B!

Facebookのエッジランク(アルゴリズム)の仕組みや重要性、注意点は

Facebookのエッジランク(アルゴリズム)の仕組みや重要性、注意点は
あなたは、Facebookをより効果的に活用したいと考えていませんか?

情報を効果的に拡散するには、エッジランク対策が近道です。

エッジランクを理解すれば、より効率的にFacebookを運用できます。

そこでこの記事では、情報を効率的に拡散させるためのFacebookのアルゴリズムの解説をしていきます。

(別記事:Facebookアルゴリズム 上手く運用するためには)

エッジランクとは?

エッジランクとは、Facebookで使用されているアルゴリズムのことです。

エッジランクによって、ニュースフィードに表示される投稿の優先度が決まります。

あなたがユーザーに情報を拡散したい場合は、エッジランクを対策することが必要です。

しかし、エッジランクは、「親密度」「重み」「経過時間」を重視しています。

投稿時間以外の項目も、エッジランクによって考慮されるので、エッジランクを対策するのはとても困難です。

また、エッジランクは日々更新されています。

以前は使えていた手でも、エッジランクが更新されたことにより、使えなくなる可能性があるのです。

そのため、エッジランクを対策する場合は、エッジランクの動向を観察し、定期的に対策を考える必要があるでしょう。

エッジランクの重要性

前述したように、情報を拡散するためにFacebookを運用するのなら、エッジランクはとても重要です。

多くのユーザーは、エッジランクに影響されたニュースフィードを見ています。

エッジランク対策をおろそかにすると、ユーザーにあなたの情報が届きにくくなり、多くの投稿をしていても、なかなか情報が拡散されないでしょう。

実際に、投稿がユーザーに届く割合は、10%~15%といわれています。

これは、ニュースフィードのデフォルト設定が「ハイライト」であり、「ハイライト」がエッジランクに影響されているからです。

そのため、エッジランク対策をしないと、ほとんどのユーザーにあなたの投稿が届きません。

もし、あなたがFacebookで情報を拡散しようと考えているのなら、エッジランクを対策する必要があります。

エッジランクを決める3要素

親密度

親密度 親密度とは、ユーザー間におけるつながりの強さのことです。

いかにコミュニケーションをとっているのかが考慮されます。

新密度に影響するものは、以下の行動です。

・いいね
・コメント
・タグ付け
・メッセージ
・プロフィール訪問

これらの回数が多いユーザーほど、新密度が高いと判断されます。

そのため、新密度を上げるには、あなたが積極的にユーザーとコミュニケーションをとったり、見られやすい時間帯に投稿したりすることが求められるでしょう。

重み

重み 重みとは、投稿内容の評価のことです。

投稿内容に「いいね」や「コメント」が付けば付くほど重みのある投稿と判断されます。

通常は、親密度の低いユーザーには、あなたの投稿は表示されません。

しかし、重みがある投稿なら、比較的に親密度が低いユーザーでも、あなたの投稿が表示されるのです。

このように、重みがあればあるほど、多くのユーザーに表示されるようになります。

情報を拡散するなら、リアクションされやすい投稿をするとよいでしょう。

経過時間

経過時間 経過時間も、アルゴリズム対策には重要です。

投稿してからの経過時間が短ければ短いほど、エッジランクに評価されます。

しかし、経過時間は、投稿してからの時間だけではありません。

リアクションが付いてからの経過時間も評価対象です。

そのため、たとえ古い投稿でも、リアクションが付いたのなら、再びニュースフィードの表示される可能性があります。

過去の投稿内容を振り返るようなことをして、過去の投稿へのリアクションを促すとよいでしょう。

アルゴリズムの更新に注意!

Facebookのアルゴリズムの更新には、注意しましょう。

というのも、Facebookのアルゴリズムは、更新されて信頼度の高い記事が優先されるようになっています。

これは、フェイスニュース、クリックベイトやエンゲージメントベイト対策の一環によるものです。

そのため、どんなにアルゴリズム対策をしても、時間が経てば効果がなくなる可能性があります。

継続的にあなたの投稿を多くのユーザーに届けるためにも、アルゴリズム対策を定期的に見直すことがおすすめです。

また、常日頃から、ユーザーに喜ばれる投稿をするようにしましょう。

ユーザーに喜ばれる投稿を、アルゴリズムは上位表示しようと考えているからです。

アルゴリズム対策の見直しと、ユーザーに喜ばれる投稿を心掛けること。

このふたつを日ごろからおこなうことで、あなたの情報が上位表示されやすくなるでしょう。

まとめ

Facebookのアルゴリズム対策をすれば、あなたの投稿が拡散しやすくなります。

「新密度」「重み」「経過時間」を考慮して、Facebookを運用することがおすすめです。

特に、企業用アカウントやインフルエンサーは、情報を拡散する必要があるでしょう。

その場合は、アルゴリズム対策することが、情報拡散の近道になります。

Facebook担当者は、定期的にアルゴリズム対策の見直しをすることをおすすめします。

ユーザーとの距離をつめ、ユーザーに喜ばれるアカウントにするとよいでしょう。
Facebookのエッジランク(アルゴリズム)の仕組みや重要性、注意点は