B!

TwitterのID変更方法と、それに合わせて絶対に行うべき対策とは?

TwitterのID変更方法と、それに合わせて絶対に行うべき対策とは?
Twitterに登録を行った後、何らかの理由や事情でIDを変更したくなった場合、どのように手続きを行えば良いのでしょうか。

現在のフォロワーやツイートを引き継ぎながら、心機一転で新しいIDに変更する方法を分かりやすく紹介していきます。

パソコンからTwitterのIDを変更する方法

まずはパソコンからTwitterのトップページを表示させて、IDを変更したいアカウントでログインし、画面左下に表示されている「…」をクリックして下さい。

すると「設定とプライバシー」というタブが表示されるので、ここから「アカウント」を選び、「ログインとセキュリティ」から「ユーザー名」を選びます。

現在使用しているユーザー名を削除し、新しく使いたいユーザー名を入力して、右下の「保存」ボタンをクリックすると、すぐに新しいユーザー名へと反映されます。

もしも希望するユーザー名が既に使用されているという場合には、他の名前を選ぶようにというガイドが表示されるので、使用できる名前が見つかるまで入力し直して下さい。

すぐ下には誰も使用していない「おすすめユーザー」の名前が表示されるので、面倒な場合にはこれを選べば、確実にユーザー名を変更することができます。

スマホからTwitterのIDを変更する方法

まずはパソコンと同じようにスマホアプリからTwitterのトップページを開いて、画面左上にあるアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を選びましょう。

「アカウント」をタップすると、使用中のユーザー名が表示されるので、その部分をタップして、「ユーザー名を変更」のページを表示させて下さい。

この画面の上部には現在使用中のユーザー名が表示されていますが、その真下が空欄になっており、ここに新しく希望する名前を入力することが可能です。

希望する名前が誰かに使われている場合、パソコンと同じように使用できない旨が伝えられるので、登録できるようになるまで候補の名前を入れ続けて下さい。

使用できるユーザー名が見つかったら、画面の右上に表示されるチェックマークをタップすれば、これで変更が完了です。

Twitterにおける「ユーザー名」と「名前」の違い

Twitterでは、IDのことを「ユーザー名」、ハンドルネームのことを「名前」と呼んで使い分けています。

ユーザー名は@以下に表示されるアルファベットと数字の組み合わせで、プロフィールページを開く場合や、リプライを送る場合にはユーザー名を使います。

一方の名前は、ユーザー名の上や横に表示されるハンドルネームで、アルファベットと数字の他に、漢字やひらがな、カタカナなどを使用することも可能です。

URLを表示する際に必ず用いられるのがユーザー名なので、この部分には自身に関係する名前や、企業やサービスに関連する名前を用いることをおすすめします。

TwitterのIDに使用できる文字数は15文字まで

IDとして使用できる文字数は、アルファベットと数字を合わせて15文字までと決まっており、それ以上の英数字を登録することはできません。

それよりも長い個人名や会社名などを入力したい場合には、IDを簡略化させたり、名前で捕捉したりして対処しましょう。

また、使用できる文字の種類は大文字・小文字のアルファベットと数字、そしてアンダーバーのみとなり、ハイフンやドットを使うことはできません。

TwitterのIDを変更する際に覚えておくべきこと

TwitterのIDは、特に制限が設けられることもなく、一日の間に何度でも変更することができます。

そのため、暫定的な名前に設定しても構いませんが、あまりにも頻繁にユーザー名を変えることはおすすめできません。

何度も名前が変わるアカウントは怪しまれることが多く、スパムのような扱いを受ける恐れもあるため注意しましょう。

単純に、誰が誰なのか分からなくなってしまうという問題にも考慮しなければならず、IDの変更は必要最低限に止めることが鉄則です。

IDを変更したらフォロワーに知らせることがおすすめ

IDを変更した場合には、以前使用していたユーザー名と合わせて、新しいユーザー名をフォロワーに告知して、周知させることをおすすめします。

事情を知らない人物がIDだけを見て「知らないアカウント」だと判断されてしまうと、フォローを外されてしまうかもしれません。

それを避けるためには、IDが変わったことを知らせるツイートを変更直後に行って、周知を徹底させておくと効果的です。

ツイートをピン留めしておけば、最新ツイートの最上部に固定されるので、変更を伝えるツイートはしばらく固定したままでいることもおすすめできます。

以前使っていたIDの取り扱いに注意

特にフォロワーが多いアカウントの場合、以前使っていたIDを放棄してしまうと、なりすましによる被害を受ける可能性があります。

新規に以前のIDを取得したユーザーが自分の名前を騙り、フォロワー集めや犯罪行為などに転用されてしまう恐れがあるのです。

これを避けるためには、自分自身で以前のIDを使って新しくTwitterのアカウントを取得して、第三者に勝手にIDを使われないように対策しましょう。

まとめ

TwitterのIDを変更する場合は、ユーザー名の変更から手続きを行うことができ、使われていないIDであれば何度でも変更することができます。

フォロワーからの混乱を招かぬようにID変更を知らせたり、以前のIDを使ったなりすましに備えたりなど、対策も同時に進めましょう。

TwitterのID変更方法と、それに合わせて絶対に行うべき対策とは?