B!

SNS運用がもたらすSEO効果とは?サイテーション・エンゲージメントについて解説

SNS運用がもたらすSEO効果とは?サイテーション・エンゲージメントについて解説
一昔前まではSEO対策において重要なのは「コンテンツ」と「被リンク」の2軸と言われていました。

現在でもこれらはSEO上最も重要な指標であることには間違いありませんが、近年ではGoogleで上位表示するために、SNSの運用が占める重要性が増してきています。

しかし、具体的にSNSの運用がなぜSEO対策に繋がるのかをしっかりとご存知ない方も多いかと思います。

そこでこの記事では、「SNSからの被リンク」「サイテーション」「エンゲージメント」という3つのポイントから、SNSのSEO効果について解説していきます。

SNSの被リンクはSEOに効果なし

よくある間違いなのですが、SNSにリンクを貼ったとしても、被リンクによるSEO効果は期待できません。

たしかにGoogleは、被リンクはSEOに影響すると公式で発表しています。

しかし、ほとんどのSNSからの被リンクは、nofollow属性になるため、SEO効果は期待できないのです。

たとえリンクを貼った投稿を量産したり、拡散されたりしても、それを直接の理由としてGoogleで上位表示されることはないので、注意してください。

SNSで期待できるSEO効果

SNSでの被リンクは、SEO効果が期待できません。

しかし、以下のことによって、SNSでもSEO効果が期待できます。

・サイテーションが増える
・エンゲージメントの増加

SEO的にはどのような期待ができるのかを、一つずつお伝えしていきます。

サイテーションが増える

サイテーションが増えることで、SEO的にプラスになる可能性があります。

サイテーションとは知名度のようなもので、サイト名、企業名やサービス名などの固有名詞がネット上で言及されることを指します。

SNS上でもサイテーションが増えることで、SEO的にプラスの効果があるといわれています。

ただし、ここで注意が必要なポイントが2つあります。

・Googleがサイテーションの多さがランキング要因であると公式に発表しているわけではない
・サイテーションによるSEO効果は因果関係ではなく相関関係であるという意見が優勢

例えば、Googleは外部リンクはランキング要因であるということは明確にアナウンスしていますが、サイテーションについてはそうではありません。

しかしサイテーションによるSEO効果について言及するSEO専門家は多く、昨今のSEOトレンドの中で注目を集める重要な指標の1つであることは間違いありません。

そして最も重要なのが、サイテーションによるSEO効果は因果関係ではなく相関関係であるということです。

どういうことかというと、例えばアカウントを量産し、SNS上で自社の企業名やサービス名を大量に投稿したとしてもサイテーション効果を得ることはできません。

つまり重要なのは、Web上でのサイテーションの絶対量の多さではなく、SNS運用やブランディングによって自然とサイテーションが集まる状態に持っていくことであるということです。

サイテーションによるSEO効果を期待してSNS運用を行うのであれば、「どうすれば多くのユーザーが自社やサービス名について言及したり、投稿をシェアしたりしてくれるか」ということを考えると良いでしょう。

エンゲージメントの増加

SNS運用によるもう一つのメリットは、エンゲージメントの増加です。

エンゲージメントとは企業やブランド、商品と消費者の関係性のことで、SNS運用によって自社に対するエンゲージメントが高まれば、自然と先述のサイテーションや被リンク、投稿のシェアなどが増えていく傾向があり、これがSEO効果に繋がります。

つまり、エンゲージメントの増加が間接的に自社サイトやメディアの上位表示を助けてくれるのです。

また、エンゲージメントの増加は、広告収入が増えたり知名度が上がったりするなど、SEO以外に関してもプラスの効果が期待できます。

広告収入が目的であったり、アクセス数の増加が目的であったりする場合は、SEOだけではなく、SNSにも着目するとよいでしょう。

SEO効果を高めるためのSNS運用方法

先ほどお伝えしたように、SNSを利用したSEO対策は、サイテーションとエンゲージメントの増加によるものです。

そのため、SNSを運用する際は、サイテーションとエンゲージメントが増加しやすい環境を構築する必要があります。

サイテーションとエンゲージメントを増加させるには、以下のことに注力しましょう。

・フォロワーを増やす
・SNSボタンを設置する
・拡散されやすい投稿内容を考える
・投稿内容のエンゲージメント率を上げる

サイテーションとエンゲージメントを上げるには、フォロワーを増やすことが一番の近道です。

フォロワーを増やすためにも、質が高いコンテンツの発信やターゲティングの設定など、SNSの運用方法をおさらいしておきましょう。

また、ウェブサイト上にSNSボタンを設置するようにしてください。

SNSボタンがあれば、ユーザーは簡単にあなたのウェブサイトをSNSと共有できるためです。

あなたの投稿だけではなく、ユーザーがあなたのウェブサイトを共有することで、拡散されてSEO的にプラスになる可能性が上がります。

ウェブサイト上にSNSボタンを設置したら、正常にSNSボタンが起動するのかを確認しましょう。

まとめ

SNSを運用することで、SEOにプラスの効果を与えられます。

SNSのフォロワーを増やしたり、質が高いコンテンツを発信したりする必要がありますが、SEO対策だけではなく、アクセス数がアップするようなメリットも得られるでしょう。

Googleで上位表示されるには、時間がかかることも少なくないので、すぐにでもアクセス数を伸ばしたい場合はSNSを併用することをおすすめします。

しかし、SNSのフォロワーを増やしたり、質の高いコンテンツを生み出したりするには、SNSの高い専門性が必要です。

もし、SNSの運用やSNS広告にお悩みなら、NextStageにご相談ください。

Next Stageには、SNSの運用やSNS広告に関して高い専門性があります。

あなたのお役に立てるご提案ができるので、ぜひとも一度、あなたの現状をお聞かせください。

SNS運用がもたらすSEO効果とは?サイテーション・エンゲージメントについて解説