B!

インスタの拡散力は本当に低い!?その理由と投稿を拡散する方法を紹介

インスタの情報拡散力は低かった その理由と拡散させる方法とは
インスタグラムは情報の拡散力が低いということを聞いたことはありませんか?

多くのSNSはユーザー間の交流を活発にするため、非常に拡散力が高い傾向にあります。

場合によっては、1日で数10万人もの人に情報が届くでしょう。

しかし、インスタグラムは比較的に情報の拡散力が低いとされています。

他のSNSのようになかなか情報が拡散されないと感じた経験がある人は少なくないでしょう。

そこでこの記事では、インスタグラムの情報拡散力にスポットを当ててみました。

拡散力が低い理由や拡散力の高め方を紹介しているので、インスタグラムアカウント運用の参考になれば幸いです。

インスタは拡散力が低い理由

インスタグラムは、他のSNSと比べて拡散力が低いと言われています。

その理由はいくつかありますが、もっとも拡散力が低いことに影響しているのは以下の2点でしょう。

・シェア機能がない
・フォロー相手の投稿しかタイムラインには表示されない

この2点の仕様により、インスタグラムの拡散力が低くなっていると考えられます。

以下でそれぞれ解説していきます。

シェア機能がない

シェア機能がない シェア機能とは、他人の投稿を自分のフォロワーに教える機能です。

シェアすることで、シェアした人のフォロワーのタイムラインにシェアされた人の投稿が流れます。

その結果シェアされた人数に比例して爆発的な拡散力が期待できるのです。

しかし、インスタグラムにはシェア機能がありません。

他人の投稿をフォロワーに教える術がないので、ひとつの投稿を拡散することは非常に困難です。

ですが、外部アプリを利用すれば、シェア機能に似たリポストが使えます。

リポストすれば多くのユーザーに投稿を拡散できるので、拡散させたい投稿がある場合はリポスト用のアプリを利用するとよいでしょう。

(リポスト別記事:気に入ったInstagramをリポストする方法とマナーを徹底解説)

(リポスト別記事:インスタグラムでフィーチャーされる手順は? リポストでお礼)

フォロー相手の投稿しかタイムラインには表示されない

インスタグラムのタイムラインには、フォローしているユーザーの投稿しか表示されません。

フォローしている人以外の情報が拡散されにくい仕様です。

というのも、ツイッターのような他のSNSではフォローしているユーザーが「いいね」や「シェア」をしたら、フォロワーにもその投稿が表示されます。

「いいね」や「シェア」の数だけ投稿が表示されるユーザーが増えるので、すごい勢いで投稿が拡散されるのです。

しかし、インスタグラムでは「いいね」をしてもフォロワーにその投稿内容が伝わりません。

シェア機能もないので、情報を拡散することが非常に難しいです。

フォローしているユーザーの投稿か、検索した画像しか見られないので、インスタグラムは情報拡散力が非常に低いと言えるでしょう。

インスタの拡散力を向上させる方法

1章ではインスタグラムの情報拡散力が低いことを説明しました。

しかし、以下の対策をおこなえば、インスタグラムでも情報拡散力を向上させられます。

・ハッシュタグ検索を活用する
・リポスト用の外部アプリを使う
・他のsnsと連動させる

それぞれ解説していくので、参考にしてください。

ハッシュタグ検索を活用する

インスタには公式にシェア機能が無いとお伝えしましたが、フォロワー以外にも自身の投稿を露出させる方法が1つあります。

それはハッシュタグを利用する方法です。

ハッシュタグは「#○○」といった形で、#以降に投稿の特徴を表す単語をタグ付けしてキャプションに設定すると、そのハッシュタグで検索を行ったユーザーに対して自身の投稿を表示させることができるのです。

例えばプチプラコーデを紹介した投稿をアップした際に、キャプションに「#プチプラコーデ」というハッシュタグを設定した場合、このタグで検索したユーザーに対して、投稿を見てもらえる可能性があるのです。

インスタユーザーの多くはハッシュタグ検索で目的の投稿を探しており、好みとマッチするアカウントの場合、投稿からフォローしてもらえるケースも少なくありません。

また、インスタにはハッシュタグ自体をフォローしてタイムラインに表示させる機能もあるため、投稿をフォロワーでないユーザーにまで拡散させたい場合に、ハッシュタグを活用しない手はありません。

ただし、ハッシュタグは闇雲に設定すれば良いという訳ではありません。

効率よく投稿をユーザーに拡散させるためには、以下の様なポイントを意識してハッシュタグを活用してみてください。

・1つの投稿にハッシュタグを10個以上つける

ハッシュタグは最大で30個まで設定することができます。

なるべく多くのユーザーに届けるため、1つの投稿に対して10個以上設定するようにしましょう。

・スモールワールド、ミドルワード、ビッグワードをバランス良く盛り込む

多くの投稿にタグ付けされているビッグワードのハッシュタグは、それだけライバルも多いため表示されるのが難しくなるため、投稿件数の少ないスモールワードやミドルワードも抑えるようにしましょう。

また、ビッグワードであればあるほど、ターゲティングはゆるくなるため、例えばプチプラコーデであっても、
ターゲットが40代~の場合「#プチプラコーデアラフォー」「#プチプラコーデママファッション」など、絞り込んであげると良いでしょう。

投稿件数はインスタアプリの検索画面に実際にタグを入力することで確認することができます。

その際に一緒に関連ワードもサジェストで表示してくれるので、タグ探しの参考にしてください。

タグの付け方が分からない場合には、同じジャンルのインフルエンサーの投稿を参考にしてみてください。

フォロワーが多いインフルエンサーはほぼ例外なくハッシュタグの使い方が上手なので、どんな投稿にはどんなハッシュタグをつければ良いのか、ヒントをたくさん得ることができるでしょう。

リポスト用の外部アプリを使う

リポスト用の外部アプリを使うことでも、インスタグラムでの拡散力を高められます。

リポストとは、他のSNSで言うところのシェアと同じような機能です。

他人の投稿を自分のアカウントで投稿するので、フォロワーに拡散することができます。

しかし、シェア機能とは異なり、リポストではリポストされたユーザーの名前が表示されません。

他人の投稿ではなく、自分の投稿に見せかけて拡散することも可能になっているのです。

これはやってはいけない行為として広く知られているので、絶対に他人の投稿を転用しないようにしましょう。

他のsnsと連動させる

インスタグラムの拡散力を向上させるには、SNSとインスタグラムを連動させる方法があります。

インスタグラム内では拡散できませんが、他のSNSで拡散されればあなたの投稿をより多くのユーザーに見られるでしょう。

Facebook、ツイッターやミクシィなど多くのSNSにシェアできるので、複数のアカウントを運用しているのなら、積極的に使っていくことをおすすめします。

他のSNSと連動させるには、以下の操作をおこなってください。

1.設定内の「アカウント」タップする
2.アカウント内の「リンク済みアカウント」をタップする
3.連動させたいSNSをタップする
4.ログイン画面でIDとパスワードと入力する

他のsnsと連動させる 他のsnsと連動させる2 以上でインスタグラムと他のSNSが連動します。

インスタグラムの投稿を他のSNSでシェアする場合は、以下の操作をおこないましょう。

1.シェアしたい画像の右上にある「…」をタップする
2.「シェア」をタップする
3.投稿をシェアしたいSNSの横をタップしてONにする
4.右上にあるシェアをタップする

以上の操作で、インスタグラムでの投稿内容を他のSNSでシェアできます。

非常に簡単なので、ぜひともお試しください。

他のSNSとの相乗効果を狙う

他のSNSの運用も行っている場合には、連携させて自動投稿するだけでなく、他のSNSからInstagramにシェアする方法もおすすめです。

例えばインスタと並行してTwitterの運用も行っているとしましょう。

インスタは純粋なコンテンツ勝負であるのに対し、Twitterはリツイート機能によって非常に拡散性が高いため、様々な方法でフォロワーを増やすことができます。

例えば何かのツイートがバズった際に、「インスタでも情報発信しています。」というツイートをバズったツイートにリプライでぶら下げれば、多くのユーザーをインスタのプロフィールページに流せるチャンスです。

また、アカウントが既に育っている場合、テキストベースでの発信が適した情報はTwitterで発信し、「説明画像」や「実際に使っている動画」などはインスタの方にポストしたのでチェックしてみてくださいといった形で使い分け、誘導をかけるというような方法も有効です。

インスタ、Twitter、Facebookといった大手のSNSは利用者数がそれぞれ3000~4000万人程度もいるため、複数のSNSを併用しているケースは珍しくありません。

インスタは投稿にURLを貼れないため、他のSNSへの誘導には向きませんが、Twitterなどはプロフィールにもツイートにも自由にリンクの設定ができるため、
Twitterでコンテンツの拡散やフォロワーの誘導を行うなど、アイデアと使い方次第でインスタとうまく相乗効果を発揮し、投稿を拡散することが可能です。

インスタの拡散力は工夫すれば高められる

インスタグラムの拡散力は確かに低いです。

しかし、他のSNSと連動させたり検索流入を増やしたりすることで、拡散力を高められます。

インスタグラムで多くのユーザーにあなたの投稿を見てもらうために、積極的にハッシュタグを使ったり他のSNSを運用するようにしましょう。

とはいえ、他のSNSとの両立は非常に難しいかもしれません。

また、効果的なハッシュタグの挿入も簡単ではないでしょう。

もし、競合相手よりも効果的にSNSを運用したいのなら、Next Stageにご連絡ください。

Next StageならSNSの運用代行だけではなく、SNS広告の出稿にも精通しています。

あなたの意向に沿えるように全力でサポートいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

インスタの拡散力は本当に低い!?その理由と投稿を拡散する方法を紹介