B!

今までと何が変わるのか? インスタがファクトチェックを強化

今までと何が変わるのか インスタがファクトチェックを強化
2019年、インスタグラムが、ファクトチェックを強化するテストを始めたと発表がありました。

ファクトチェックとは、フェイクニュースを判別するために行われるチェック方法のことで、今後はインスタグラムでもフェイクニュースの規制化が進むことが予想されます。

では、このファクトチェックを強化することで、今までとは何が変わるのでしょうか。

この記事では、今回強化されるファクトチェックにスポットを当てていきます。

ファクトチェックによって変化することもお伝えするので、参考になれば幸いです。

インスタがファクトチェックを強化することで何が変わる?

インスタがファクトチェックを強化することで何が変わる? 冒頭でもお伝えしたように、インスタグラムは、ファクトチェックを強化するテストを始めると発表しました。

インスタグラムでのファクトチェックは、画像認識AIを使ってフェイクニュースの画像であるかを判別していきます。

フェイクニュースと判断された画像は、削除されるのではなく拡散を抑えるというFacebookと同じ対処をします。

具体的には、フェイクニュースと判断されたリンクや画像は、投稿や「いいね」をしても他人のニュースフィードに配信されにくくなるのです。

その結果、フェイクニュースが一気に拡散される事態を防ぐことができると予想されています。

これにより、あなたのニュースフィードにも、フェイクニュースが配信されにくくなります。

また、仮にあなたの画像がフェイクニュースと判断されても、削除される心配はありません。

インスタがファクトチェックを強化する理由

インスタグラムがファクトチェックを強化する理由は、拡散されるフェイクニュースによる影響が強いためです。

たとえば2016年のアメリカ合衆国の大統領選挙。

「トランプ氏をローマ法王が支持した」「クリントン氏がテロ組織に武器を売却した」などのフェイクニュースがFacebookで広まり、大統領選挙が混乱しました。

2017年にも、仏大統領選挙で「移民問題」に関するフェイクニュースが出回り世論が混乱するような事件が起きています。

2016年のアメリカ合衆国の大統領選挙にいたっては、このフェイクニュースによりトランプ氏が大統領になったといわれるほどです。

この影響力の強さから、フェイクニュースが注目を浴びるきっかけになりました。

SNSのようなインターネットを用いたフェイクニュースは、非常に深刻な問題となっています。

インスタグラムも、この社会問題を解決しようと、ファクトチェックを強化するようになったのです。

インスタのファクトチェックがFacebookと異なる理由

インスタのファクトチェックがFacebookと異なる理由 Facebookもファクトチェックを行っているのだから、インスタグラムも同じ方法でファクトチェックをすればよいのではと考える人も少なくないでしょう。

Facebookがファクトチェックの強化テストを始めると発表したのは2018年の6月でしたので、インスタグラムはFacebookよりも1年も遅い強化テストであることがわかります。

では、なぜFacebookよりもインスタグラムのほうがファクトチェックの強化テストが遅くなったのでしょうか。

その理由のひとつは、Facebookは文章によるファクトチェックであるのに対して、インスタグラムは画像によるファクトチェックでが必要であるためです。

インスタグラムは画像や動画を投稿するSNSであるため、Facebookと同じような文章をファクトチェック方法では、フェイクニュースを見破れません。

画像をフェイクニュースであるかを判別するには、画像認識AIを使ってFacebookとは異なるファクトチェックをする必要があったのです。

今回のファクトチェックを強化するプログラムは、Facebookよりも踏み込んだものになるとPoynterが伝えていました。

Facebookが行っていた画像をファクトチェックする方法よりも、より精度が高いファクトチェックが可能となるのでしょう。

Facebookのファクトチェックは成功したのか?

今回はインスタグラムのファクトチェック強化の発表ですが、1年前に行われたFacebookのファクトチェック強化は、成功したのでしょうか。

結論から言うと、Facebookのファクトチェックは、成功したといえるでしょう。

14ヶ国にファクトチェックのプログラムを展開したところ、フェイクニュースが約80%も減少したという報告があったのです。

その後も14カ国より多くの国々に同様のプログラムを展開するという発表があったことから、80%以上の減少させることができたのでしょう。

Facebookでは、ファクトチェックを強化したことにより、フェイクニュースを減らすことに成功しました。

ファクトチェックの方法は異なりますが、インスタグラムでも同様の成果が期待されます。

まとめ

フェイクニュースはSNSやインターネットの拡散力を用いて、多くの人を混乱させています。

その影響具合は、アメリカ合衆国の大統領選挙に影響を及ぼすど強力です。

Facebookに続いて、今回はインスタグラムでもフェイクニュースの拡散を抑えるために、ファクトチェックの強化を発表しました。

これにより、文章だけではなく、画像におけるフェイクニュースも減少させられることが期待できます。

しかし、ファクトチェックを強化したとしても、フェイクニュースがなくなるわけではありません。

フェイクニュースに踊らされないためにも、ユーザーはネットリテラシーを高める必要がありそうです。

今までと何が変わるのか? インスタがファクトチェックを強化