B!

Facebook広告 特徵の出し方を徹底解説

Facebook広告 特徵の出し方を徹底解説
世界中にユーザーの多いFacebook。

2017年9月時点で、日本国内だけでも2800万人のユーザーを獲得している代表的なSNSの1つです。

Facebookはマーケティングツールとしても活用されており、広告出稿をしている企業も数多く存在します。

今回はそんなFacebook広告の特徴や出稿方法について解説していきます。

Facebook広告の特徴

Facebook広告とは、その名前の通りFacebook内で表示される広告を指します。

Twitter・Instagramと様々なSNS広告がある中で、Facebook広告にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

低予算

Facebook広告の特徴はかなり低い値段から出稿が可能という点です。

その値段は1日100円ほどです。

最初のうちは低予算で表示の確認・ユーザーからの反応率のテストを行い、金額を上げて本格的に活用する、というように2段階に分けて利用することができます。

初めてFacebook広告を利用する方にとっては、低予算で出稿できるのは便利なのではないでしょうか。

ターゲットが絞りやすい

他SNSと比較した時のFacebookの最大の特徴は、実名登録を推奨している点です。

また、性別・生年月日・出身・居住地など詳細なデータを登録できることも特徴と言えるでしょう。

Facebookではより具体的なユーザー情報が得られることもあり、広告出稿において>細かいターゲティングが可能です。

目的とするユーザーにしっかりと情報を届けることができるので、費用対効果も比較的高くなると言えるのではないでしょうか。

Facebook広告の予算や掲載期間の決め方

Facebook広告ではターゲットや目的によってもかかる費用が異なります。

初めて広告出稿をする場合には予算・掲載期間について推測できない方も多いでしょう。

その時に有効になるのがシミュレーションです。

(シミュレーションについて)

Facebook広告では広告設定時に、それだけの反応率が獲得できるか確認できるような仕組みになっています。

目標の反応率を考慮した上で、予算や掲載期間を調整していくと良いでしょう。

Facebook広告の出し方

広告の出稿方法には大きく分けて、

「キャンペーンの作成」

「広告セットの作成」

「広告の作成」

と3段階の手順が必要です。

画像も踏まえて具体的な広告の出し方について見ていきましょう。

キャンペーンの作成

まずはキャンペーンの作成を行います。Facebookの右下にある「広告」をクリックします。

キャンペーンの作成

Facebook businessの画面が表示されるので右上の「広告を作成」をクリックします。

キャンペーンの作成2 「マーケティングの目的は?」という画面が表示されるので、広告を配信する目的に最も近いものを選択します。

今回は「コンバージョン」を目的として進めていきます。

(目的について)

目的を選択すると、広告キャンペーン名の登録が求められます。

任意の名称を入力し「広告アカウントを設定」をクリックします。

キャンペーンの作成3 以上で「キャンペーンの作成」は完了です。

広告セットの作成

次に広告セットの作成を行います。

広告セットにはターゲット・広告の配置・予算の設定が含まれます。

マーケティングの目的でコンバージョンを選択した場合は、コンバージョン設定も必要です。

広告セットの作成 コンバージョンの設定が完了したら次にオーディエンス、つまりターゲットの設定を行います。

広告セットの作成2 オーディエンスは地域・年齢・性別だけでなく、交際ステータスや興味・関心でも絞り込みが可能です。

広告セットの作成3 設定を細かくしすぎるとリーチ数が少なくなってしまうので注意が必要です。

右側にオーディエンスサイズ、潜在リーチ数が表示されるので、数値を確認しつつ設定すると良いでしょう。

広告セットの作成4 次に広告の配置場所の設定を行います。

Facebook広告では

・Facebook

・Instagram

・Audience Network(Facebook社と連携しているアプリ)

・Messenger

の4つから広告出稿先を選択できます。それぞれのアプリ内の表示場所も細かく選択ができるようになっているので、必要があれば設定を行うようにしましょう。

広告セットの作成5 最後に予算と配信期間の設定を行います。

予算設定は「1日の予算」と「通算の予算」から選択可能です。

広告セットの作成6 以上で「広告セットの作成」は完了です。

広告の作成

キャンペーン・広告セットの作成が完了したら、最後に広告の作成に進みます。

アイデンティティ欄から広告で表示するページを、形式欄から広告の形式を選択します。

今回は「シングル画像」を選択した場合の設定進めていきます。

広告の作成 次に広告で表示する画像を選択します。

広告の作成2 「無料ストック画像」から画像を選ぶこともできるので、予め写真や画像を準備する必要もありません。

広告の作成3 次にウェブサイトへのリンク、広告に表示する文章等の設定を行います。

右側に広告プレビューが表示されるので、確認しながら作業を進めていきましょう。

広告の作成4 入力が完了したら画面右下に表示されている「実行する」ボタンをクリックします。

広告の作成4 最後に支払い方法の設定を行います。

クレジットカード・PayPal・銀行振り込みのどれかを選択し、必要な情報を入力していきましょう。

支払い方法の設定まで完了したら広告出稿の手順は全て完了です。

まとめ

他のSNSとは異なって本名登録を推奨しており、出身・居住地などの詳細なデータも多いことからよりターゲティングがしやすいという魅力を持つFacebook広告。

1日100円という低予算で出稿できるので、本格的な運用前のテストがしやすいのも特徴と言えるでしょう。

広告出稿は、複雑な手順もなく、Facebookアカウントさえ所持していれば10分程度で完了します。

ぜひこの記事を参考に、Facebook広告の出稿を考えてみてはいかがでしょうか。
Facebook広告 特徵の出し方を徹底解説