B!

インスタに追跡機能はあるの? 足跡がつくケースとつかないケース

インスタに追跡機能はあるの? 足跡がつくケースとつかないケース
インスタグラムを運用する上で、追跡機能やユーザーの足跡が気になることはないでしょうか。

どんな属性の人が自分の投稿を見ているのか? どんな生活環境の人が自分の投稿を見ているのか?

知ることができたら、マーケティングを行う上で、重要な情報を知ることができます。

今回は「インスタに追跡機能はあるのか? 足跡がつくケースとつかないケース」について解説いたします。

Instagramマーケティングのノウハウを解説

インスタグラムに「追跡機能」はない

インスタグラムに「追跡機能」はない 結論から申し上げると、インスタグラムに追跡機能はありません。

一部のSNSには、プロフィールを訪問したユーザーを把握することができる足跡機能がありますが、インスタグラムには存在しません。

ただし、ストーリーズやインスタライブといった一部の機能では、閲覧者が表示される機能もあります。

そこで、インスタグラムのどの機能に足跡がつき、どの機能に足跡がつかないのかを解説いたします。

「足跡」がつかない行動

まずは、インスタグラムの機能で足跡がつかないものを解説いたします。

タイムラインやプロフィールの閲覧

タイムラインやプロフィールの閲覧 タイムラインや、プロフィールの閲覧だけでは足跡はつきません。

いいね! やコメントが入ると、そのアクションをしてくれたユーザーに関しては把握することができますが、なんのアクションもなく、単に閲覧していっただけのユーザーを把握することは不可能です。

投稿のブックマーク

インスタグラムをブックマーク(保存)しても足跡は残りません。

ブックマークは、いいね! やコメントとは違って、相手に通知もされなければ記録が残されることもありません。

また、ブックマークした投稿を他の人に見られることもないので、あなたが保存したインスタグラムを第三者に見られることもありません。

ユーザー検索

また、ユーザー検索をしても、足跡はつきません。

プロフィールを閲覧しても、足跡が記録されることはないので、当然ユーザー検索も記録されることはありません。

ただし、フォローをすると相手に通知され、フォロワーとして記録されてしまいます。

また、誤っていいね! やコメントした場合にも、通知や記録が残るので、投稿を見た証拠を残したくない場合は、慎重に操作するようにしましょう。

投稿のシェア

インスタグラムでは、自分の投稿が単に誰かにシェアされた場合、足跡はつきません。

そもそもSNSでは、1つの投稿を他サイトや他のSNSへシェアする機能があり、その共有先で記事が拡散されていくきっかけになっているのです。

このシェア機能はインスタグラムにも搭載されておりますが、シェアされた場合に足跡がつくことはなく、また、通知はありません。

ただし、インスタグラムのリポスト元の相手に通知されるのは文章に「@〇〇(ユーザーネーム)」とリンクを貼った場合です。

「足跡」がついてしまう行動

次に、インスタグラム内で足跡がつき、相手に閲覧したことが判ってしまうものについて解説いたします。

ストーリーの閲覧

ストーリーの閲覧は、閲覧者が投稿者の画面に記録されます。

ただし、ストーリーの投稿は、投稿してから24時間で削除されるので、足跡も同時に削除されます。

閲覧者を一覧で確認することもでき、投稿者に関心のあると判断されたユーザーから順に配列されています。

関心があるかどうかは、フォローしているかなどで判断されるため、投稿者をフォローしていないアカウントは最下部に表示されます。

ダイレクトメッセージの閲覧

インスタグラムでは、ダイレクトメッセージを閲覧した場合にも、記録が残ります。

ダイレクトメッセージを送った場合、相手がダイレクトメッセージの画面を開けると、メッセージを送ったユーザーの画面に「既読」と表示されるのです。

相手がメッセージを閲覧していない状態では「既読」と表示されません。

相手からなかなかメッセージが返ってこない場合は、メッセージ画面に「既読」がついているか確認してみましょう。

ライブ動画の閲覧

インスタグラムには、インスタライブと呼ばれるライブ動画配信機能があります。

このインスタライブでは、ライブを視聴し始めると「○○さん(ユーザー名)が視聴を始めました」という案内が表示されます。

また、視聴したユーザーが一覧で見られる機能もあり、コメントなどのアクションを起こさなくても、閲覧するだけで記録される仕組みになっています。

投稿へのいいねやコメント

投稿へのいいねやコメント 投稿へのいいね! やコメントは、当然記録されます。

いいね! やコメントは、投稿者以外に第三者が確認することも可能です。

インスタグラムでは、投稿をダブルタップするといいね! がつけられる仕様が採用されています。

誤ってダブルタップしてしまうと、相手に通知され、いいね! したユーザー一覧にも掲載されるので、記録されたくない方は投稿をダブルタップしないように注意しましょう。

消える写真・消える動画のスクリーンショット

インスタグラムでは、ダイレクトに特定の相手へメッセージを送ることができる機能があります。

そのダイレクトメッセージ機能でもって送り、相手が閲覧した後には消えて見られなくなる写真や動画を送信することができます。

この「消える写真・消える動画」は2回までしか閲覧できず、保存をすることもできません。

受信した相手が消える写真・動画を閲覧すると、送信者側にはDirect画面に開封済みと表示され、さらに相手がスクリーンショットをすると「○○さんがあなたが送信した画像のスクリーンショットを撮影しました」と送信者側に通知されます。

また、送信した「▲写真」を長押しすると、詳細が表示され、画像が閲覧・スクリーンショットされた時間を確認することができます。

なお、通常の投稿やストーリー投稿などを、閲覧者側がスクリーンショットしたり録画をしたりしても、投稿者側に通知はされません。

まとめ

SNSを運用していると、どうしても気になってしまう足跡や追跡機能ですが、インスタグラムには追跡機能は存在しません。

足跡機能に関しては、一部の機能には足跡やログが記録されるものも存在します。

ただし、足跡が記録されるものと、されないものがあり、いずれも把握しておくことで、マーケティングに効果的な情報活用ができます。
インスタに追跡機能はあるの? 足跡がつくケースとつかないケース