B!

動画サービスFacebook Watch その内容と実態に迫る

動画サービスFacebook Watch その内容と実態に迫る
Facebookが8月29日、日本を含む全世界でFacebook Watch(フェイスブックウォッチ)
のサービスを展開することを発表しました。
Facebook Watch トップページへ

Facebookユーザーの方は、もうFacebook Watchの機能を試されたでしょうか?

アメリカでは、一年前から始動された話題の動画配信サービスFacebook Watch。

私達に一体どんな影響もたらしてくれるのでしょう。

今回は、Facebook Watchのサービスの内容や仕組みについてご紹介していきます。

Fecebook watchの使い方_アートボード 1

Facebook Watchとはどんなサービス?

Facebook Watchは、いわばFacebookアプリ内の動画配信サービスで、簡単に言えば誰もが知っているYoutubeのようなものです。観て楽しむという点では一緒ですが、ただ観るだけではなく「視聴者が楽しめるような機能がある」のがFacebook Watchです。

これから詳しくご紹介していきましょう。

好みにあった魅力的な動画を発見_アートボード 1

好みに合った魅力的な動画を発見

Facebook Watchで観覧出来る動画は、エンターテイメント、スポーツ、ニュースなど、コンテンツを実に幅広くとりそろえています。

利用者がFacebook上で気になる動画をみつけたり、クリエイターの動画を視聴して楽しめたりするサービスを提供します。

また、利用者の好みに合わせて動画をセレクトし、提供してくれたりもします。

お気に入りのクリエイターやパブリッシャーをフォロー

動画を観て、お気に入りの動画やクリエイターをみつけたらフォローすることも可能です。

Watchフィードの一番上に、「ウォッチリスト」というものが表示されています。

ここに、自身がフォローしているFacebookページが表示されて、フォローページが投稿された動画を観覧できるようになっているのです。

また、ウォッチリストは、Watch内で新たなFacebookページのフォローを開始したりすることができる機能です。

逆に、観ない動画はフォローリストから削除もできるので、観たい動画だけを観ることのできる自分だけのオリジナル動画リストが完成します。

動画の保存

ニュースフィードで見つけた気になる動画を観たいけれど、状況によってはすぐに観られないこともあるかと思います。

そのような場合は、すぐに観られない場合でもWatchに保存しておけば、録画機能のように後から観ることができるのです。

視聴者が動画に参加できる機能_アートボード 1_アートボード 1

視聴者が動画に参加できる機能

Facebook Watchは、利用者の方々が中心となって動画コンテンツを盛り上げる場面を積極的に設けています。

動画ウォッチパーティー、プレミア公開、またトリビアクイズの新番組「Confetti」など、Watchフィードから新しい動画体験ができるようになります。

決定的瞬間を誰かと共有したい、その感動をその場で語り合えるような場所にするために、ただのネットの繋がりではなく、動画を通じて人々が集まって繋がり、会話が盛り上がる環境が形成されています。

Facebook Watchが世界中に展開

調査によると現在、日本国内ではFacebookユーザーが約2800万人存在するといわれています。

全世界のユーザーならば約20億人。 全ての方々が、Facebook Watchで映像を楽しめるようになりました。

いち早くFacebook Watchを始動したアメリカでは、毎月5,000万人以上の人々が、少なくとも1分間はFacebook Watchで動画を視聴しているという結果が出ました。

また、2018年初めと比べ、Facebook Watchでの動画の合計視聴時間は14倍まで増えています。 Watchの世界展開により、世界中の動画クリエイターやパブリッシャー(出版社)にも収益面で良い影響を与えています。

Facebookは、動画の収益化の事も考えられプログラムを拡大しており、クリエイタースタジオのページに、新たなインサイト、ツール、効率の良いプロセスを提供してくれます。 動画クリエイターの方にはうれしい機能ですね。

Facebook Watchの使い方

それでは、Facebook Watchの使い方について、簡単にご説明していきます。

iOS・AndroidのFacebookアプリからアクセスします。

ツールバー右端のメニューを開き、[Watch]アイコンをタップ。

すると、“ウォッチリスト”や“おすすめの人気動画”などが掲載されたページが表示されます。

「ウォッチリスト」では、フォローしているユーザーの新着動画をチェックすることが可能です。

「おすすめの人気動画」では、友達が“いいね!”した動画や、共有した動画などがビデオで一覧になっています。

「おすすめの人気動画」はスクロールすると、再生されるビデオが次々と切り替わるので、TVのチャンネルをザッピングする感覚で利用できます。

ビデオを再生してそのままにしておけば、終了と同時に次のビデオの再生が開始されるので、BGM代わりに使う手もあります。

さらに、前述したように動画での参加や、収益にも繋がる可能性もあります。

また、Facebook WatchはiOS・Android以外にも、

・Apple TV
・Samsung Smart TV
・Amazon Fire TV
・Android TV
・Xbox One
・Oculus TV
からも利用可能です。実に幅広く利用できます。

まとめ

以上、Facebook Watchのサービスや楽しみ方についてご紹介していきました。

現在、日本や世界では動画を主軸としたプラットフォームの話題が熱いです。

2018年から入った中国発の音楽動画アプリ「TikTok」(ティックトック) は、急速に存在感を強くし、Facebook傘下のInstagramブランドの「IGTV」も6月に始動されたばかりです。IGTVについて

そのような動画競争率が激しくなってきた市場で、8月に始まったばかりのFacebook Watchが利用者の方にどのように受け入れられるかが注目です。
動画サービスFacebook Watch その内容と実態に迫る