B!

Twitterに繋がらない場合の対処法は?障害が起きた際に確認すべきことを全て紹介します

Twitterに繋がらない場合の対処法は?障害が起きた際に確認すべきことを全て紹介します
普段通りにTwitterに接続しているにも関わらず、繋がらない、あるいはツイートを取得できないといった問題が起きることがあります。

Twitterで起きている障害が原因と考えるべき事象ですが、このような事態にはどうやって対処すべきなのか、具体的な方法をお伝えします。

本当に障害が起きているのかを確認する

まずはTwitterに繋がらない理由が本当に障害なのか、それともそれ以外の部分に問題があるせいなのかを特定する作業から始めましょう。

Twitterは世界中で最もメジャーなSNSのひとつなので、大規模な障害が発生している場合にはたちまちにしてニュースが流れます。

検索エンジンなどを使ってニュース速報を検索し、Twitterで障害が起きているのか、その他のユーザーは平常通りに利用できているのかを確認して下さい。

障害の情報をキャッチするには「Down detector」が便利

Twitterで障害が起きているのかどうかといった情報をキャッチしたい場合には、Down datector(https://downdetector.jp/)を利用すると便利です。

このサイトでは、TwitterをはじめとするSNSや各種通信サービス、ゲーム、動画配信サイトなどで発生している障害の情報を簡単に調べることができます。

このサイトでTwitterについて調べ、障害が起きていないと記載されている場合には、Twitterに接続できない原因は障害以外の何かにあると考えなければなりません。

障害が問題でない場合、接続環境や設定を見直してみる

障害が原因ではなさそうなことが分かったら、Wi-Fiなどの接続環境や通信状態を見直し、エラーが発生していないかをチェックします。

特にスマホ等からアクセスしている場合、モバイルデータ通信をオフにしていると、一時的なWi-Fiの不具合などが原因でTwitterにも繋がらなくなってしまいます。

電波が弱まっている可能性や、Wi-Fi側に障害が起きている可能性も否定できないので、念のためにしっかりと確認しておくことがおすすめです。

画面がフリーズしている場合はアプリやブラウザを閉じる

Twitterの画面をタップ、またはクリックしても全く動かずにフリーズしているという場合は、一度アプリやブラウザを閉じてから再起動してみてください。

それでも同じようにフリーズが続いているという場合は、スマホやパソコンの端末そのものを再起動させて、もう一度様子を見てみましょう。

フリーズが起きている場合、Twitterそのものに原因がある可能性は非常に低く、端末側の不具合が原因でサービスを利用できていないと考えるべきです。

こういった現象が繰り返し起きてしまうという場合は、端末のデータ容量を確認し、不要なデータを削除するなどして動作を軽くできるように対策して下さい。

API制限に引っかかっている可能性もある

Twitterにアクセスできるものの、最新のツイートを取得することができないという場合には、API制限に引っかかっている可能性があります。

これは、一定の時間内に何度もTwitterを更新したりして、サーバーに負担をかけてしまった場合に科せられる一時的なペナルティのようなものです。

API制限が起きている間は、最新のツイートを取得することや、新しくツイートすることができなくなります。

API制限は、開始から15分後には自動的に解除されますから、思い当たる節があるという場合には、そのままの状態でしばらく待ってTwitterの利用を再開しましょう。

最新のバージョンにアップデートする

Twitterは頻繁にバージョンアップを行っており、特にアプリから利用する場合は、定期的にソフトウェアをアップデートしなければなりません。

古いバージョンのままではTwitterの継続ができないというケースも考えられるため、Twitterを利用できない場合は最新のバージョンかそうでないかも確認して下さい。

古いバージョンのままで使用していたことが分かったら、正しくアップデートすることですぐにTwitterを利用できるようになる可能性があります。

Twitterが障害を起こしている場合の対処法

Twitterが障害を起こしており、そのせいで接続ができないという際に取れる対処法は、残念ながら我々にはありません。

Twitter側も異常をすぐに感知して復旧に向けて取り組んでいますから、しばらくはTwitterから離れて、復旧を待ちましょう。

近年では復旧までにかかる時間が狭まってきており、大規模な障害が起きている場合でも数十分、数時間という短時間で回復できることがほとんどです。

Twitterで障害が起きる原因

Twitterで障害が起きる原因として特に多く見受けられるのが、アップデートに伴う不具合により接続不可脳になるというトラブルです。

アップデートに伴って、人為的なミスや予期していなかったプログラムの問題が発生し、長時間のメンテナンスが行われるケースは少なくありません。

大規模なアップデートが予定されている前後は、Twitterに繋がりにくくなりリスクがあることを頭の片隅にでも入れておくと良いでしょう。

まとめ

Twitterに接続できない場合は、まずTwitter側の障害なのか、それ以外の問題が原因になっているのかを調べましょう。

個別の制限やアップデートの不足などが原因の場合には対処できますが、Twitter側で起きた障害が原因の場合には、復旧まで待機する以外に解決策はありません。

Twitterに繋がらない場合の対処法は?障害が起きた際に確認すべきことを全て紹介します