B!

Facebookを使った求人広告の利点は?掲載方法も詳しく解説します

Facebookを使った求人広告の利点は?掲載方法も詳しく解説します
求人広告の掲載を従来式の求人情報誌や情報サイトだけに留める企業は減少しており、様々な媒体から優秀な人材を集めようとする試みは加速しています。

その中でもFacebookは予算を抑えながら求職者にアプローチできる方法として、多くの企業から注目を集めています。

この記事ではFacebookで求人広告を出す方法やメリットについて詳しく解説していきます。

Facebook上で求人広告を掲載する手順

一般向けのFacebookページには表示されませんが、企業Facebookのトップ画面には、左側のタブをじっくり見ていくと「求人」という項目があることが分かります。

この項目を開くと、緑色のバナーで「求人を作成」というタブが見つかるので、これをクリックすれば作成画面へと進むことが可能です。

また、個人向けのトップページを開いた場合も、左側のタブの下部に書かれている「もっと見る」を押すと求人のリンクが出現します。

この項目をクリックすると、求人広告を掲載するための申し込みページに進めるので、画面中央の「Create a job」というタブをクリックしましょう。

求人に必要な項目を入力する

求人の作成を開始すると、具体的にどんな職種なのか、勤務地の住所がどこにあるのか、雇用形態はどうなるのかなど、仕事の詳細を入力できます。

できる限り詳しく正確な情報を記入することを心がけて、「詳細」の欄には細かい仕事内容や求める人物像などを掲載し、仕事を探している方に向けて訴えかけましょう。

詳細欄には自由にメッセージを投稿でき、その最大文字数は5,000文字までとなっていますが、なるべく簡略化した内容に抑えることで読了率が上がります。

また、給与の設定は任意となっていますが、本気で応募者を募りたいのであれば、言うまでもなく正確な条件を記載することは絶対的に必要です。

なお、給料は時給や日給、年収などといった項目を選んでから入力できるので、様々な雇用形態に対応することができます。

さらに、仕事を想起させる画像をアップロードできるので、会社の外観や職場の内観、働いている人物の写真などを掲載して印象を上げることもおすすめです。

作成した求人広告を宣伝する手順

広告の作成が完了したら、画面右下に書かれている「投稿を宣伝」をクリックすることで、Facebook上での宣伝を始められます。

ここでは、応募者のターゲットを狭めることができるので、会社所在地から近いエリアに限定することで、仕事に興味を持ちやすいユーザーに向けた広告展開が可能です。

Facebookには多くの登録者が現住所のエリアを入力していますから、Facebookが持つデータをフルに活用した求人を実施できることがメリットと言えます。

その下には広告掲載のための予算を入力する項目と、広告を掲載している期間を設定できますが、掲載期間は最大30日間に定められているため注意しましょう。

Facebookに広告を掲載するメリット

Facebookを広告掲載メディアとして活用するメリットは、第一に低予算での広告展開が可能になるという点を挙げられます。

広告として登録して掲載するというだけであれば、なんと無料で運用できるため、求人になるべく資金を投じたくないという場合には特に高い価値を感じられるでしょう。

また、広告の作成や画像の掲載といった一連の手続きを、すべてインターネット上で完結させられるという点もメリットです。

公開範囲を狭められる一方、全世界に向けた求人も行えるので、グローバル化を促進させたい企業にとっても非常に有効な求人手段になります。

応募者から見たFacebookの求人広告

仕事を探している方は、「Facebook上の求人情報」という項目から仕事探しができる仕組みで、応募者としても条件を絞り込んで検索が可能です。

初期設定の場合、勤務地の候補として掲載される候補は、居住地の周辺100km以内であるため、現実的な通勤範囲内に住む人物からの応募が増えやすくなっています。

また、雇用形態や業種などを絞り込むことはできますが、給料は絞り込めない仕様になっているので、内容勝負という会社にも勝算があります。

応募が届いた後のやり取りについて

Facebookに掲載した広告に興味を持つ人物が現れた場合、求人への応募はFacebook上で行われるため、応募者とのやり取りもスムーズです。

最大のメリットは応募者がどんな人物なのか、Facebookのプロフィールを見ながら確認できるという点でしょう。

どのような経歴や趣味を持っているのか、どんな人物と繋がっているのかなど、応募者が公開している範囲内ですべてチェックすることが可能です。

会社とマッチする確率が高い人物に絞り込むことができるので、複数の応募者が見つかった場合にも比較しやすく、マッチする人材を選抜することが容易になります。

具体的なやり取りは、Messengerの機能やアプリを活用しながら続けられるので、外出先などからでも連絡が取りやすく、求人活動が業務の妨げにもなりません。

まとめ

Facebookには0円から求人広告を掲載することができ、全世界に散らばる登録者に向けて情報を開示し、応募を待つことが可能です。

応募者とのやり取りや管理はMessengerやFacebookを使って進められますから、直接的なやり取りを希望したいという方にも向いた求人方法になります。

Facebookを使った求人広告の利点は?掲載方法も詳しく解説します