B!

Facebookに偽名登録はできる?バレないための対処法や避けるべき行為を伝授します

Facebookに偽名登録はできる?バレないための対処法や避けるべき行為を伝授します
Facebookのアカウント数を増やしたい場合、本名を使わずに偽名を用いて登録を済ませたいと考える方は多いかもしれません。

そういったケースにおいて、偽名でもFacebookに登録する方法があるのかどうかという点に迫り、注意点と併せてお伝えします。

Facebookの基本は実名登録

Facebookは実名での登録がルールとして定められているため、基本的には偽名を使ってFacebookに登録したり、利用したりすることは認められません。

ストーカー被害などに対策するために通名を使用することは認められていますが、これもFacebookに申請を行い、許可を得た上で登録することがルールになっています。

さらに言えば、実名の公開範囲は全体のみに限られるため、友達だけに本名を公開し、それ以外にはハンドルネームを提示するということもできません。

「透明性の高い世界を作る」という理念を打ち出しているのがFacebookなので、厳しいルールが設けられることもある意味では当然と言えるかもしれません。

偽名を使っていることがバレた場合には何が起きる?

ルールに逆らい、偽名を使って登録していることがもしもバレてしまったとしたら、何らかの罰則を受ける可能性はあるのでしょうか。

結論から言えば、偽名登録が発覚したというだけで、訴えを起こされるなどの重大なトラブルに発展することはありません。

ただし、規約に違反して利用しているという事実が発覚してしまった以上、運営から登録の内容を変更するように促されることは確実です。

こういった勧告を無視したまま利用を続けていると、強制退会などの対応を取られる可能性が高いということは覚えておく必要があります。

偽名を使う場合に絶対にしてはいけないこと

偽名を使うという段階でルール違反に該当することになりますが、それ以上に絶対にやってはならないのは、他人になりすましてFacebookを利用することです。

知人や著名人の名前を騙ったり、勝手に他人の写真を使って登録したりすると、大きな問題へと発展する可能性が高まります。

なりすまされた本人、またはその知人がアカウントを見つけた場合、犯罪などのトラブルに警戒し、運営側や警察に通報されるリスクが高くなるのです。

掲載している内容によっては、名誉棄損などの罪に問われてしまう恐れもありますから、冗談でも実在する人物を騙って偽名で登録することは避けましょう。

Facebookへの偽名登録はバレるのか

Facebookに偽名で登録したとしても、それが発覚しなければ運営側に通報されることはなく、そのままアカウントを継続して使用することは可能です。

登録時などに身分証を提示する必要は現在のところありませんから、運営側のチェック体制にも限界があるというのが事実でもあります。

しかし、ひょんなことから偽名登録がバレてしまい、通報される可能性はありますから、何が原因で偽名が発覚しやすいのかを整理しておきましょう。

メールアドレスや電話番号から発覚する

偽名で登録を行う際、普段から使用しているメールアドレスや電話番号を登録すると、アドレス帳で繋がっている知人に見つかる可能性があります。

Facebookでは連絡先との同期を行っており、これを許可すると、友達の可能性がある人物として一覧に表示されてしまい、それがキッカケで発覚する恐れがあるのです。

本名を隠して登録したい場合には、誰にも知らせていない電話番号やメールアドレスを使って、連絡先の情報からアカウントが紐付けられないように警戒しましょう。

入力したプロフィールから身バレしてしまう

名前だけを偽名にしていても、プロフィール写真が本人だったり、個人が特定されてしまうような写真だったりする場合には、身バレしやすくなります。

Facebookのユーザー検索には様々な方法があり、出身地や出身校、在籍していた会社名などからでも人物を探し、プロフィールに辿り着ける仕様です。

ですから、誕生日と出身校、出身地と現住所など、複数の登録情報が重なるとヒントになり、知人に見つけられてしまう可能性を否定できません。

それだけで通報されてしまうことは普通ありませんが、偽名での登録を誰にもバラしたくないのであれば、こういった登録情報の一つ一つにも注意を払うことが重要です。

身分の証明を求められるような迷惑行為は厳禁

悪質なメッセージをFacebookの登録者に送信したり、スパム行為を行ったりするなど、迷惑行為を行うと、運営側から警告が届くことがあります。

この場合、Facebookの利用を継続するためには身分の証明を求められることが多く、そのような状況に追い込まれると偽名であることが発覚してしまいます。

何らかの事情により、偽名を使ってFacebookを利用する場合には、ルールや節度を守り、運営から目を付けられないような使い方をしなければなりません。

まとめ

Facebookに偽名で登録することは禁止されていますが、事実上偽名でもFacebookを利用することは可能です。

ただし偽名であることが発覚すると強制退会の恐れが出てきますから、事前に対策を行い、身分確認をされるような迷惑行為は絶対に避けましょう。

Facebookに偽名登録はできる?バレないための対処法や避けるべき行為を伝授します