B!

明日から差が付くインスタ投稿 美味しそうなブツ撮り方法のコツとは

明日から差が付くインスタ投稿 美味しそうなブツ撮り方法のコツとは
「オシャレなブツ撮り写真を撮りたい」

「美味しそうなブツ撮りを撮りたい」

あなたはオシャレで美味しそうなブツ撮りをとりたいと思ったことはありませんか?

その悩みは、ブツ撮り方法のコツを実践することで解消するかもしれません。

この記事では、オシャレで美味しそうなブツ撮り方法のコツを紹介しています。

ブツ撮りするときにそろえておきたい道具もあわせて紹介するので、参考になれば幸いです。

インスタで使える一般的な美しいブツ撮り方法のコツ

以下では、ブツ撮りの一般的なコツを紹介していきます。

食べ物だけではなく小物や衣服などにも使えるコツなので、お試しください。

真上から撮る

ブツ撮りをするのなら真上から撮るのが基本です。

真上から撮ることで、被写体以外のアイテムが写りません。

その結果アイテムに焦点が当たるため、すっきりとした写真に仕上がります。

また、真上から撮ると統一したフレームや距離感の写真になります。

インスタグラムで投稿する写真は統一した世界観が重視されるので、フレームや距離感を統一させるためにも真上から撮るようにしましょう。

整った被写体を撮る

美しくブツ撮りをしたいのなら、アイテムを整列させてから撮るのが基本です。

長い順に並べたり、被写体を四角形になるように整えたりすると、美しいブツ撮り写真に仕上がります。

特に小物を撮影する場合は被写体が整列されていないと、ごちゃごちゃした印象を与えてユーザーが不快に感じてしまいます。

これでは「いいね」や「コメント」などのリアクションがもらえず、フォロワーが増えにくいです。

そのため、小物のような複数の被写体を撮影するときは、被写体を整えてから撮るようにしましょう。

ラフな被写体を撮る

上記では、被写体を整えることが基本であるということを紹介しました。

その応用として、ラフな被写体を撮るテクニックもあります。

たとえば、衣服を撮影するとき。

衣服を整えてから撮影しても良いのですが、それではフレームに収まらなかったり、どこか野暮ったい印象を与えてしまったりします。

そんなときは、衣服を少し崩してから撮影するだけで、おしゃれな写真に様変わりします。

しかし、ラフな被写体を撮るといっても、シワを着けないようにしましょう。

シワがあると古臭い・汚らしいといった印象を与えかねません。

ラフ風に撮ることが重要なので、被写体はきれいなアイテムを使ってください。

美味しそうなブツ撮り写真を撮るコツ

以下では、美味しそうな写真を撮るコツを紹介していきます。

すぐにでも実践できるので、ぜひとも挑戦してみてください。

自然光で撮る

食べ物をブツ撮りするときは、自然光を利用するようにしましょう。

自然光を使うだけで、くっきりとした影や自然な色合いがある写真が撮れます。

というのも、写真では照明が非常に重要な要素です。

プロの写真家が使うアイテムのほとんどが照明に関する道具であると言われるほど、写真撮影では照明が重要視されています。

プロでも照明には複数のアイテムを使うのに対して、素人のインスタグラマーは照明の道具も照明に関するノウハウも持っていません。

そのため、素人が自然光以外の照明を使おうとすると、影の強弱の調整ができないだけではなく、美味しそうに感じられない色合いの写真になってしまうのです。

しかし、自然光を使うことで新鮮そうな食べ物の色合いや影の強弱が表現できます。

自然光に照らして撮るだけで美味しそうな写真になるので、お試しください。

斜め45度から撮る

小物や衣服が被写体の写真は真上から撮るのが基本でした。

しかし、食べ物の写真は斜め45度から撮ることがコツとして広く知られています。

斜め45度から撮る写真は真上から撮る写真に比べて、立体感を表現できます。

また、普段食べ物を見る角度も斜め45度のため、見慣れた風景でリアルティを持たせられるのです。

非常に簡単にできる工夫なので、食べ物の写真が美味しそうに撮れないと感じたのなら、斜め45度から撮ることを心がけてみてはいかがでしょうか。

料理に近い位置で撮る

料理の写真を撮るときは、近い位置から撮るようにしましょう。

近い位置から撮ることで、ピントがあっている部分が一層引き立つためです。

特に料理の写真は料理以外のアイテムや背景が写ってしまうと、ごちゃごちゃした写真という印象を与えてしまいかねません。

その点、料理に近い位置で撮れば他に余計なものが写らないので、料理を強く引き立たせられます。

ピント調整が難しいですが夜間でも使えるテクニックなので、ぜひともお試しください。

湯気や水滴を使う

難易度は高いですが、湯気や水滴を使った撮影方法があります。

たとえば、ただ肉を撮るのではなく湯気が出ている熱々な肉を撮ったり、ただトマトを撮るのではなく霧吹きを吹きかけたみずみずしいトマトを撮るなど。

湯気や水滴を使うことで、臨場感や新鮮さが伝わる写真が撮れるのです。

これを使いこなすことであなたオリジナルの写真が撮れますので、挑戦してみてください。

ブツ撮りをインスタで投稿するために用意したい道具

以下では、ブツ撮りをするときに用意しておきたい道具を紹介していきます。

低価格な道具ですので、オシャレで美味しそう写真を撮るのなら、用意するようにしましょう。

シーツやシート

ブツ撮りでは、被写体と同じぐらい背景も重要視されています。

単にテーブルの上で撮影するよりも、白いシーツの上で撮影したほうが被写体が引き立つからです。

こういった背景にはシーツやメイクシートの使用がおすすめです。

100円から購入できて、さまざまなトーンや色のシーツやメイクシートがあるので、ブツ撮りをするのなら用意しておきましょう。

写真加工アプリを使う

写真加工アプリを使うことで、プロが撮ったかのような写真にすることができます。

たとえば、ぼかしを入れるだけでも、プロっぽい仕上がりになるのです。

ほかにも、フィルターを設定したり明るさを調整したり、さまざまな加工ができます。

写真加工技術を極めれば、プロのような撮影技術がなくとも、見劣りしない写真をインスタグラムで投稿できるでしょう。

写真加工アプリは無料のものから有料のものまであるので、調べてみることをおすすめします。

写真加工アプリ

ブツ撮りを使いこなしてオシャレで美味しそうなインスタアカウントに

ブツ撮りは小物や食べ物を撮影するだけですが、背景、撮影角度や被写体との遠近感など、考慮することがたくさんあります。

そのため、オシャレで美味しそうな写真を撮ることは難しく、人気アカウントのような写真はなかなか撮れないかもしれません。

しかし、この記事で紹介したことを実践すれば、すぐにでもワンランク上のオシャレで美味しそうな写真が撮れるようになります。

ちょっとした工夫で全く異なった写真になるので、ぜひともお試しください。

明日から差が付くインスタ投稿 美味しそうなブツ撮り方法のコツとは