B!

Instagramの広告の出し方を徹底解説 種類や費用、注意点は

Instagramで通販をするメリットとは 注意点は
Instagramは世界でのアクティブユーザーが、4億人を突破し、日本のユーザーも右肩上がりで倍増していて、920万人(2015年9月時点)を超えています。

これだけ巨大なマーケットになると、企業側としても広告を含めた営業戦略の構築が必要です。

しかし、流行っているから今更聞けないという方のために、企業の規模に関係なく低予算で広告の配信完了までをわかりやすく説明していきます。

Instagram広告を出す前の準備

Instagramに広告掲載をする際に必要なものが3つあります。

・Facebookページ
・広告費の支払い方法
・広告宣伝用の素材
それぞれ以下に解説いたします。

Facebookページの作成

現行の仕様では、Instagramのビジネス用のアカウントのみでは、Instagram広告を出すことはできません。

Instagramのビジネス用アカウントを作成していなくても、Facebookページがあれば、広告を出すことができます。

「Facebookページ作成時に準備するもの」が公式サイトに載っていますので、以下に載せておきます。

・個人用Facebookプロフィール
・ビジネスに関する情報
・Facebookページへの定期投稿/日時指定投稿
・Facebookページの管理
・達成するゴール

参考元:Facebookページ作成時に準備するもの

広告費の支払い方法

広告費の支払い方法 広告費の支払いをする際には、以下の4つです。

・クレジットカード(American Express、Mastercard、Visa、JCB)
・デビットカード
・PayPal
・オンライン銀行振込
※なお支払い方法に関しては、Instagramが仕様変更をする場合もある為、登録時にしっかり内容確認することをおススメします。

参考元:Facebook広告を使用時の支払い手段

広告の素材

配信可能な広告用フォーマットは、4種類です。

画像:良質のビジュアルによってWEBサイトやアプリに誘導が可能です。
カルーセル:一つの広告で画像や動画は10個掲載可、別リンク添付ができます。
動画:最も人の関心や興味を引くことが出来る優良コンテンツです。
ストーリーズ:パラパラ漫画形式で、写真・動画・ライブ配信が可能です

Instagram広告の出し方と流れ

広告の目的・ターゲットの設定

広告の目的・ターゲットの確定 広告目的とは、あなたが多くの人に知って欲しいために流す情報(いいね!を増やす、クーポン配布等)と、資料の請求、お問合せ、会員登録といった成果になったものをコンバージョンと呼ばれていて二種類が上げられます。

今回は、コンバージョンを上げる為の説明です。

次にターゲットの設定ですが、閲覧者が本当に欲しい情報でなければ、広告自体が煩わしいものになってしまいます。

あなたが過去に商品・サービスを販売した際に、購入または、興味関心を持っている顧客層にアプローチできるのが、カスタムオーディエンスと呼ばれるユーザーを限定して配信ができるサービスです。

予算と掲載期間、配置の設定

配置の設定では、広告が掲載される場所を指定することが可能です。

WEB上で配信したくない場所や、SNSを限定したい場合は、チェックボックスを活用すれば、思い通りに配信することが可能です。

予算は、2種類に分けられます。

1日掛けられる予算と、何日から何日までという期間ごとに予算を決められる設定があります。

※広告のコンバージョンの契約をした際には、データを数値化するためにウェブサイトにJavaScriptコードを設置する事になります。

Facebookピクセルと呼ばれている機能です。

主な機能としては、コンバージョンのアクションを起こしてくれそうな人に広告配信が可能です。

また、閲覧者が興味関心を持ってサイトにアクセスしている場合に、その人だけに広告配信をすることもできます。

広告の作成

広告の設定画面が出てきますので、右下の「実行する」をクリックします。

すると、エラーメッセージが表示されますので、文中にある「支払い方法を追加」をクリックします。

お好みの支払い方法を選択して、登録をすると完了です。

Instagram広告を出す際の注意点

広告出稿の目的を明確に

どんなビジネスにも関係してきますが、目的が明確でないと初めて行った土地に地図がない状態で行くのと同じくらい無謀です。

正しく目的を設定することができれば、途中で失敗してやり直しということも無くなります。

※広告の目的が明確になっていても、ストーリーズ広告に関しては目的外のものは使用できないケースもあります。

ストーリーズ広告を掲載する前に、しっかり確認をしておきましょう。

広告ポリシーの確認

Instagram広告・Facebook広告は、配信においてポリシーやルールが存在しています。

コンテンツによっては、配信自体が禁止対象になっている広告や、配信するための制限が設定されている広告は要注意です。

画像内のテキスト量

画像内テキスト量 広告配信する画像内のテキストは、減らすことをおススメします。

テキストを減らす理由は、広告全体の配信数に影響が出るためです。

テキスト量が多くなると、広告自体が配信されない可能性があり、配信する際には注意が必要です。

広告配信予定の、画像内テキスト量がチェックできる公式ツールがあります。

配信予定の画像をサイトにアップロードすると、画像のテキスト量が適正かどうかを判定してくれます。

まとめ

Instagramでの広告の出し方・注意点をまとめると、以下の通りです。

・Instagram広告は、Facebook広告の管理画面からの配信です。
・Instagram広告を出す場合は、Facebookページの作成と広告素材を準備して、広告費の支払い方法を決めます。
・Instagram広告とFacebook広告では、広告の目的が異なるため選択できる内容も違ってきます。
・広告ポリシーと画像内のテキスト量に注意が必要です。
設定作業は、長いため大変だと感じることもありますが、1度やってみるとすぐに慣れるため大丈夫です。

注意すべき点に気を付けて、広告を出稿してみましょう。
Instagramの広告の出し方を徹底解説 種類や費用、注意点は
4.2 (83.33%) 6 votes