B!

企業SNSの運用代行は必要か 自社運用するメリット・デメリットとは

企業SNSの運用代行は必要か 自社運用するメリット・デメリットとは
SNSを活用し、自社サービスや商品をプロモーションする企業は、もはや当たり前になりました。

企業のSNSを運用するには、以下の2つの方法があります。

・自社運用
・代行会社に運用を任せる

自社運用をされている方は、今のプロモーションで企業の売上に繋がっていますか?

自社運用をしている場合、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか。

・なにをプロモーションすればよいかわからない
・プロモーションしてみても効果が薄い
・運用に時間がかかる

もちろん、自社運用は大変なことだけではなく、メリットも存在します。

この記事では、SNSを自社運用することのメリット・デメリットを合わせてご紹介します。

これからSNSの運用を検討している企業の方も、ぜひ参考にしていただければと思います。

SNSを自社運用するメリット

まずは、SNSを自社運用するメリットをお伝えいたします。主に以下の3つがあるでしょう。

・低コストで運用できる
・ユーザーとの距離が近くなる
・経験値が身につく
それぞれについて、解説していきます。

低コストで運用できる

SNSは、インスタグラム・ツイッター・Facebookが主要ですが、全てアカウントは無料で作れますし、投稿にも費用がかかりません。費用がかかるとしたら、人件費くらいではないでしょうか。

当然のことですが、運用代行サービスと頼むとそこに費用が発生します。低コストにできるのは、自社運用の一番のメリットともいえるでしょう。

また、他の宣伝方法と比べても低コストで始められるというのは、SNSプロモーションの良いところです。

自社運用をすると、最低限の費用で運用できるので、そのメリットを最大限に活かすことができます。

ユーザーとの距離が近くなる

ユーザーとの距離が近くなる 広告とは違い、SNS上ならユーザーのリアルな声がダイレクトに届きます。

自社運用を行うと、より一層距離の近さを感じられることでしょう。

ただし、「ユーザーとの距離が近くなる」というのは運用代行をお願いした場合も、運用代行会社と丁寧な情報共有をすれば得られるメリットです。

・どんな方向性でツイートをするのか
・どんなリアクションが届いたのか把握する(報告してもらう)
・発信したい情報を、随時運用代行会社と共有しているか
上記をしっかり行おうとする運用代行会社であれば、プロの目線で運用してくれるので、ユーザーとの距離はどんどん近くなっていくでしょう。

SNSの運用は、企業が魅力あるコンテンツを提案すれば、ユーザーがいいねをして拡散してくれる可能性もありますし、使ってみて良かった商品がユーザーの口コミで広まり、売上に繋がることもあります。

自社運用する場合はユーザーへの発信をダイレクトに行えるので、ユーザーとの距離が近くなり、企業や商品のファンを増やすことにつなげられるでしょう。ただし、運用代行会社に頼んだ場合も、やり方次第でこのメリットを得ることはできます。

経験値が身につく

運用作業に直接携わることで、自社にノウハウが蓄積されていきます。

さまざまな失敗や成功を積み重ね、プロモーションを成功に導いていくことで、SNS運用の知識が会社にたまっていきます。

成功すれば、知識は大きな財産になるでしょう。

SNSを自社運用するデメリット

自社運用ということは、企業内の担当者が運用をおこなうということになります。

とはいえ、SNSを活用したプロモーション・分析については、ほとんどが素人の方でしょう。

自社運用をおこなう際のデメリットをご紹介します。

炎上する可能性がある

炎上する可能性がある ネット上の知識やマナーを守らなければ、ユーザーから批判も受けることもあります。

批判の原因は色々考えられますが、以下のようなケースがありえます。

・運用側の不適切な発言
・運用の誤動作によるもの
・事実と違う内容の投稿

拡散性の高いSNSは、良くも悪くも噂が一気に広まっていきます。

一度炎上すると信頼を損ねますので、情報の取り扱いには十分気をつける必要があります。

運用に時間が割かれる

自社運用の担当者は、他の兼任の業務がある方だと想定します。

その方がSNS運用に専念できることは難しいですし、逆にSNS運用にばかり時間や労力も拘束されて、生産性はよいと言えません。

そうなると本来やるべき業務が疎かになることも予想されます。

専門的知識が必要

プロモーションは、どんなコンテンツを発信するか内容も重要です。

発信している情報は、ユーザー目線で考えられていますか?

そのようなユーザーの深層心理をついた投稿をしなければいけません。

技術面でいうなら、SNSはアップデートするごとに仕様が変わる可能性があるので、その都度新しい機能に順応しなければいけないことも。

バグが起きた時や、いざという時に専門的な対応力も必要です。

SNS運用を代行会社に依頼するメリット

SNS運用を代行会社に依頼することには、どんなメリットがあるでしょうか。

運用のプロにお任せすることで得られるメリットをご紹介します。

SNS運用を全般管理してくれる

代行に依頼すると、以下のような業務を専任で引き受けてくれます。

ただし、代行会社によってサービス内容は違うので、その都度ご確認ください。

・SNS投稿代行
・ターゲット層の分析
・コメント返信
・画像編集
・アクセス解析
・コンテンツの企画・制作
・コメントの監視

以下、主要な3つを簡単に説明していきます。

・SNS投稿代行

ユーザーは有益のある情報、共感が持てるコンテンツにいいねや拡散をしたくなります。

しかし、何を発信すれば良いからわからないという企業が多いのも事実です。

そのような「ユーザーのニーズに応えたコンテンツ」を、代わりに考えて発信してくれます。

また、ユーザーを飽きさせないために、定期的な配信も可能です。

・ターゲット層の分析

投稿の反応や流れを見て分析し、効率よくターゲットに合った的確なアプローチができます。

・コメントの監視

コメントの監視 いいねやコメントの動きを常時監視するシステムを完備。

炎上の原因となる根拠のない悪い口コミやネガティブなコメントを、素早くキャッチし対応してくれます。

運用業務の中には投稿のほか、ユーザーへのコメント返信やファンの管理などやることは沢山です。

兼任の自社運用ではここまで動くことは難しいですよね。

戦略を立てて効率的に

手さぐりで活動するよりも、代行会社の経験と知識で効率的に進みます。

運用戦略作りからプロモーションまで、一緒に計画を立てて進めていきます。

狙うターゲットを絞り込み、その人達向けのアプローチを考えていきましょう。

まとめ

SNSの自社運用は、簡単に低コストで始められるのが良い点です。

しかし、結果がでるまでに時間もかかりますし、アプローチの仕方を間違えれば炎上というリスクも考えられます。

どんなアプローチをしていいかわからない、会社の売上に確実に繋げたいという方は、代行会社にご相談してみてはいかがでしょうか。

一度、代行に依頼してみて、分析・傾向がわかれば自社運用にシフトするというのも良い方法です。

NextStage:https://next-stage.biz/service/ではSNS運用のお手伝いも承っております。

お気軽にご相談ください。

企業SNSの運用代行は必要か 自社運用するメリット・デメリットとは