B!

クイック返信で素早くDMに対応!インスタを運用するなら知っておくべき

クイック返信で素早くDMに対応!インスタを運用するなら知っておくべき
インスタグラムのクイック返信という機能をご存じですか?

クイック返信とはインスタグラムのDM(ダイレクトメール)機能に定型文を登録し、登録した定型文を利用することで素早く返信することができる機能のことです。

クイック返信は、2018年後半からインスタグラムに実装された機能です。

日頃から多くの問い合わせに対応する必要がある企業アカウントの担当者にとって、クイック返信機能は非常にありがたい機能であるといえます。

・インスタグラムのクイック返信とはどのような機能か
・クイック返信の使い方と設定方法を知りたい
・自社インスタグラムアカウントでクイック返信が使えない時の対処法は?

この記事を読むことで、これらの疑問が解決することでしょう。

企業のインスタグラムを運用している方はぜひ一読し、便利なクイック返信機能の導入を検討してみてください。

インスタグラムのクイック返信とは

クイック返信機能とはインスタグラムのDMに返信する文面をテンプレートとして登録し、登録した文面を選択するだけで返信することができる新機能です。

企業アカウントを運営していると、日々多数の問い合わせがきます。

問い合わせのDMに、一つひとつ返信をするには時間と労力が必要です。

ここでは、素早く返信することができるクイック返信についてお伝えします。

インスタグラムのDMで素早く返信できる新機能

クイック返信はインスタグラムのDMを利用する際、定型文を登録することで素早く返信することができる新機能のことです。

あらかじめ、決められた定型文をいくつか登録しておきます。

DMでの問い合わせや依頼に対し、登録している定型文から適したテキストを選ぶことでスピーディーに対処することが可能になりました。

クイック返信はどんな時に使用するのか

クイック返信で対応できるDMの内容として、以下のようなケースが想定できます。

・新商品の販売日に関する問い合わせ
・イベント情報に関する問い合わせ
・資料請求
・よくある質問に対する回答
・感謝のメッセージ

以上は一例ですが、DMに届く内容から使用頻度の高いメッセージをテンプレートとして登録しておくとスムーズに返信することができます。

自社商品に興味を持っているユーザーに対し、素早くレスポンスをすることで好印象を持たれることが期待できるでしょう。

大きな企業であればあるほど、一個人に対して真摯に向き合っている姿勢を見せることもできます。

インスタグラムのクイック返信の使い方を解説

全てのインスタグラムユーザーがクイック返信を使えるわけではありません。

クイック返信を利用するためにはビジネスアカウントへの切り替えが必要です。

ビジネスアカウントに設定した後、定型文を設定していきます。

ここでは具体的なクイック返信機能の使用方法をお伝えします。

ビジネスアカウントへの切り替え

クイック返信を使用するためには、インスタグラムのアカウントがビジネスアカウントであることが条件です。

ビジネスアカウントの設定方法を紹介します。

(1)設定画面(歯車アイコン)を選択
(2)「アカウント」を選択
(3)「ビジネスアカウントに切り替える」を選択

この3ステップでビジネスアカウントに切り替えることができます。

ビジネスアカウントに変更されたら、DMのメッセージ送信画面に吹き出しに「…」とかかれたアイコンが表示されます。

このアイコンがクイック返信用のアイコンです。

テンプレートの設定方法

次に返信用のテンプレートを設定する方法をお伝えします。

(1)DM送信ページをひらく
(2)吹き出しに「…」とかかれたクイック返信用アイコンをタップする
(3)「新しいクイック返信」をタップ
(4)クイック返信のテンプレートを作成するページがでてくるので、メッセージを入力する

以上がクイック返信のテンプレートを登録する方法です。

使用頻度が高い文章をテンプレートとしていくつか設定しておくことをおすすめします。

クイック返信を使ったDM送信の方法

登録したテンプレートを実際にDMで使う方法をお伝えします。

(1)DMのページを開き、吹き出しに「…」とかかれたアイコンをタップする
(2)登録したテンプレートが一覧で表示される
(3)使用する文章をタップする

以上の3ステップで簡単にクイック返信を使うことができます。

自社の製品やサービスに興味をもってくれたユーザーに対し、ひとつずつ返信をすることは時間がかかるもの。

誠意をこめて文章を入力しようとすると、なおさら時間が必要です。

クイック返信を使うことで、問い合わせをしてくれたユーザーに対しスムーズにかつ素早くレスポンスをすることができます。

クイック返信が使えない場合

インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントに変更したけれどクイック返信が使えない場合、どのような原因があるのでしょうか。

インスタグラムに新機能が実装される時、ユーザーによって反映されるまでにタイムラグが生じる場合があります。

これまでDMを使ってきたユーザーからクイック返信が使えるようになっているという話も挙がっています。

自社のアカウントに新機能が反映されるまで待つ必要があるかもしれません。

こまめにアップデートを確認し、自社アカウントにクイック返信機能が反映されるまで待ってみてください。

インスタグラムのクイック返信のまとめ

インスタグラムの企業アカウントを運営していると、問い合わせのDM対応に時間をとられてしまい他の業務に支障が出てしまう場合があります。

新機能であるクイック返信を使うことで、DMに対する返信のスピードが格段にアップすることは間違いありません。

問い合わせのDMを送るユーザーは、自社の商品やサービスに興味を持ってくれている人です。

素早いレスポンスにより、自社に対する印象が上がる可能性があります。

お客様に対する印象をさらに上げるため、また業務の効率化のためにクイック返信の利用をぜひ検討してみてください。

インスタグラムを含むSNSの運営に不安や疑問をお持ちの方は、ネクストステージまでご相談ください。

クイック返信で素早くDMに対応!インスタを運用するなら知っておくべき