B!

効果的な文章でフォロワーを増やすインスタキャプションの書き方

効果的な文章でフォロワーを増やすインスタキャプションの書き方
「インスタグラムって文章も大事なの?」「どのようなキャプションを書けば、ユーザー受けする?」

あなたは、このようなインスタグラムのキャプションの書き方に関する悩みを抱いていませんか?

この記事では、インスタグラムのキャプションに関する文章テクニックや気を付けるポイントについて解説しています。

文章は、フォロワーを増やすためのツールです。

しかし、書き方を間違えると、炎上の原因にもなりかねません。

文章の内容

フォロワーに有益な情報を発信する

インスタグラムでは、フォロワーに有益な情報の文章が喜ばれやすい傾向にあります。

フォロワーは、自分に有益な情報を提供する投稿者をフォローする傾向にあるからです。

具体的には、たとえば「飲食店の情報」や「おすすめスポットの注意点」など。

画像だけでは伝わらないお得な情報がよいでしょう。

しかし、統一性のない情報では、有益であってもフォロワーが増えにくいです。

ユーザーは「この人からなら、○○の情報が発信される」と期待してフォローします。

そのため、有益な情報を文章で発信する場合も、統一感のある発信のほうが好まれやすいです。

直接的な宣伝を避ける

避けたい文章のひとつに、直接的な宣伝文があります。

直接的な宣伝文は、宣伝色の強い投稿になるため、ユーザーに好まれにくいからです。

宣伝をするのなら、宣伝色が弱い、間接的な宣伝をすることをおすすめします。

間接的な宣伝文とは、宣伝に焦点を当てない文章のことです。

宣伝を間接的に文章で表現することで、宣伝のように感じにくくなります。

たとえば「上質サーロインステーキを本日限定販売」という文章で解説します。

この文章では、サーロインステーキの売り込みでしかないので、ユーザーの関心を引きつけられません。

それでは、「上質サーロインステーキ、本日入荷! 試食で聞けるお客様の『美味しい』という声が今から楽しみです!!」ならどうでしょうか。

サーロインステーキの販売ではなく、試食会のお客様反応が楽しみということに焦点を当たります。

これなら、宣伝ではなく、あなたの日常を投稿していると認識されるでしょう。

このように、宣伝するのなら、宣伝以外のことに焦点が当たる間接的な宣伝文をおすすめします。

テンションを統一する

インスタグラムでの文章は、テンションを統一することをおすすめします。

文章のテンションは、世界観を壊す要因だからです。

インスタグラムは、テーマや世界観に統一感のあるアカウントが、ユーザーに好まれやすい傾向にあります。

そのため、フォロワーを増やすには、テーマや世界観に統一する必要があるのです。

しかし、テンションが異なる投稿をすると、アカウントの統一性が欠けてしまいます。

せっかく作り上げた世界観が崩れてしまうでしょう。

たとえば、絵文字が多い文章になったり、とても冷たい文章になったり。

このようなテンションが異なる文章では、世界観が安定されず、どんなに投稿をしても、フォロワーがなかなか増えないでしょう。

ユーザーに好まれる文章にするためにも、テンションを統一することが必要です。

そうしなければ、どんなに世界観を作り上げても、不安定な世界観となってしまいます。

文章の書き方

適度に改行する

適度に改行する 読まれやすい文章にするには、適度に改行することが必要です。

改行をしないと、一目で理解しにくい文章となってしまいます。

しかし、インスタグラムの機能では、改行ができません。

そのため、「改行くん」というアプリを使って改行をしましょう。

「改行くん」を使って改行するには、改行くん内で作成した文章をコピーしてインスタグラムにペーストするだけで、インスタグラムの文章を改行することができます。

もし、「改行くん」を使わない場合は、“[]”や“.”を使うとよいでしょう。

これらを使うことで、メリハリが付いた読みやすい文章になります。

(App Store 改行くん)

難しい漢字はひらがなにする

難しい漢字を使わないだけでも、文章は読みやすくなります。

具体的には、「幾つ」を「いくつ」に「所謂」を「いわゆる」にするなどのようにひらがなに変換するだけで、文章を読むのにストレスがかからなくなります。

そもそも、漢字とひらがなの割合は、「3:7」が適切ですが、スマートフォンやパソコンで入力すると、何でも漢字変換してしまいます。

その結果、漢字が多い文章になってしまうのです。

そのため、難しい漢字は、できるかぎりひらがなで書くとよいでしょう。

小学生高学年でもわかる文章レベルなら、ストレスのかかりにくい程よい文章となります。

ハッシュタグを有効活用する

ハッシュタグを有効活用する ハッシュタグの付け方を工夫することで、ハッシュタグをより効果的に使えます。

ハッシュタグとは、インスタグラムの検索方法のひとつです。

ハッシュタグを付けることで、検索流入に期待できます。

基本的にはこのハッシュタグは、単語を文末で付けるものです。

しかし、ハッシュタグの付け方を変えると、見やすくなったり、ハッシュタグを目立たせたりできます。

最近のハッシュタグの付け方には、文章に挿入する方法と、ハッシュタグを文章にして文末に付ける方法があります。

文章ハッシュタグを挿入する方法で得られる効果は、文章自体を読ませる効果とハッシュタグを目立たせる効果です。

これにより、ハッシュタグをより見やすくし、すべてのハッシュタグが読まれやすくなります。

ハッシュタグを文章にして文末に付ける方法では、本文とは違う質感の文章が書けるでしょう。

たとえば、本文では真実を書き、ハッシュタグでは感想を書くなどです。

ふたつの文章を書くことで情報量が増え、よりユニークな投稿となるでしょう。

このように、ハッシュタグの付け方を工夫すれば、ハッシュタグをより効果的に使えます。

検索流入の効果だけではなく、ハッシュタグ自体に新たな役割を与えられるのです。

文体のルールを決めておく

文体のルールを決めておくことも、忘れないようにしましょう。

ひとつのアカウントで同一の人が投稿しているほうが、ユーザーの信用が得やすいからです。

複数の人が同じアカウントを運用することの多い企業では、特に重要となるでしょう。

文体のルールとは、文章を書く上で守るべきものです。

これを決めることで、複数人でアカウントを運用しても、同じ文章のテイストになります。

たとえば、以下のことをルールとして決めるとよいでしょう。

・漢字とひらがなの使い分け
・顔文字、絵文字の量
・語尾について
・文章のテンション
・ハッシュタグの使い方

これらのルールを決めておけば、同一の人が書いたような文章となります。

安定した投稿になるので、世界観を崩すことがないでしょう。

炎上を防ぐためのポイント

炎上を防ぐためのポイント 炎上を防ぐために注意しなければならないことがあります。

たとえば、以下のことはできるかぎりルール化しておきましょう。

・威圧的な文章を書かない
・批判的な内容は書かない
・セクハラ・モラハラと捉えられない文章にする
・ユーザーに共感されやすい文章にする

上記のようなことをルール化すれば、ユーザーが批判しにくい投稿になり、炎上されにくい投稿となり、安心して投稿できるようになるでしょう。

投稿が炎上することは、企業にとってはマイナス効果です。

ブランドイメージを低下させる要因となり、顧客離れを招く恐れがあります。

顧客離れではなく、企業のファンを増やすために、炎上には十分注意する必要があるでしょう。

まとめ

インスタグラムは、文章に気を付けることでフォロワーを増やせます。

これは、視覚で楽しむことが特徴のインスタグラムでも、他のSNSアプリと同様です。

文章によっては、炎上の原因にも、ファン増加の要因にもなります。

そのため、ファンを増やすために運用しているのなら、より慎重に文章を作成することが必要です。

特に、企業用アカウントでの炎上は避けるべきものです。

炎上させないためのルール化や誰でも読みやすい文章にする工夫が必要になります。

インスタグラム担当者は、ユーザーに不信感を与えずに、より有益な情報を発信する工夫が求められそうです。
効果的な文章でフォロワーを増やすインスタキャプションの書き方