B!

Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法

Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法
あなたはFacebookに「ドメイン認証」という機能があることをご存知でしょうか?

Facebookにおけるドメイン認証は、広告パフォーマンスを維持するうえで必要不可欠な要素です。

そこで今回は、Facebookにおけるドメイン認証の必要性と広告パフォーマンス低下を防ぐ方法をご紹介します。

Facebookのドメイン認証とは?ドメイン認証のメリット

Facebookにおけるドメイン認証は、広告出稿の際に、コンテンツの安全を証明するために行う機能です。

Facebookに自身が運営しているWebサイトやブログのドメインを登録することで、ドメインの所有権を証明することができ、安全性の高いサイトだとFacebookに判断されます。

Facebookにおけるドメイン認証は任意の機能だったのですが、2018年5月8日からFacebookページにWebサイトを掲載する際に、ドメイン認証が必須となりました。

これは、アフィリエイトによる偽リンクを防ぐためと言われています。

つまり、ドメイン認証を行うことで悪質な偽リンクではないことを証明することができ、コンテンツの安全性を証明できるのです。

ビジネス認証を行わない場合、次のことが設定することができません。

・リンクの見出し
・表示されるURL
・リンク先の概要(ディスクリプション)
・サムネイルの画像

同じ費用をかけた広告でも、ドメイン認証をせずに出稿すると、予想していた結果に繋がらない可能性もあるので、ドメイン認証は必ず行いましょう。

次の章から、ドメイン認証の仕方を解説します。

ドメイン認証にはビジネスマネージャーが必要

ドメイン認証にはビジネスマネージャーが必要 Facebookでドメイン認証を行うためには、ビジネスマネージャーが必要です。

ビジネスマネージャーとは、出稿中の広告やアクセス権限を持つアカウントを一元管理できるツールです。

自社で広告を管理する場合や、広告代理店で広告を管理する場合を問わず、ビジネスマネージャーは広告主が保有し、広告運用を管理することをおすすめします。

ビジネスマネージャーの権限作成は、ドメイン認証の前に行いましょう。

Facebookの個人アカウントがあれば、ビジネスマネージャーの権限は誰でも簡単に作成することができます。

以下のリンクからビジネスマネージャーの権限を作成することができますよ。
ビジネスマネージャー

ドメイン認証の方法

ドメイン認証の方法 それではドメイン認証の方法と手順を解説します。

ドメイン認証の方法は「HTMLアップロード」もしくは「DNS認証」の2つがあるので、それぞれのやり方をご紹介します。

Facebookでのドメイン認証のやり方(HTMLアップロードの場合)

1.Facebookのビジネスマネージャーを開く
2.ページ右上にある青いボタン「ビジネス設定」をクリック
3.ビジネス設定ページ左にあるタブ「ブランドセーフティ」をクリックし、さらにドメインをクリック
4.追加ボタンをクリックし、コメントボックスにドメインを入力
5.「HTMLアップロード」を選択し、HTML認証ファイルをダウンロードする
6.該当サイトのルートディレクトリにHTML認証ファイルをアップロードする
7.アップロードを確認し、認証ボタンをクリックし、ドメイン認証が完了

Facebookでのドメイン認証のやり方(DNS認証の場合)

1.Facebookのビジネスマネージャーを開く
2.ページ右上にある青いボタン「ビジネス設定」をクリック
3.ビジネス設定ページ左にあるタブ「ブランドセーフティ」をクリックし、さらにドメインをクリック
4.追加ボタンをクリックし、コメントボックスにドメインを入力
5.DNS認証を選択し、DNSレコードへの追加に必要なTXTの情報を確認
6.ドメインホストのDNSレコードセクションに移動し、TXTエントリーを追加する
7.@をHostフィールドに追加する必要があれば追加する(ドメインホストによる)
8.ドメインのWebサーバー全体が変更された後、認証ボタンをクリックしドメイン認証完了
※最大72時間かかることもある

いずれのドメイン認証も途中までは手順が同じですが、DNS認証の方が全体の手順が多いです。

時間もかかることから、一般的にはHTMLアップロードでドメイン認証が行われることが多いです。

しかし、ホストドメインによってはDNS認証で、ドメイン認証を行う必要な場合もあるので、注意が必要です。

まとめ

ドメイン認証は、Facebookで広告を出稿する際に、欠かせない機能の一つです。

あなたが提供するサービス・コンテンツの安全性を証明するためにも、広告を出稿する前に、ドメイン認証を必ず行いましょう。

ドメイン認証が行われなければ、以下の機能を利用することができません。

・リンクの見出し
・表示されるURL
・リンク先の概要(ディスクリプション)
・サムネイルの画像

Facebookで広告を出稿する際には、ドメイン認証を必ず行いましょう。

コンテンツの安全性を保つことができます。
Facebookのドメイン認証で広告のパフォーマンス低下を防ぐ方法
5 (100%) 1 vote