B!

Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法

Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法
あなたはFacebookに「ドメイン認証」という機能があることをご存知でしょうか?

ドメイン認証とは広告配信を行う際にドメインの所有権を証明する手続きのことで、
ドメイン認証を行わなければ広告パフォーマンスが低下するため、Facebook広告を運用する際には、必ず押さえておきたい機能です。

そこで今回は、Facebookのドメイン認証について詳しく解説した上で、具体的なドメイン認証の手順を紹介していきます。

Facebookのドメイン認証とは

Facebookのドメイン認証とは、広告に記載されたリンク先のドメインの所有者であるということをFacebookに伝える機能です。

ドメインの所有者を明らかにすることで不正利用を防ごうという安全性のための機能となっており、
Facebookのビジネスマネージャーでドメインの所有権を取得することで、ドメイン認証完了となります。

ドメイン認証機能自体は以前からあり、行うかどうかは任意であったものの、
2018年9月のアップデート以降、Facebook広告配信におけるドメインの認証は実質的にマストなものとなりました。

その理由は、ドメイン認証の有無が広告パフォーマンスに影響を及ぼすようになったためです。

ドメイン認証を行っていないと広告パフォーマンスが低下するように

Facebookでは2018年9月を目安に、広告にドメイン認証されていないリンクを設定している場合、
配信時のオークションにおいてマイナスの影響が発生する可能性があると言うことを発表しました。

これにより、ドメイン認証を行っていないとリーチ単価やCMP単価が上がってしまうなど、広告パフォーマンスに悪影響が出ることが予想されます。

ドメイン認証を行うかどうかは任意となっており、必ずしもドメイン認証を行わなくても広告の配信を行うことができますが、
広告パフォーマンスの低下と言うのは好ましくないため、必ずドメイン認証を行うようにしましょう。

ドメイン認証にはビジネスマネージャーが必要

ドメイン認証にはビジネスマネージャーが必要 Facebookでドメイン認証を行うためには、ビジネスマネージャーが必要です。

ビジネスマネージャーとは、出稿中の広告やアクセス権限を持つアカウントを一元管理できるツールです。

自社で広告を管理する場合や、広告代理店で広告を管理する場合を問わず、ビジネスマネージャーは広告主が保有し、広告運用を管理することをおすすめします。

ビジネスマネージャーの権限作成は、ドメイン認証の前に行いましょう。

Facebookの個人アカウントがあれば、ビジネスマネージャーの権限は誰でも簡単に作成することができます。

以下のリンクからビジネスマネージャーの権限を作成することができますよ。

ビジネスマネージャー

ドメイン認証の方法

それではドメイン認証の方法と手順を解説します。

ドメイン認証の方法は「HTMLアップロード」もしくは「DNS認証」の2通りの方法で行うことができます。

それぞれの方法の特徴と具体的な手順について紹介していきます。

Facebookでのドメイン認証のやり方(HTMLアップロードの場合)

ドメイン認証の方法 HTMLでのドメイン認証は工数がかからず、瞬時にドメインの認証を完了できるため、基本的にはHTMLアップロードによるドメイン認証がおすすめです。

ここでは各手順を一つずつ紹介していきます。

代理店と広告主で作業を分担する場合にも、各ステップがどちらの担当作業になるのかも記載するので、作業の際には参考にしてみてください。

① ビジネスマネージャーの「ビジネス設定」から「ドメイン」を開く(代理店)

まずはビジネスマネージャーにログインし、「ビジネス設定」→「ブランドセーフティ」→「ドメイン」に開き、管理されているドメイン一覧を開きます。

② 認証したいドメインを追加する(代理店)

「+追加する」をクリックし、ドメイン認証を行いたいドメインを入力後、「ドメインを追加」をクリックしてください。

③ HTMLファイルをダウンロードしてドメインのルートディレクトリにアップロードする(広告主)

追加したドメインは「認証待ち」というステータスになり、詳細画面に「DNS認証」「HTMLファイルアップロード」という2つのタブが現れるので、
HTMLファイルアップロードのタブからHTMLファイルをダウンロードします。

続いて、認証を行うドメインのルートディレクトリに、ダウンロードしたHTMLファイルをアップロードします。

④ HTMLファイルがアップロードされていることを確認した上で認証を行う(広告主)

HTMLファイルのアップロードが完了したら、認証待ちドメインの詳細画面よりHTMLアップロードの確認用URLにアクセスし、
アップロードが正常に行われていることを確認した上で、「認証する」をクリックします。

⑤ 代理店などのパートナーへ役割の割当を行う(広告主)

認証が完了したドメインの詳細画面から「パートナーを割り当てる」→「パートナーのビジネスIDを使用してドメインをリンクする」をクリックします。

続いて表示される画面の「役割」のタブから「ドメイン管理者」を選択し、
「ビジネスID」という入力窓に、代理店のビジネスIDを入力し、「リンクする」をクリックすれば、役割の割当完了です。

Facebookでのドメイン認証のやり方(DNS認証の場合)

続いてDNS認証についてですが、DNS認証は先述の通り、HTMLアップロードの場合に比べ、工数と時間がかかるため、基本的にはあまり使う機会がありません。

そのため、簡単に一通りの手順のみざっくりと紹介します。

① Facebookのビジネスマネージャーを開く
② ページ右上にある青いボタン「ビジネス設定」をクリック
③ ビジネス設定ページ左にあるタブ「ブランドセーフティ」をクリックし、さらにドメインをクリック
④ 追加ボタンをクリックし、コメントボックスにドメインを入力
⑤ DNS認証を選択し、DNSレコードへの追加に必要なTXTの情報を確認
⑥ ドメインホストのDNSレコードセクションに移動し、TXTエントリーを追加する
⑦ @をHostフィールドに追加する必要があれば追加する(ドメインホストによる)
⑧ ドメインのWebサーバー全体が変更された後、認証ボタンをクリックしドメイン認証完了

※最大72時間かかることもある

ホストドメインによってはDNS認証によるドメイン認証が必要な場合があるので、その際には上記の方法を試してみてください。

まとめ

Facebookのドメイン認証機能について解説しました。

ドメイン認証とは、広告のリンク先のドメインの所有権が配信者にあるということを証明することで、コンテンツの安全性を保つための機能です。

ドメイン認証を行うかどうかは任意とされていますが、ドメイン認証を行わない場合には広告配信のオークション入札で不利になり、
広告単価が上昇するなどのデメリットが生じるため、実際にはFacebook広告運用を行う上でマストな手続きといえるでしょう。

これからフェイスブック広告の配信を行う方や、ドメイン認証の方法が分からずにお困りの方は、ぜひこの記事で解説した手順を参考に、ドメイン認証を行ってみてください。

Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法
3 (60%) 2 votes