B!

インスタ動画広告は重要?効果的に使うための3つのコツを紹介

インスタ動画広告は重要?効果的に使うための3つのコツを紹介山路を登りながら
動画広告は、目覚しい速度で市場を拡大しています。

この流れは日本だけではなく、世界的なもので、今後もさらに市場規模が加速されると予想されているのです。

動画広告の市場規模がこれほどの速度で拡大している理由は、動画広告のエンゲージメントの高さによるものです。

そのため、多くの企業が動画広告を配信しようとしています。

そこで今回は、インスタグラムにおける動画広告を効果的に使うための3つのコツをご紹介します。

この記事で紹介するコツを基に、あなたも今話題の動画広告を配信してみてはいかがでしょうか。

今後ますます重要になる動画広告

日本における動画広告の市場規模は、2018年に1,843億円を到達しました。

前年比から+134%も市場が拡大していることから、多くの広告主が動画広告に関心を抱いていることが分かります。

この動画広告の市場規模が拡大される流れは、さらに加速することが予測されており、2020年は2,900億円、2024年には4,957億円に達する見込みです。

スマホのようなモバイル機器によるデータ通信のうち、75%が動画になるとFacebookが見込んでいることからも、今後動画広告が重要になっていくことが分かるでしょう。

この流れを見込んで、インスタグラムでは、動画広告を配信できるサービスを2015年から提供しています。

実際に2017年におけるインスタグラムの動画視聴時間は、前年比の+80%になり、インスタグラムでも動画広告の重要性を認識できます。

世界規模で市場規模が拡大されている動画広告は、インスタグラムでも同じように盛んになっていく宣伝方法であると考えられるでしょう。

インスタ動画広告を効果的に使うための3つのコツ

インスタグラムの動画広告を配信する際、以下のコツを抑えることで、動画広告の効果をより発揮できます。

・動画の長さは15秒以内
・音声がなくても楽しめる動画
・表示させる場所によってサイズを変える

上記のコツはどういった内容なのかを紹介していくので、インスタグラムの動画広告を利用する際の参考になれば幸いです。

動画の長さは15秒以内

動画広告の長さは15秒以内にしましょう。

長すぎると、ユーザーが再生の途中で離脱してしまうため、伝えたかったことが伝わらない可能性があるためです。

実際にインスタグラムのユーザーは、動画を目に留める時間は数秒程度だといわれています。

この数秒を最大限に生かす必要があるのです。

そのため、動画広告は長くても15秒が限界です。

長すぎず、インパクトがある動画を用意しましょう。

音声がなくても楽しめる動画

インスタグラムのユーザーは、音声がなくても楽しめる動画を好みます。

自宅だけではなく、学校・勤務先・飲食店などの外出先でもインスタグラムを閲覧するためです。

音声がなくても楽しめる動画にするには、字幕を入れるような工夫をしましょう。

ちょっとした工夫ですが、字幕がある動画は音声を聞いているユーザーの印象にも残りやすい傾向があります。

表示させる場所によってサイズを変える

インスタグラムの動画広告は、表示させる場所によって効果があるといわれているサイズがあります。

たとえば、ニュースフィードに表示させる場合は、正方形が好ましいです。

また、ストーリーズに表示させる場合は、フルスクリーンが望ましいと考えられています。

動画のサイズを変えるだけでエンゲージメントが変わってくるので、まずは上記のサイズでお試しください。

インスタ動画広告の要件

インスタグラムの動画広告には、要件があります。

この要件を満たさないと、動画の画質やサイズに不具合が起きかねません。

インスタグラムの動画広告の要件は、ニュースフィードとストーリーズによって異なるため、以下で紹介するそれぞれの要件を守るようにしましょう。

<ニュースフィードにおける動画広告の要件>

推奨動画形式

.mp4/.mov/.gif
動画フォーマット
横長/正方形/縦長
動画のアスペクト比
・横長動画⇒1.91:1
・正方形動画⇒1:1
・縦長動画⇒4:5
動画最小解像度
・横長動画⇒600×315ピクセル
・正方形動画⇒600×600ピクセル
・縦長動画⇒600×750ピクセル
動画サイズ
最大4GB
動画の長さ
最大60秒
動画内のテキスト配分
動画の20%以下

<ストーリーズにおける動画広告の要件>

推奨動画形式

.mp4/.mov/.gif

動画フォーマット
横長/フルスクリーンの横長
正方形
縦長/フルスクリーンの縦長
動画のアスペクト比
・横長動画⇒1.91:1
・フルスクリーンの横長⇒16:9
・正方形動画⇒1:1
・縦長動画⇒4:5
・フルスクリーンの縦長⇒9:16
動画最小解像度
・横長動画⇒600×315ピクセル
・フルスクリーンの横長⇒1067×600
・正方形動画⇒600×600ピクセル
・縦長動画⇒600×750ピクセル
・フルスクリーンの縦長⇒600×1067
動画サイズ
最大4GB
動画の長さ
最大60秒
動画内のテキスト配分
動画の20%以下

動画内のテキスト配分を確認する方法

動画内のテキスト配分を確認するには、「テキストオーバーレイツール」を使うことをおすすめします。
テキストオーバーレイツール:https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

しかし、背景の色を変えただけでも数値が変わることもあるため、あくまで目安程度にお使いください。

ちなみに、動画内のテキスト配分が20%を超えると、配信頻度を減らされることがあります。

かならず要件を守るようにしましょう。

まとめ

動画広告は、今後ますます重要になっていく宣伝方法です。

インスタグラムも例外ではないため、今回お伝えしたコツを踏まえて、動画広告を作成・配信してみてはいかがでしょうか。

もし、インスタグラム広告でお困りのことがあれば、Next Stageにご相談ください。

SNS広告に関する高い専門性を生かして、あなたのお役に立てるご提案をさせていただきます。

まずは一度、あなたの現状をお聞かせください。

インスタ動画広告は重要?効果的に使うための3つのコツを紹介