B!

Instagram転載で著作権に違反するケースや著作権違反防止法をご紹介

SNSの定番となった写真共有アプリのインスタグラムで、他のユーザーの素敵な写真や動画を見つけて、シェアしたくなったことはありませんか?

別アプリのダウンロードが必要ですが、リポストという機能の登場により、Twitterで言うところのリツイートが可能になっています。しかし、そこで注意していただきたいのが著作権です。

多くの方に見てほしいという思いで他人が投稿した記事や写真を、さも自分が書いた記事のように転載する行為は違法です。

具体的に、どのような行為が著作権違反になるでしょうか。また、違法行為を見かけたらどのような対処をすれば良いか探っていきましょう。

著作権とは

それではよく耳にする著作権について、詳しく説明していきます。

著作権とは、知的財産権のひとつで「人間の思想・感情を創作的に表現したもの」を保護する権利です。

主に人が作った文学、学術、美術、音楽などが対象です。

インスタの投稿写真や動画、文章、動画の音楽なども著作物にあてはまります。

登録が必要な「特許」などとは違い、著作権を得るために特別な手続きなどはありません。

創造物を作った時点で、著作者に著作権は発生するのです。

そして、著作者の死後50年までは著作権が守られるようになっています。

著作権に違反した場合、著作権法第119条による懲役10年以下または1000万円以下の罰金が課せられます(併科もあります)。

法人が違反した場合(著作者人格権を除く)、3億円以下の罰金の可能性もあるので注意が必要です。

著作権に違反するケース

インスタではどのような行為が著作権侵害にあたるのでしょうか。起こりやすい事例をもとに説明していきます。

他人の投稿をスクリーンショットで撮って転載

他人の画像・文章をスクリーンショットして無断で投稿するのは、著作権侵害になりますので絶対に行ってはいけません。

転載せずにスクリーンショットして、個人の写真フォルダで楽しむくらいでしたら著作者侵害にはなりません。

プリントアウトして額に入れて飾る行為なども同様です。

また、著作権のないものを転載するのは問題ありません。

どうしても転載したい場合は、トラブル防止のために著作者に事前に許可を得ましょう。

ただし、承諾されることは少ないと思ってください。

他人の投稿を加工して転載

他人の投稿や画像をそのまま利用することは禁止でも、他人の画像を加工する、文章を少し変えて転載するなら良いだろうと考える方もいるでしょう。

著作権法第20条によると、「同一性保持権」という、著作者の意に反して著作物を改変されない権利があります。 これにより、オリジナルのものを少しアレンジして投稿することは違法です。

例えば、著作者が投稿した写真にスタンプを付けて加工し投稿するなど、著作権侵害に変わりはありません。

リポストアプリを使う

投稿を載せたい場合は、リポストを使うのが有効的です。

違法な転載と違うのは必ず引用元がわかるようになっていること。記事の画像右上に、リポストしたマークが出てきます。

このマークが、他人の投稿を引用したものだという印になっています。

引用元をはっきりさせることによって著作権の侵害を防げるのです。

しかし、引用だから良いだろうと考えて黙ってリポストする方もいます。

引用にも嫌悪感がある著作者も必ずいるでしょうし、こちらも著作者にリポストして良いか事前に確認をとるのがマナーです。

リポスト専用のアプリがありますので上手く活用してください。

インスタグラムの埋め込み機能を使う

ブログやまとめサイトでは、埋め込み機能をよく利用します。

特に、商品PRの記事にインスタ上の投稿が埋め込まれているのをよく見かけ、ユーザーのリアルな声を届けるツールとして企業にも貢献しています。

しかし、埋め込んだ元の投稿がもし著作権法に違反していたら注意が必要。

埋め込みの場合も、著作者に必ず許可をとることをおすすめします。

著作権違反対策

悪質な転載をさせないために、自分でできる対策もあります。違法を防ぐために少し工夫をしてみましょう。

著作権違反を防ぐ方法

・無断転載禁止の表記をいれる

あらかじめプロフィールに「無断転載禁止」という表記をしている方もいます。

または、文章の中に「♯無断転載禁止」というハッシュタグを添えて投稿する著作者も。

法的効果はないものの心理的には抑止力がありそうです。

引用も嫌であれば、その旨記載しておくといいでしょう。

・ウォーターマークを入れる

ウォーターマークとは、著作者のものであるという証明のマークです。

主に、写真の端などに小さく個人名や企業名が記されている薄い(透かし)マークになります。

写真をトリミングしにくい箇所に付けるのが良いでしょう。

今は、ウォーターマーク専用のアプリなどもあるので活用してみましょう。

・完全オリジナルな写真・動画・文章をアップする

一番安全なのは、やはりオリジナルです。

結局のところ、自分で撮った写真や動画を載せたほうが安心です。

もし他人の画像を使用したい場合は、フリーの音楽や素材画像を扱っているサイトもありますので、それを活用するのもひとつの手段です。

著作権違反を発見したら

もし、自分の投稿が不適切に転載されているのを発見したらどうしたら良いのでしょうか。

実際に違反者を発見し、個人的に問い合わせるのはなかなか勇気がいるものです。

最悪の場合、トラブルの原因にもなりかねません。

では、どのような対処をとるべきでしょうか。

インスタにも著作者侵害に対する対策があります。

・通報機能を利用する

インスタには投稿を通報する機能がついています。

(1)投稿の右下にある「...」の部分をタップ
(2)ポップアップが表示し、「報告する」をタップ
(3)「不適切である」をタップ
(4)「知的財産権の侵害」をタップ
(5)青いバナーの「詳しくはこちら」をタップ
(6)著作権の項目の青字の
「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」をタップ
(7)青字の「こちらのフォーム」をタップ
(8)ヘルプセンターが表示
(9)「著作権」と「商標」という項目が出てくる
(10)著作権をクリックして送信

・アカウントを報告する

違反者のアカウントを報告することもできます。

(1)プロフィール右上の「...」の部分をタップ
(2)ポップアップが表示し、「報告する」をタップ
(3)「不適切である」をタップ
(4)「このアカウントはInstagramコミュニティガイドラインに違反していると思う」をタップ
(5)アカウントを報告
(6)「無許可で私の著作物を投稿している可能性がある」をタップ
(7)著作権の項目の青字の「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」をタップ

以下、通報機能を利用するの(7)からの流れと同様です。

・直接違反者に問い合わせる

インスタには報告せずに、違反者に直接メッセージをしてみる方法です。

無断転載した記事を削除するようになど、あなたの要望を伝えてみましょう。

しかし、直接聞き入れてくれるとも限りません。

冒頭でも述べたようトラブルにもなりかねませんので、慎重にメッセージを送りましょう。

上記報告が完了したら、インスタグラムから違反者にメッセージで注意勧告が届きます。

一度は警告だけで済みます。

しかし、悪質行為が続けばアカウント停止はもちろん、刑罰が下される可能性があります。また、民事上の責任を問われる可能性もあります。

まとめ

著作権侵害は軽はずみな気持ちから、違法行為を働いていたというケースもあります。

悪意はなくても、知らなかったでは済まされません。

アカウント停止で済めば良いことですが、常習化すると民事上・刑事上の責任を問われることにもなりかねません。

著作権を正しく理解して、楽しくインスタを活用しましょう。
Instagram転載で著作権に違反するケースや著作権違反防止法をご紹介
5 (100%) 1 vote