B!

SNS広告を出稿するメリットは 他のWeb広告との違いは

SNS広告のメリット
近年では、SNS広告が注目を浴びています。

しかし、TwitterやFacebookなどSNSの種類がありすぎて、「どのSNSにどのような広告を出したらいいかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにSNSにはそれぞれ特徴がありますが、その特徴をとらえてしまえば効果的な広告を出すことはそう難しくありません。

今回はSNSで広告を出すメリットやデメリット、他のWeb広告との違いについてお伝えします。

SNS広告とWeb広告の違い

まずは、SNS広告とWeb広告の違いについてお伝えします。

SNS広告

SNS広告は、個人情報のデータを利用して広告を表示させる仕様です。

SNSに登録してみるとわかりますが、年齢や住所など個人情報を記入する欄がたくさんあります。

このデータをもとにどのSNS広告を表示させるか判別することが一般的です。

Web広告

WEB広告 Web広告は、大きくわけて「アドネットワーク」と「リスティング」の2種類が存在します。

アドネットワーク

アドネットワークはブログやスマホアプリなどの広告枠に広告を表示するものです。

ターゲットを絞ったリーチは不可能ですが、ユーザーの過去検索情報などをもとに広告を表示させられます。

リスティング

リスティングは、ユーザーが検索したワードに応じて表示される広告です。

Googleなどで検索をかけると、検索結果の周辺に広告が表示されますよね?その広告もリスティングの一つであるといえます。
ユーザーが検索したワードに関連する広告を表示できるので、自社のWebサイトへ誘導しやすいという特徴があります。
ここまでSNS広告とWeb広告の特徴を紹介してきましたが、Web広告とくらべるとSNS広告には、どのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか。

SNS広告を出稿するメリット・デメリット

ここではWeb広告と比較したときのSNS広告のメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

SNS広告を出稿するメリット

ターゲットを明確に絞りこめる

SNS広告は、あらかじめ登録された個人情報を利用して広告が表示されるので、ターゲットを絞りこんだSNS広告配信が可能です。

例えば、ファッショナブルなハイヒールについてのSNS広告であれば、20代~30代の女性に向けて配信したいところです。

SNS広告ならば、SNSに登録された個人情報を参照し、有効と考えられるユーザーに対してSNS広告が配信されます。

自社のサービスを宣伝したいターゲットが明確になっていれば、SNS広告は有効な手段であるといえるでしょう。

ユーザー同士での拡散を狙える

ユーザー同士での拡散を狙える 特徴的な広告を出すことができればユーザー同士でシェアされ、場合によっては爆発的に拡散されていきます。

運の要素もありますが、ユーザー同士のシェアはWeb広告にはないメリットです。

費用が安い傾向がある

今回紹介した各広告のクリック単価平均は以下のようになっています。

・SNS広告:100~200円程度
・リスティング広告:200~300円程度
・アドネットワーク広告:200~300円程度

SNS広告はまだ日本国内では競合が少ないため、比較的クリック単価は安くなっています。

SNS広告を出稿するデメリット

SNS内でしか配信されない

Web広告はインターネットを使用しているユーザー全体に見てもらえますが、SNS広告は、SNS内でしか発信されません。

そのため、そのSNSの登録者にしか見てもらうことができません。

広く浅く広告を出す、という点においてはWeb広告の方が優れています。

SNS広告を細かくチューニングする必要がある

ターゲットを細かく設定できるということは一見メリットしかないように見えます。

しかしながらターゲットを絞りこむということは、結果が出なければ広告の費用がムダになりがちです。

日々、出したSNS広告に対してのPDCAサイクルをまわしていくことが必要になります。
SNS広告は、思ったよりも使いやすそうであることが伝わりましたでしょうか?

「実際にSNSの広告を出したい!」と思えた方もいらっしゃるでしょう。

実際に出す時には、どのようなことがポイントになってくるのでしょうか。

効果的なSNSマーケティングのポイント

SNSはそれぞれ登録ユーザーの年齢層や性別が違います。

そのため、まずはこのメインの年齢層や性別を把握したうえでSNS広告をどこに出すか考えるのが有効といえるでしょう。

代表的なSNSのメイン年齢層・性別は以下の通りです。

・Facebook:30代~40代の比較的年上の男女

・Twitter:10代~20代の若い男女

・LINE:20代~40代の幅広い年齢層の男女

・Instagram:10代~30代の女性

例えば、高級時計についてのSNS広告をTwitterで出しても効果が薄いことは容易に予想できます。10代~20代の若い男女は高級時計には興味が薄いと考えられるからです。

高級時計のような中高年男性をターゲットにしたSNS広告であれば、TwitterよりもFacebookで出せばメリットがありそうです。

まとめ

今回は、SNS広告のメリット・デメリットとWeb広告の違いについてお伝えしました。

SNS広告は事前のターゲットの設定と、出した広告に対する日々のPDCAの実施が必要不可欠です。

しかし、SNS広告はクリック単価が安く、またターゲットを設定しやすいので、初心者でも手を出しやすい広告媒体であるといえます。

各SNSの特徴をとらえ、効果的なSNS広告出稿を目指しましょう。
SNS広告を出稿するメリットは 他のWeb広告との違いは