B!

【2019年最新情報】Facebookがアンケート、プレイアブル、AR広告を実装開始

【2019年最新情報】Facebookがアンケート、プレイアブル、AR広告を実装開始
2019年9月、Facebookが新しい広告フォーマットを発表しました。

アンケート、プレイアブル、AR広告の3つのフォーマットです。

どれも、他のSNS広告、店頭、Webサイトやアプリなどで利用されている技術で、すでにあらゆる企業が実績を作っています。

今回は、3つのフォーマットがどのようなものなのか、他の企業がどんな実績を残しているのかなどをお伝えしていきます。

Facebookで集客を行っている企業の方は、ぜひご確認ください。

Facebook広告の新フォーマット3つ

今回新たに導入された、Facebook広告の新しいフォーマットは以下の3つです。

・アンケート広告
・プレイアブル広告
・AR広告

それぞれどのようなものなのか確認していきましょう。

アンケート広告

ユーザーに2択の問題に答えてもらう「アンケートスタンプ」を、Facebook広告でも利用できるようになりました。

インスタグラムで先に導入されており、それを追う形でFacebook広告にも導入されます。

アンケートスタンプの内容は様々なタイプが検討されますが、インスタグラムでは以下のような目的のアンケートをつくる企業が多いです。

・ユーザーとインタラクティブ(双方向)にコミュニケーションをとる
・企業の関連商品に興味をもってもらう
・ブランド認知を高める
・キャンペーン企画
・ユーザーのニーズリサーチ

インスタグラムではすでに成果を認められているアンケート広告。

Facebookでも利用できるシーンは多いでしょう。

プレイアブル広告

広告内でゲームをデモプレイしてもらうという、プレイアブル広告もFacebookで使えるようになりました。

「アプリのダウンロード」を目的として広告を出したい際に適しています。

プレイアブル広告の仕組みとしては、まずデモプレイを促す動画を流し、そちらからユーザーをデモプレイに誘導します。

デモプレイ終了後、アプリのダウンロードを促すコールトゥアクションボタンが表示され、アプリダウンロードのコンバージョンを目指します。

広告からすぐにデモプレイを行うことができるので、アプリダウンロードへの意欲を効果的に高めることが可能です。

Facebookでは、ニュースフィードにデモプレイを促す動画が表示されることになります。

視覚的に、ユーザーの興味を引くことができるのです。

AR広告

FacebookでAR広告も出せるようになりました。

ARとは、拡張現実と訳され、現実にデジタルを重ねる技術のことを指します。

『ポケモンGO』はAR技術を使ったアプリゲームですが、現実世界にスマホを通じてポケモンが現れます。

AR広告は様々な企業がすでに取り入れており、あらゆるビジネスで導入の余地があるでしょう。

ARを使ってビジネスを拡大させた事例を、いくつかご紹介します。

・化粧品会社で、その化粧品を使うとどのようになるかを体験してもらえる。
カメラに映ったユーザーの顔に、化粧がどのようにのるかWebサイトで確認してもらえる

・家具メーカーが、家の中に家具を設置してみることができるARを使ったアプリを開発。
採寸などせずに、家具のフィット感を確かめることができる

・時計ブランドが、店頭で黒いリストバンドを配り、カメラに腕をかざすだけで時計の試着ができるというプロモーションを行った

その場ですぐにビジネスに関連する商品を体験してもらえるという点で、SNSのAR広告は優れています。

ARでの体験はより現実的で、商品に興味をもたせることができます。

以上、3つの広告がFacebookでも利用できるようになりました。

すでに他の場所で利用できた技術ではありますが、Facebookでの集客が中心でビジネスをしている企業にとっては、新たな可能性になるはずです。

Facebook広告の新フォーマットには何が期待できる?本当に成果はあがるの?

Facebook広告の新フォーマット3つを先ほどご紹介しましたが、本当に成果はあがるのでしょうか。

過去の事例や、昨今のトレンドについてお伝えしていきます。

様々な企業が実績をつくっている

もちろんビジネスとの相性もあるかと思いますが、様々な企業がアンケート広告、プレイアブル広告、AR広告ですでに実績をつくっています。

アンケート広告では、アメリカのカフェチェーン店であるダンキンドーナツが、「あなたのお気に入りのアメリカンの定番はどっち?ドーナツorポテト」という広告で、アンケート機能有りと無しで、どちらでも広告を出す検証を行いました。

結果は、広告として支払う動画表示単価が、アンケート機能有りの方が20%抑えられました。

広告費用を少なく目標を達成できたのですから、アンケート機能は功を奏しています。

化粧品を販売しているWeMakeUpでは、化粧品を色々と試せるAR広告をだし、商品の購入額が27%上昇しました。

上記以外にもたくさんの企業が実績を公開しており、あなたのビジネスにも利用できる可能性が高いと言えます。

UI/UXが重要とされているWebマーケティングのトレンド

昨今のWebマーケティング界隈では、UIとUXが重要だとされています。

UIとUXが優れたコンテンツが、効果が高いと言われているのです。

UIとは、ユーザーインターフェイスの略で、「ユーザーと接触する、見られる部分」を指します。

UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略で、「ユーザーがサービスを通して得られる体験」を指します。

今回のFacebookが導入した新フォーマットでは、UI/UXが優れています。

今回導入された3つの広告フォーマットは、どれも視覚的に訴える(UIを優れたものにする)ことができます。

それに、どれもユーザーの興味を引く体験型なので、UX豊かな広告にすることができるのです。

今回の3つのフォーマットは、Webマーケティングのトレンドにも合っています。

あなたのビジネスと相性がよさそうであれば、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

2019年9月から導入された、Facebook広告の3つのフォーマット、アンケート、プレイアブル、AR広告についてお伝えしました。

どのフォーマットもすでに他の場所で利用されている技術で、多くの企業がそれぞれで実績をだしていることがわかっています。

Facebookを中心に集客を行っている企業の方は、検討してみてはいかがでしょうか。

もし、Facebookの運用に不安があれば、Next Stageにご相談ください。

Next Stageはインスタグラム運用における高い専門性があるため、あなたのお役に立てるご提案ができます。

まずは一度、あなたの現状と目的をお聞かせいただけると幸いです。

【2019年最新情報】Facebookがアンケート、プレイアブル、AR広告を実装開始