Instagramの新サービス「IGTV」の概要と使い方を解説!ビジネスでの活用は可能?

2010年のリリースから世界中で人気を集めているInstagram。 そんなInstagramから2018年6月に新たにIGTVというサービスがリリースされました。

IGTVは、動画に特化しているという点から、リリース当時はYouTubeに代わるSNSになるのではと 話題になっています。
そこで今回はそんなIGTVについて、使い方からビジネスの活用法まで詳しく解説していきます。 IGTVの概要ついて知りたい方、ビジネス活用を考えている方はぜひ参考にしてください。

Instagram発の新サービス「IGTV」とは

IGTVは、「Instagram」と「TV」が掛け合わせられた言葉から成ります。TVという単語が含まれている通り、動画に特化したSNSです。
Instagram press IGTVにようこそ

Instagramが正方形の投稿が中心になっていたのに対し、 IGTVは「縦長」の動画のみ投稿できる仕様。

Instagramにもストーリーズという動画のシェア機能がありますが、ストーリーズと比較して投稿できる動画の長さが長いのも特徴です。

一般ユーザーであれば15秒~10分程度、フォロワーの多い認証アカウントであれば60分ほどの長さの動画を投稿することができます。 また、24時間で投稿が自然消滅しないのもストーリーズとの違いです。

また、IGTVはInstagramのアカウントを所持していれば誰でも無料で投稿・視聴することができます。 ただし、IGTV自体に撮影機能はないため、あらかじめ撮影済みの動画を準備しておくことが必要です。

Instagramは基本的に携帯からのみ投稿可能でしたが、IGTVではPCからの投稿もできるようになっています。 動画特化のSNSと言えば有名なのはYouTubeですが、IGTVとYouTubeの違いは広告の有無。 IGTVでは、現時点では広告は流れない仕様です。

また、YouTubeでは動画を見るためにはアプリ起動後に視聴する動画を選択する必要があります。しかし、IGTVでは「フォローしているユーザーの動画が自動的に流れる」という点もYouTubeと異なる特徴です。
Instagram Business IGTVとは

IGTVの使い方

IGTVは専用アプリもリリースされていますが、Instagramのアプリと連携することで専用アプリをインストールしなくても利用ができるようになっています. また、Instagramアカウントを持っていれば新たにアカウント開設手続きを行う手間もありません。
IGTV専用アプリであれば、アプリを起動するだけですぐにフォローしているユーザーの投稿を見ることが可能。

Instagramアプリからであれば、画面上部のアイコンからIGTVを起動させることができます。
初回は画面右上の歯車マークからチャンネルの作成が必要になりますが、2回目以降は歯車マークがテレビマークに変化。アイコンをタップすることでIGTVが起動する仕様になっています。

動画の投稿方法はいたって簡単。Instagramアプリ経由であれば画面右上のプラスマーク、IGTV専用アプリであれば歯車マーク左の自分のアイコンを選択した後、 画面中央右側に表示されるプラスマークをクリックすることで投稿を行うことができます。

IGTVではInstagramのようにハッシュタグで投稿を検索することはできませんが、 ユーザー名や名前からお目当てのアカウントを探すことは可能。 また、専用アプリであればトップページにおすすめ・フォロー中・人気・履歴の4つのカテゴリから切り替えて動画視聴ができます。

IGTVはビジネス利用に向いている?

多くのブランドがInstagramをビジネス活用していることからも、 IGTVのビジネス活用の可否・運用方法についても気になるところですよね。 Instagram同様、IGTVもビジネスで大いに役立つ可能性のあるSNSとして注目を集めています。

IGTVは現時点ではYouTubeのような広告機能が搭載されていないため、単体で収益を上げることはできません。 しかし、IGTVでは投稿部分にURLの添付ができるようになっているため、オンラインショップ等と連携した活用が有効です。

また、Instagramと比較して長時間の動画投稿が可能になっている点から、 これまで以上にブランドのコンセプトや魅力は伝えやすくなっていると考えられるでしょう。 IGTVでアカウントをフォローするとInstagramアカウントも自動的にフォローされることから、2つのSNSツールを上手に連携しつつ運用を進めていくことが望まれます。

また、IGTVがPCからの投稿が可能な点を活かし、クリエイターのポートフォリオとしても大いに有効活用できるでしょう。

ただし、60分間の動画が投稿できるとはいえ、YouTubeのような短時間動画が主流となった現在では「長時間の動画をそのまま視聴し続ける可能性はかなり低い」ことが考えられます。

ビジネス活用をしていく上ではハイクオリティーな動画を投稿することがもちろん、視聴者を引き付けるための演出や、短時間でメッセージをコンパクトにまとめる等の工夫が必要となるでしょう。

まとめ

2018年6月に新たな動画に特化したSNSとしてリリースされたIGTV。 Instagramのアカウントを所持していれば新規アカウント開設の必要がないため、比較的始めやすいSNSです。

認証アカウントであれば60分以上の長さの動画投稿が可能な点や投稿文にURLの添付ができることかたら、 オンラインショップなどの外部Webサイトと連携したビジネス活用が見込まれています。 クリエイターの場合はポートフォリオとしても有効活用できることでしょう。

日々機能が追加され進化を遂げているInstagram同様、IGTVが今後どのように変化していくのか、今後の動きからも目が離せません。