B!

【2019年最新情報】インスタでバレないようにブロックできる?「制限」機能を導入

【2019年最新情報】インスタでバレないようにブロックできる?「制限」機能を導入
2019年10月にインスタグラムが、ネット上のいじめ行為からユーザーを守る「制限」機能の導入を発表しました。

インスタグラムの発表によると、若い世代を中心に「SNS上でのいじめ」が発生していることへの対策として、今回の導入が行われたとのことです。

今までにもブロックや通報という機能がありましたが、「ブロックをして、相手に明らかな敵意を向けたくない」というユーザーも多く、今回の機能が追加されたようです。

この記事では、以下のことについてお伝えしていきます。

・新しく導入された制限機能とはどんなものなのか
・従来から存在するブロック・通報機能との違い
・ビジネス面から考える制限機能について

SNSにおける人間関係のトラブルは複雑です。

ビジネス利用の場合も、トラブルに巻き込まれないとは言い切れません。この新しい機能について、ぜひ確認しておきましょう。

インスタの制限機能とは?

インスタグラムで「制限」をした場合、以下のようになります。

・コメントは、制限をかけた本人にのみ通常通り表示される(その際、制限した側にはどのユーザーからかは分かったうえで「規制されたコメント」と表示され、他のユーザーにはどのユーザーからかは分からず「返信1件」と、返信があるということのみが表示される)
・「規制されたコメント」の下にある「コメントを見る」をタップすると、コメントを見ることができる
・コメントを見た後承認して、公開することも可能
・コメントを削除することも可能(ただし、投稿を規制した相手に見られると、削除したことがバレてしまうので注意)
・コメントをされても、通知はこない
・ダイレクトメッセージ(DM)は、自動的にメッセージリクエストに移動され、通知はこない(見ても、相手に既読がつかない)
・オンラインであることが、相手に表示されない

制限したアカウントからのコメントやDMは「来たということだけ」がわかり、見るかどうかは選択が可能。

された側は通常通り表示され、制限した側や第三者からは一部分表示されなくなるというのが、制限の特徴です。

上記でも「ブロックや通報との違い」はある程度伝わったかと思いますが、もう少し詳しくお伝えしていきます。

ブロックや、通報機能との違い

従来通りあったブロックや通知機能とは何が違うのでしょうか。

まずは、それぞれの機能内容を確認しましょう。

ブロックと制限の違い

ブロックされると以下のことが起こります。

・DMが届かなくなる
・投稿やストーリーは閲覧不可
・名前検索で、結果に表示されない
・お互いにフォロー不可。フォローしていた場合は解除される

ブロックされた場合、上記の通り様々なことが強制的に行えなくなります。

ブロックする側としては、相手のアカウントを一切目にしなくなるので、不快な思いをしなくなるでしょう。

ただし、ブロックしているとバレてしまう可能性も高いです。

一方で制限された場合は、投稿やストーリーも通常通り見ることができますし、制限されているとはバレにくいです。

ただし、「コメントを見る」をタップするとコメントを見ることが可能であるなど、制限したアカウントも視界に入ってきてしまいます。

制限は「SNS上でのいじめ対策」に作られた機能です。

相手にもバレにくいので、距離が近い相手にはブロックではなく制限がおすすめです。

バレたくないということが優先なら制限、どうしてもそのアカウントを目にしたくないならブロックというように、使い分けてみてはいかがでしょうか。

通報は、運営に報告する機能

通報の機能についてまとめると、以下の通りです。

・不適切なストーリーズ、投稿、コメントやダイレクトメッセージをインスタグラムの運営に伝えることができる
・誰が行ったか伝わることはない
・インスタグラムの運営が措置をとるべきと判断した場合、直接運営から連絡がいく場合がある

通報は、名誉棄損と言える悪質な行為をされた場合など、インスタグラムの運営に報告する行為です。

誰が通報したかバレることはありませんが、すぐに運営が動いてくれるとも限りません。

すぐに相手と距離をとりたい場合は、制限かブロックを検討しましょう。

インスタの「制限」の使用方法とは?

続いて、インスタの制限を行う具体的な方法をお伝えしていきます。

方法は2つあり、プロフィールから行う方法と、設定から制限リストを作成する方法があります。

以下の方法で制限が行えない場合は、最新バージョンに更新されているか確認してみてください。

プロフィールから行う方法

(1)制限を行いたいアカウントのプロフィール画面を開く
(2)右上の「…」をタップ
(3)「制限する」をタップ

制限リストを作成する方法

(1)自分のプロフィール画面から「設定」を開く
(2)「プライバシー設定」をタップ
(3)「制限中のアカウント」をタップ
(4)説明を確認の上、「次へ」をタップし、制限したいアカウントを検索窓から選択
(5)「制限する」をタップ

上記の通り、2つの方法で簡単に制限を行うことができます。

ビジネス利用の場合、インスタの制限はどう使う?

ビジネスでインスタを運用している場合、ブロックすると、「ブロックされた」と騒がれてしまう可能性があります。

明らかに相手が悪く、客観的にブロックが正当であれば問題ないでしょう。

しかし、「都合の悪いことを言われたから」「好きではないから」など、曖昧な理由でブロックした結果炎上してしまうと、あなたのビジネスに影響を及ぼす恐れがあります。

明らかに正当な理由があるとき以外は、ブロックではなく制限を使う方がよいでしょう。

あまり関わりたくなかったり、そのアカウントのコメントを第三者に見られたくなかったりする場合は、制限の方がバレづらく、敵を作りにくい方法と言えます。

制限って本当にバレないの?

制限をかけていることがバレてしまうのではないかと不安な方もいらっしゃるでしょうが、機能的にも、2019年10月に導入されたばかりという点でも、ほとんどの場合バレないでしょう。

しかし、100%バレないとは言い切れません。

他の人に自分のコメントが反映されているか見てもらったり、自分の投稿だけ反応がないのを見て気づいてしまったりする可能性もあります。

バレる可能性は低いと考えられますが、上記を踏まえた上で、制限を行うかどうか検討してみてください。

まとめ

2019年10月に新たに導入された「制限」機能についてまとめました。

SNS上でのいじめ対策に作られたこの機能ですが、「ブロックをすることで相手にバレてしまい、関係が悪くなるのではないか?」という不安に対応してくれています。

コメントやダイレクトメッセージ(DM)がきたということはわかりますし、その都度「コメントを見る」を選択して見ることができます。

少し距離を置きたい場合は、一度制限してみるのも手でしょう。

【2019年最新情報】インスタでバレないようにブロックできる?「制限」機能を導入