B!

Twitterのブックマーク機能って知ってる?モーメントとの違いや便利な使い方を紹介

Twitterのブックマーク機能って知ってる?モーメントとの違いや便利な使い方を紹介
2018年に実装されたTwitterのブックマーク機能。

ツイートを保存できる機能で、Twitterで情報収集をする場合には便利です。

Twitterのビジネス活用で、情報収集として使っているという方も多いのではないでしょうか。

そのような方にとって、知っておいて損はない機能です。

この記事では、Twitterのブックマークについてお伝えしていきます。

「いいね」やモーメント機能と何が違うのかも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Twitterのブックマーク機能とは?

ブックマークとは、中断した本のページを見つけるために使う「しおり」を意味します。

Twitterのブックマークも本に使うしおりと同様に、特定のツイートをすぐ見つけるために使う機能です。

ブックマークを使うことで、あなたが気に入ったツイートを保存できます。

百件以上のツイートをブックマークできるので、見返したい投稿があったら気軽に利用してみましょう。

ブックマーク機能の3つのメリット

ブックマーク機能には、主に以下のメリットがあります。

・気に入ったツイートをすぐに呼び出せる
・ブックマーク機能を使っても他人にばれない
・ツイートが消されてもブックマークには残る

ブックマーク機能を使うことで、Twitterをもっと快適に利用できます。

メリットを一つずつお伝えするので、ブックマーク機能を使ってみましょう。

気に入ったツイートをすぐに呼び出せる

ブックマーク機能を使えば、特定のツイートをすぐに呼び出せます。

ブックマークしたツイートを呼び出すのは2タップでできますし、ブックマークをするのも3タップ程度でできます。

Twitterには、参考になるツイートや面白ツイートがたくさんあるので、気に入ったツイートを見つけたらブックマークを使ってみましょう。

ブックマーク機能を使っても他人にばれない

ブックマーク機能を使っても、ツイートした本人や、あなたのフォロワーにばれません。

ブックマークしたということは、あなたにしか分からないのです。

従来までは、「いいね」を使うことで、プロフィール画面から特定のツイートを見る方法が主流でした。

しかし、あなたのフォロワーに「いいね」をしたことが知られてしまうようになったため、残しておきたいツイートを「いいね」するのに抵抗がある人も少なくありません。

そこで登場したのがブックマーク機能です。

先ほどお伝えしたように、ブックマーク機能を使えば他人に知られることなくツイートを保存できます。

ツイートの保存を知られたくないのであれば、ブックマーク機能を使ってみてはいかがでしょうか。

ツイートが消されてもブックマークには残る

ツイートした本人がツイートを消しても、ブックマーク機能からツイートは消えません。

ブックマークしたツイートは、あなたが消さない限りあなたのアカウントから消えないのです。

ブックマーク機能の代わりとして使われていた「いいね」では、ツイートした本人がツイートを消した場合、二度と見ることができませんでした。

しかし、ブックマーク機能で保存しておけば、ツイートが消されたとしても見ることができます。

絶対に残しておきたいツイートがあったら、かならずブックマーク機能を利用するようにしましょう。

ブックマーク機能とモーメント機能の違いとは?

ブックマーク機能に似ている機能として、モーメント機能があります。

ブックマーク機能とモーメント機能は、何が異なるのでしょうか。

モーメント機能の特徴は、以下のとおりです。

・ツイート単位で保存できる
・複数のモーメントが作れる
・モーメントしたツイートは公開できる
・ウェブサイトからしかモーメントを作れない
・公開したモーメントは、ツイートした本人に通知が届く

モーメント機能では、まとめたツイートを公開できます。

ブックマーク機能では、他人に公開できないため、保存したツイートを公開したい場合はモーメント機能を利用しましょう。

また、ブックマーク機能では、1つのフォルダにブックマークしたツイートが保存されていくため、ツイートが埋もれてしまいます。

その点、モーメント機能では、複数のモーメントを作れるので、「面白いツイート」や「参考になるツイート」などと整理することが可能です。

とはいえ、モーメント機能を公開すると、ツイートした本人に通知が届いたり、他人に作成したモーメントを見られたりしてしまいます。

他人に公開されたくない場合は、公開せずに下書きのまま保存するか、ブックマーク機能を使うようにしましょう。

ブックマーク機能の使い方と削除方法

この章では、ブックマーク機能の使い方と削除方法をお伝えしていきます。

ブックマーク機能の使い方

特定のツイートをブックマークするには、以下の操作を行ってください。

1.ブックマークしたいツイートをタップする
2.右下にある共有ボタンをタップする
3.「ブックマークに追加」をタップする

この3つの操作で、ブックマークすることができます。

共有ボタンは、「いいね」の横にあるボタンなので間違えないようにしましょう。

ブックマーク機能の確認方法

ブックマークしたツイートは、以下の方法で確認できます。

1.左上にある自分のアイコンをタップする
2.「ブックマーク」をタップする

以上で、ブックマークしたツイートを確認できます。

ブックマークからでも、「いいね」「リツイート」「コメント」をすることが可能です。

ブックマークしたツイートの削除方法

ブックマークしたツイートの削除方法は、以下の2通りあります。

・ブックマークしたすべてのツイートを削除する
・ブックマークしたツイートを1つだけ削除する

ブックマークしたすべてのツイートを削除する場合は、操作を行ってください。

1.左上にある自分のアイコンをタップする
2.「ブックマーク」をタップする
3.右上にある「・・・」をタップする
4.「保存をすべて削除」をタップする

ブックマークしたツイートを1つだけ削除する場合は、以下の操作を行いましょう。

1.左上にある自分のアイコンをタップする
2.「ブックマーク」をタップする
3.削除したいツイートをタップする
4.右下にある共有ボタンをタップする
5.「ブックマークから削除」をタップする

「保存をすべて削除」をタップした場合、ブックマークしたすべてのツイートが削除されます。

1つだけを削除したいのであれば、共有ボタンからツイートを削除しましょう。

まとめ

ツイートを保存するときに便利なブックマーク機能。

ツイートした本人にはもちろん、あなたのフォロワーにも知られることなくツイートを保存できます。

保存したことを誰にも知られたくない場合は、ブックマーク機能を使うようにしましょう。

しかし、ブックマーク機能は、1つのフォルダに収納されるためツイートを整理したり、ツイートした本人に賛辞を送ったりすることができません。

ブックマーク機能だけではなく、状況に応じて「いいね」やモーメント機能を使うことをおすすめします。

Twitterのブックマーク機能って知ってる?モーメントとの違いや便利な使い方を紹介