B!

著作権侵害かも?ツイッターで著作権侵害になる行為と解決策を紹介

著作権侵害かも?ツイッターで著作権侵害になる行為と解決策を紹介
「著作権を侵害しているか不安」

「著作権を侵害されている気がする」

あなたは、著作権をどこまで理解していますか?

著作権とは他人が造りだしたオリジナルの表現のことで、画像だけではなく文章も例外なく著作物であるとされています。

では、文章や画像を投稿するツイッターでは、どのような行為をすると著作権の侵害になるのでしょう。

この記事では、ツイッターでの著作権にスポットをあてていきます。

ツイッターでの著作権侵害の具体例から、著作権を侵害されたときの対処法まで紹介するので、この記事でもう一度著作権についておさらいしてみましょう。

ツイッターでやってしまいがちな著作権の侵害

情報化社会となった現在、意識していないと著作権を侵害してしまいやすい環境にあります。

特にSNSを活用していると著作権の侵害をしてしまいやすいため、十分に注意が必要です。

この章では、著作権の侵害に当たる可能性が高いツイッターでの事案をお伝えしていきます。

ツイッターを利用するときは、ここでお伝えする行為を行わないようにしてください。

ツイートをコピーして発信する

ツイートをコピーして発信する行為は、著作権を侵害している可能性が高いです。

たとえば、パクツイのようにツイートをそのまま自分が作ったかのように発信すると、著作権侵害に当たることが考えられます。

しかし、ブログのような記事で他人のツイートを引用するのは、問題がない場合が多いです。

この場合、他人のツイートが主な内容の場合は、著作権の侵害に当たる可能性があるので注意してください。

アイコン画像や投稿写真を転載する

アイコン画像や投稿写真をインストールして転載・転用する行為は、著作権の侵害にあたる可能性があります。

具体的には、たとえば他人のアイコン画像をスクリーンショットして自分のアイコン画像として使ったり、他人の投稿写真をブログで使ったりする行為です。

他人のアイコン画像や投稿された写真をスクリーンショットやダウンロードすること自体は著作権の侵害には当たりません。

しかし、スクリーンショットやダウンロードした画像を無断で使ってしまうと著作権の侵害に当たる可能性があるので、画像を使いたい場合は画像の持ち主に許可をとるようにしてください。

アレンジを加えた翻訳をする

意外かも知れませんが、翻訳の方法によっても著作権の侵害になる可能性があります。

引用による翻訳だけなら、著作権の侵害にあたる可能性は低いです。

外国語のニュースのようなツイートを引用して翻訳しても、問題はないでしょう。

しかし、翻訳をするときに引用元を記さなかったり、文章の内容にアレンジを加えたりすることは、著作権を侵害することにつながります。

引用元にアレンジを加えたい場合は、著作物の持ち主に許可を得るようにしてください。

非公開アカウントのツイートを拡散する

非公開アカウントのツイートや画像を拡散する行為は、著作権を侵害する恐れがあります。

俗に言う鍵つきアカウントは、他人から見られないように設定されたアカウントなので、それを公にする行為は著作権侵害になり得るのです。

非公開アカウントのツイートや画像を拡散する行為は、ツイッターの利用規約でも禁止されているため、非公開アカウントの情報を、許可を得ずに拡散しないようにしてください。

API機能を使えば著作権の侵害ではなくなるのか?

「API機能を使えば著作権の侵害にはならない」ということがよく言われています。

これの根拠となるのが、ツイッターの利用規約にある以下の文言です。

~~引用 始~~

「ユーザーは、本サービスまたは本サービス上のコンテンツの複製、修正、これに基づいた二次的著作物の作成、配信、販売、移転、公の展示、公の実演、送信、または他の形での使用を望む場合には、Twitterサービス、本規約またはdev.twitter.comに定める条件により認められる場合を除いて、当社が提供するインターフェースおよび手順を使用しなければなりません。」

~~引用 終わり~~

出典:https://twitter.com/tos?lang=ja#updateintlContent

そして、この「当社から提供されるインターフェース」がAPI機能です。

「Twitterサービス、本規約またはdev.twitter.comに定める条件により認められる場合を除いて」と記述されているため、ツイッターサービスを利用する場合、必ずしもAPI機能を使う必要はありません。

しかし、API機能を使ったほうが無難だという意味で、多くの人が「API機能を使えば著作権の侵害にはならない」と考えているのです。

しかし、API機能を使えば必ずしも著作権の侵害にはならないというわけではないので、注意してください。

ツイッターで著作権を侵害されたときの対処法

ツイッターで著作権を侵害された場合は、ツイッターに著作権侵害を申し立てることで無断転載を止めることができます。

ツイッターへの著作権侵害を申し立てる方法は、以下の通りです。

1.https://support.twitter.com/forms/dmca内でTwitterにログインする
2.「私は著作権者です」を選択する
3.氏名・住所・郵便番号・国・会社を記入する
4.「Twitter」「Vine」「Periscope」の中から著作権を侵害しているプラットフォームを選択する
5.著作物の内容やリンクを記入する
6.著作権侵害が起きている場所を選択する(例.「ツイート内」「モーメント内」など)
7.ほかに報告することがあるかを選択する
8.表示された英文を空欄部分にコピー&ペーストする
9.「送信する」をタップする

以上の手順で、ツイッターへ著作権侵害を申し立てられます。

ちなみに、8のコピー&ペーストする英文の内容は、「申請の情報が正確であり、申請内容が嘘だった場合は偽証罪で罰せられる条件の下、ツイッターに著作権侵害を解決してもらうことを依頼する」といった内容です。

申請の情報が嘘だった場合は罰せられる可能性があるので、いたずらで著作権侵害を申し立てないようにしてください。

まとめ

著作権の侵害を刑事事件として告訴された場合、個人でも10年以下の懲役または1千万円以下の罰金という非常に重い刑罰が課せられます。

しかし、画像の無断転用やパクツイなど、SNSを使っていると知らぬまま著作権を侵害してしまうことは珍しくありません。

そのため、無闇に他人のツイートや画像を使わないほうがよいでしょう。

どうしても他人のツイートや画像を使いたい場合は、著作権の侵害にならないためにも著作権者から使用の許可を得るようにしましょう。

著作権侵害かも?ツイッターで著作権侵害になる行為と解決策を紹介
5 (100%) 1 vote