B!

Facebookをビジネスで最大限活用するためのコツとは?

Facebookをビジネスで最大限活用するためのコツとは?
Facebookでは、安価で手軽に情報発信することができます。

それに加え、Facebookは実名制を採用しているため、他のSNSに比べて炎上や悪評が広がりにくい構造で、企業に取り入れやすいSNSサイトであるといえるでしょう。

この記事では、Facebookでマーケティングを行う方法を解説しています。

これからFacebookで情報発信を効率的に行いたいと考えているのでしたら、ぜひ一読ください。

Facebookでマーケティングを行うメリット

Facebookでは、他のSNSにないようなメリットがあります。

以下では、Facebookにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

導入費用を押さえられる

導入費用を抑えられる Facebookを利用したマーケティングは、非常に安価で行うことができます。

なぜなら、Facebookの広告を自社で作成・運用する場合は、ほとんど無料でおこなうことができるからです。

「Facebookページ」機能の利用はもちろん、そのページの更新も料金は発生しません。

Facebookを運用する場合、唯一料金を支払う必要があるのは、広告を配信するための費用だけです。

その費用も、一から自社専用のSNSページを作成するのと比べると、とても安価になります。

しかし、広告作成・素材製作・運用代行を外注する場合は、その分の料金が上乗せになるので注意しておきましょう。

拡散性が強い

Facebookを利用したマーケティングの強みは、その拡散性の強さにあります。

拡散性を強めている理由は以下の2点です。

Facebookのアルゴリズムが独特
Facebookが採用しているアルゴリズムは、投稿の鮮度を優先しようと考えていません。

重要視しているのは、誰が投稿をしているのか・誰がリアクションしているのかなどによるユーザー間の新密度です。

そのため、あなたのアカウントに興味ある人には、時間が経過してもあなたの投稿が上位に表示されます。

その結果、リアクションしてもらえる機会も増え、拡散される可能性が高まるのです。

直感的に拡散できる操作方法
twitterと同じように、情報の拡散をワンタッチで行えることも拡散性が強い要因です。

Facebookの拡散方法は、主に「いいね!」「シェア」の二通りあります。

この拡散方法が非常に簡単なため、直感的によいと思った投稿を拡散できるのです。

ユーザーとの距離が近い

Facebookページを活用すれば、ユーザーとコミュニケーションを取れます。

その方法は、企業からの投稿に、ユーザーがコメントするという方法です。

また、アンケートなどを利用して、ユーザーとのコミュニケーションをおこなう方法もあります。

このように、ユーザーとの距離が近いということは、ユーザーの声を聞きやすいということです。

これは、フィードバックする機会を得るのに最適ですので、Facebookを活用する場合は、ユーザーの声を引き出せるような投稿をしましょう。

Facebookマーケティングの手順

Facebookマーケティングはとても簡単な操作でできます。

以下では、Facebookマーケティングに必要な操作を解説していきます。

Facebookページの開設

まずはFacebookページを開設しましょう。

Facebookページでは、会社概要や公式サイトのURL、住所や問い合わせ先など可能な限りの会社情報を記入しましょう。

そうすることで、アカウントや会社の信用を高めることができます。

また、Facebookページを作成した目的に沿ったページ作りを意識してください。

ユーザーとつながる

ユーザーとつながる Facebookページを作成したら、ユーザーとつながりましょう。

企業アカウントがユーザーとつながるには、主に次の2通りの方法があります。

ターゲットに共感されるような広告を出稿する

自社製品に興味を持っているターゲットの投稿にリアクションする

上記のような方法を利用してください。

そうすることで、あなたのアカウントに興味を持つ人を増やすことができます。

交流を深める

交流を深める ユーザーとつながり始めたら、交流を深めてください。

なぜなら、1章で解説したように、ユーザー間の新密度が高いほど、投稿が上位表示されるからです。

このアルゴリズムを上手く活用するために、積極的にユーザーの投稿に「いいね!」「コメント」「シェア」などのアクションをおこなってください。

そうすれば、あなたの投稿が上位表示されるユーザーを増やすことができます。

また、企業との新密度を高いユーザーは、良質なファンとなる傾向にあります。

良質なファンは積極的にリピート・宣伝をおこなってくれるので、Facebookをうまく活用して良質なファンの獲得を目指しましょう。

Facebookマーケティングを成功させるには?

Facebookマーケティングの手順は簡単ですが、何も考えずに投稿しても効果は薄いです。

以下では、Facebookマーケティングを成功させるコツを解説します。

効果の最大化を目指すためにも、下記の内容を把握するようにしましょう.

ターゲットを明確にする

Facebookマーケティングで成功させるには、ターゲットを明確にしましょう。

そうすることで、投稿内容の選定が容易になり、効率的にターゲットのもとへ情報を発信することができるからです。

また、Facebookで上位表示させるためには、新密度をあげる必要があるので、どのようなユーザーとコミュニケーションをとるのかの優先順位を決める必要があります。

ターゲットを決めれば、誰とコミュニケーションをとるべきなのかを判断することができます。

このように、ターゲットを決めることは、効率的な情報発信につながるので、かならずターゲットを明確にしてください。

効果検証を繰り返す

目標を設定できたのでしたら、行動してください。

そして、その行動で目標の達成に近づけているのかを検証しましょう。

これをおこなわないと、目標に遠ざかったり、効果の薄い行動を永遠と続けたりすることになります。

そうならないためにも、PDCAサイクルを回し、定期的に効果検証をおこなってください。

そうすることで、広告効果の最大化を目指せるのです。

Facebookページは、Facebookの「インサイト」機能が備わっています。

この「インサイト」機能を利用すれば、ユーザーの反応や行動を分析することが可能です。

この機能を上手く活用して、PDCAサイクルを回し、効率的に効果検証を行いましょう。

まとめ

Facebookをビジネスで最大限活用するためのコツを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

Facebookは、独特なアルゴリズムと実名制によって、良質なユーザーに効率的に情報を届けられます。

しかし、より効率的にFacebookを活用するためには、ターゲットを明確にするなど、上記で解説したことを行うことが必要です。

Facebookによる効果を最大化させるためにも、Facebookをより理解し、上手に運用していきましょう。
Facebookをビジネスで最大限活用するためのコツとは?