B!

Facebookで閲覧や検索はバレるのか 「知り合いかも」との関連性は

Facebookで閲覧や検索はバレるのか 「知り合いかも」との関連性は
Facebookは実名登録が必要なSNSです。

Facebookを利用するときに、自分が友達以外の個人ページを閲覧したことが相手に伝わっているのかと考えたことがある人は少なくないでしょう。

この記事では、
・実際に友達以外のページや投稿を閲覧した場合、相手にそのことが伝わるのか
・「知り合いかも」に表示された人に自分の情報が伝わっているのか
に関してお伝えしていきます。

Facebookに足跡機能はない

Facebookに足跡機能はない Facebookは公式ヘルプページで

・自分のプロフィールを閲覧した人を知ること
・閲覧したプロフィールの相手に自分が閲覧したことを知られることはないと記載しています。

実名登録が必要なFacebookで足跡機能があるとプライバシーの面でトラブルが起こる可能性が考えられます。

Facebookインサイトを使うと、Facebookページの訪問者数や属性を把握することは可能ですが個人が特定されることはありません。

ただし、例外としてFacebookのグループ内の投稿においては誰が投稿を読み、何人が閲覧したかが分かるようになっています。

「知り合いかも」に表示されて個人の検索や投稿の閲覧がばれる?

友達ではない個人の検索や投稿を見たりすると、その相手のアカウントが自分のページの「知り合いかも」に表示されることがあります。

これを見て、自分のアカウントも同様に相手の「知り合いかも」に表示されているのではないかと心配になるという声を多く聞きます。

「知り合いかも」に選ばれる基準

Facebookの「知り合いかも」はどういう仕組みなのでしょうか。

この「知り合いかも」はFacebookが独自に判断した知り合いかもしれないと思えるユーザーを表示する機能のことです。

「知り合いかも」に表示される基準について説明します。

・共通の友達がいる人

共通の友達がいる人 「知り合いかも」に表示される人の多くは共通の友達がいる場合。

まったく知らない相手でも共通の友達がいると「知り合いかも」に表示されることがあります。

・同じFacebookグループに所属している人、同じ写真にタグ付けをされている人

Facebookにはグループという機能があります。

同じグループに所属している人が「知り合いかも」に表示されていることがあります。

また、1枚の写真に一緒にタグ付けされている人を「知り合いかも」と判断されることもあります。

・同じタグ付けをしている人

同じイベントに参加していたり、同じスポットにいたりした場合にまったく同じタグ付けをしているとします。

この場合、同じタグ付けをした人同士を「知り合いかも」と判断することがあります。

・同じネットワーク(出身校、大学、会社など)に所属している人

Facebookのプロフィールページには出身校、所属する大学や会社などを記載できるようになっています。

同じ学校や会社に在籍していた場合、知り合いの可能性があるため「知り合いかも」に表示されるのです。

・スマートフォンの連絡先とFacebookを同期した場合

スマートフォンの連絡先とFacebookを同期した場合 スマートフォンの連絡先とFacebookを同期した場合、連絡先に登録している人が「知り合いかも」に表示されることがあります。

これはFacebookの設定で変更することができるため、気になるようであれば設定を見直してみましょう。

以上のことから、何かしらの共通点がある人が「知り合いかも」に表示されることが分かります。

投稿・閲覧でばれることはない

Facebookの公式ヘルプセンター内の「Facebookに関するよくある誤解と正しい情報」のページにて投稿・閲覧が相手にばれるかという質問について触れています。

・他の人のタイムラインを見た場合、その人にそれがわかりますか。
・私のプロフィールを誰が表示したかわかりますか。

「いいえ。Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。 この機能を提供すると主張しているアプリを見つけた場合は、そのアプリを報告してください。」

引用元:https://www.facebook.com/help/369078253152594/

このようにFacebookでは、投稿・閲覧をすることが相手に伝わることはないと明記しています。

また、足跡機能を提供するアプリは報告するようにとも伝えられているため投稿や閲覧が相手に伝わることはないと言えます。

Facebookは実名や学歴、職歴を公開できるSNSなのでプライバシーを守る体制をしっかりと整えているようです。

過去にはアプリを使って足跡を確認することができたことも

以前は、足跡を確認するようなアプリが存在していたこともありますが、現在ではすべて使えなくなっています。

また、ページソース検索で足跡が分かるという噂もありましたが、この噂については実際に検索することはできません。

まとめ

Facebookは日本国内で使用されているSNSの中で一番リアルな情報を扱うという特徴があります。

そのためプライバシーの保護に対して厳しいルールを決めた上で情報を管理しているのです。

検索した相手に自分が検索したことが伝わるのではと考えている方もいらっしゃるようですが、安心してFacebookを運用することができます。

Facebookを活用して自社の商品やサービスのPRにつなげていきましょう。
Facebookで閲覧や検索はバレるのか 「知り合いかも」との関連性は