿の保存

インスタグラムの場合、エンゲージメントの数は確認できますが、エンゲージメント率は計算してくれないため、手動での計算が必要です。

まとめ

エンゲージメントとは約束、没頭など、様々な言葉の意味を持ちます。

さらに、場面によっても使われる意味は様々です。

人事の分野では、従業員エンゲージメントとは会社への愛着を表し、SNSにおけるエンゲージメントとは、ユーザーとの繋がりを意味します。

SNS運用では、エンゲージメント数は重要です。

SNSによって、エンゲージメントが何を指しているか内訳が異なりますので、注意してください。

もし、SNSの運用に不安があれば、Next Stageにご相談ください。

Next StageはSNS運用における高い専門性があるため、あなたのお役に立てるご提案ができます。

まずは一度、あなたの現状と目的をお聞かせいただけると幸いです。

SNSと人事におけるエンゲージメントの意味とは?SNS運用での活用方法も解説