B!

何が今までと違うの?若者マーケティングの重要性と違いを解説

何が今までと違うの?若者マーケティングの重要性と違いを解説
あなたは若者世代の行動を、どれほど理解していますか?

若者世代の行動や価値観は、インターネットやスマホの普及で大きく変わりました。

今や、若者世代の行動や価値観について行けない人も多いのではないでしょうか。

しかし、若者世代に対してマーケティングをすることは非常に重要です。

若者だからと敬遠していると、将来あなたが損をするかもしれません。

この記事では、若者世代に対するマーケティングをすることの重要性をお伝えしていきます。

若者世代特有の視点を持つ「認知」と「欲求」に関してもお伝えするので、若者マーケティングの参考になれば幸いです。

この答えを分かっていないと、将来あなたは損をすることになるかもしれません。

将来の損を避けるためには、若者世代を対象にしたマーケティングを行う必要があります。

若者世代に対してマーケティングをすることの重要性

今の若者は世代は、購買をする方法も、情報を入手する方法も異なります。

そのため、若者世代を、理解できずに苦労している人も多いでしょう。

しかし、若者世代の行動を理解することは、非常に重要です。

この章では、若者世代に対してマーケティングをすることの重要性をお伝えするので、今後のためにも若者世代を理解する努力をしていきましょう。

効果的な宣伝を行うため

若者世代がターゲットならば、効果的に若者世代に宣伝するためにも、若者世代に対して対してマーケティングをする必要があります。

情報の入手から製品の購入までの方法が、今までの世代とは大きく異なっているためです。

たとえば、現在の40代・50代の多くは、インターネット広告で情報を入手します。

それに対して、10代から20代前半の若者世代の多くは、インターネット広告で情報を集めるのではなく、検索エンジンやキュレーションサイトによって情報を集めているのです。

世代によって、効果的な宣伝方法が異なっています。

ターゲットとする年齢ではなく世代によって認知や購買などの行動が変わるので、常にマーケティングを行ってターゲットの世代に効果的な世代にリーチする宣伝方法を検討しなければいけません。

若者世代は未来の顧客

現在10代・20代の世代も、10年後や20年後にはあなたの顧客になるかもしれません。

しかし、情報の入手方法や購買方法は、現在の40代や50代のようになるとは考えにくいです。

たとえば、会社の上役になるような年齢層に関して。

現在ではインターネット広告が有効ですが、一昔前まではインターネット広告では宣伝効果に期待できませんでした。

これは、インターネットを利用していた一昔前の若者世代が、現在の上役になるような年齢に達しているためです。

一昔前までは40代・50代に宣伝するなら、店頭やチラシが有効でしたが、現在はインターネット広告が有効になっています。

このように、若者世代は、未来の顧客になります。

若者世代に対するマーケティングを怠って昔ながらのやり方にこだわっていると、若者世代が歳を取ってあなたの顧客になる年齢になったとき、顧客にリーチできなくなる恐れがあるのです。

若者世代の認知と欲求が昔と変わった

若者世代の購買意思の決定プロセスは、昔と変わりありません。

「注目」「興味」「欲求」「記憶」「行動」の順番のままです。

しかし、「注目」「欲求」の内容に関しては、一昔前から大きく変わったといえるでしょう。

先ほどもお伝えしたように、若者世代は40代・50代世代と異なり、検索エンジンやキュレーションサイトによって製品を認知します。

インターネット上での情報収集が主で、チラシや店頭での効果は期待できません。

また、若者世代は、情報の信頼度に重きを置く傾向にあります。

誰が情報を発信しているのかが重要だと考えているためです。

そのため、30代世代以降のとは異なり、誰が書いたか分からないようなショッピングサイトやキュレーションサイトで購買を決めようとはせずに、信頼できるSNSの個人ユーザーの発信で購買を決める傾向があります。

若者世代は、若者世代特有の視点を持って、製品に注目したり、購買の欲求を高めたりしています。

従来の方法では通用しにくいので、若者世代に届くような発信方法が必要です。

若者世代が使っているSNSの傾向

現在の若者世代が製品を購入するかは、SNSの個人ユーザーの発言が大きく影響しています。

では、若者世代はどのようなSNSを使っているのでしょうか。

若者世代が使っているSNSは、主に以下のアプリです。

・ツイッター
・インスタグラム
・LINE
・Tik Tok
・SHOWROOM
・17Live

リアルの友人とつながるためにLINEを使いますが、その他のSNSは匿名制であることがわかります。

また、写真や動画投稿をするためのSNSが人気の傾向にあることから、文章がメインのSNSは若者世代の心をつかみにくいのかもしれません。

実名制で文章がメインのSNSは好まれにくい傾向にあるため、FacebookのようなSNSは若者世代にとって不人気です。

社会人が使うSNSと認識している人が多く、業務連絡の場として捉えている若者は少なくありません。

若者世代に宣伝や発信をするのであれば、匿名で交流できるSNSで、文章だけではなく画像や動画などを駆使する必要があります。

それぞれのSNSの特徴を理解して、あなたに適したSNSを運用していきましょう。

まとめ

若者世代はいずれ社会人になり、あなたの顧客になるかもしれません。

しかし、昔ながらの宣伝や情報発信をしていては、社会人になった今の若者世代には情報が届かないでしょう。

若者世代の行動を理解して、若者世代に届くような効果的な発信方法を身につけるためにも、若者マーケティングは非常に重要です。

「これだから今の若者は」と若者文化から遠ざかろうとせずに、若者文化に触れてみてはいかがでしょうか。

何が今までと違うの?若者マーケティングの重要性と違いを解説