B!

とっても簡単 ツイッター広告の出稿方法まとめ

とっても簡単 ツイッター広告の出稿方法まとめ
2017年時点でツイッターのユーザー数は、国内だけでも4,500万人を超えています。

特に若年層のユーザーが多く、ツイッター広告を使えば多くの若年層ユーザーにアプローチできるでしょう。

この記事では、ツイッター広告の出稿方法をお伝えしてまいります。

専門用語が多いのですが、一つずつ噛み砕いて説明しますので、是非最後までご一読いただき、簡単にツイッター広告を出稿する方法を試してみてください。

ツイッター広告の種類

ツイッター広告の種類は、以下の3つがあります。

ツイッター広告を利用するのなら、どれがあなたに適しているのか把握しておきましょう。

プロモツイート

プロモツイートとは、通常のツイートのようにタイムラインや検索結果に表示される広告のことです。

プロモツイートに「いいね」「リツイート」「コメント」などのリアクション(エンゲージメント)がある場合に限り課金されるため、ユーザーが閲覧するだけでは費用がかかりません。

プロモアカウント

プロモアカウントでは、宣伝アカウントが「おすすめユーザー」に表示されます。

アカウント単位でユーザーの目に留まるため、フォロワーの増加につながるでしょう。

プロモアカウントもエンゲージメントがあった場合に限り課金される仕組みです。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、「おすすめトレンド」の最上部に表示されるツイート形式の広告のことです。

スマートフォンでは検索画面に表示されるため、多くのユーザーに見てもらえるでしょう。

プロモトレンドの場合はエンゲージメントによる課金ではなく、0時から24時までの表示時間によって課金されます。

ちなみに、個人広告主は現在プロモトレンドを使えませんので注意してください。

ツイッター広告の出稿方法

ツイッター広告を出稿するには、以下のステップを踏んでください。

広告アカウントの開設

ツイッター広告を使いたい場合は、広告アカウントを開設する必要があります。

広告アカウントを開設するには、(https://business.twitter.com/ja/a/get-started.html?ref=ja-btc-advertising-home-footer)にアクセスして、ツイッターアカウントにログインするだけです。

しかし、広告アカウントを開設するには以下の条件があります。

・2週間~3週間以上使用したアカウントである
・一般公開されているアカウントである
・ツイッターがサポートしている国や言語である。

以上の3つの条件をクリアしている場合のみ、広告アカウントが開設できます。

凍結履歴があるアカウントは、広告アカウントが開設できない可能性があるので注意が必要です。

キャンペーンの設定

キャンペーンの設定では、出稿目的、予算と出稿開始日を決めていきます。

これらを決めていくには、「目的」と「詳細」の設定が必要となります。

「目的」では以下の項目のうちから、どれか一つを設定します。

・ツイートのエンゲージメント
・プロモビデオ再生数
・ブランド認知度の向上
・ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン
・インストリーム動画再生数
・フォロワー
・アプリインストール数
・アプリの起動回数

それぞれのキャンペーン目的によって、出稿される内容が異なります。

詳しくは以下の一覧を参考にしてください。

キャンペーン「目的」 内容
ツイートのエンゲージメント 絞ったターゲットにプロモツイートを配信して、「いいね」「リツイート」数を増やす。
プロモビデオ再生数 プロモビデオを配信して視聴数を増やす。
ブランド認知度の向上 多くのユーザーにツイートを配信するため、商品の認知度を上げられる。
ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン ウェブサイトへのアクセス増加を誘導する。
インストリーム動画再生数 動画本編の前にプレロール広告を表示して、ブランドとの関連性を高める。
フォロワー タイムラインや「おすすめユーザー」に広告を表示させる。
アプリインストール数 モバイルユーザーにアプリのインストールを促す。
アプリの起動回数 モバイルユーザーにアプリの起動を促す。


「詳細」では、以下の項目を設定します。

・キャンペーン名
・日別予算を設定
・総予算を設定
・出稿開始日
・出稿停止日

日別予算は、1日当たりに対する最大支出の設定です。

最大支出を超える場合は、自動的に停止されます。

金額が低すぎると広告が配信されないかもしれませんので注意してください。

総予算は、キャンペーン期間中に払える金額予算の設定です。

キャンペーン期間が残っていても、総予算を超える場合は自動的に広告の配信が停止します。

オプションなので設定しなくても問題ないのですが、予算が限られている場合は設定しておくとよいでしょう。

広告グループの作成

広告グループの作成では、広告を配信するターゲットや入札タイプを設定していきます。

ターゲットや入札タイプによって宣伝効果が変化しますので、慎重に決めていきましょう。

広告グループで設定する項目は、以下の通りです。

・詳細
・ターゲット
・クリエイティブ

詳細では、以下の項目を設定していきます。

・広告グループ名
・出稿開始日
・出稿停止日
・広告グループの総予算
・入札タイプ

ツイッター広告の料金体系はオークション形式であり、落札価格が高い人の広告が優先的に配信されます。

入札タイプは、「自動入札額」と「最大入札単価」から選択してください。

「自動入札額」では予算の範囲内で最大限の広告掲載を自動で入札するため、掲載できる可能性が高まりますが、予算を使い切ってしまう可能性があります。

「最大入札単価」では、入札する単価を事前に決められます。

例えば「最大入札単価」を100円に設定しておけば、100円以内で入札できる広告に対してのみ課金するのです。

加えて、100円以内で入札できる場合は、1セント(約1円)上乗せで入札されます。

80円の入札希望者がいるのなら、自動的に81円で入札してくれるということです。

初期設定では「自動入札額」に設定されていますが、この仕組みによって予算よりも安く入札される可能性があるため、公式が推奨しているのは「最大入札単価」です。

もし、「自動入札額」の設定にこだわりがないのでしたら、「最大入札単価」に設定することをおすすめします。

まとめ

ツイッター広告の出稿は細かい設定の必要がなく、決められた予算内で宣伝できます。

設定方法も非常に簡単で、個人広告主でも容易に広告を出稿できるでしょう。

しかし、ターゲットの設定や適したキャンペーン目的など、工夫することは多くあり、専門的な知識も必要になります。

もし、効率的な宣伝効果を求めているのなら、「NextStage」にご相談ください。

NextStageはSNS運用やSNS広告に精通しており、広告主に適したサービスを提供しています。

あなたの悩みを解消するお手伝いができますので、是非一度あなたの目標をお聞かせください。

とっても簡単 ツイッター広告の出稿方法まとめ