B!

2018年9月26日発表 Facebookストーリーズ広告とは

2018年9月26日発表 Facebookストーリーズ広告とは
Facebookのストーリーズ広告が世界中で提供が始まりました。

2018年9月26日(現地時間)に発表された、最新の情報です。

Facebookストーリーズ広告では「臨場感のある動画広告を提供できる」ことから、様々なビジネスで大きな成果を生んでいます。

この記事では、Facebookのストーリーズ広告とはどんなものなのか、ビジネス活用で成果をあげるコツ、出稿方法についてお伝えいたします。

Facebookストーリーズ広告とは

FACEBOOKストーリーズ広告とは Facebookストーリーズ広告とは、Facebook内で写真・動画の配信が行える機能のこと指します。 その大きな特徴は、以下の2つです。

・24時間以内に、その投稿は自動的に削除される

・フルスクリーンで配信できる

通常のフィードの投稿では、半永久的に残ることになりますが、ストーリーズでは24時間以内に消えてしまうため、リアルタイムな親近感のある投稿になります。

また、「フルスクリーンで画像や動画を配信することができる」というのも大きな魅力です。

スマホにフルスクリーンで広告が流れると、ユーザーはその世界観に入り込みやすく、関心をもたれる可能性が高まります。

このことから、ビジネス活用で大いに期待できるといわれているのです。

2018年9月26日の発表によれば、FacebookとMessengerを合わせたストーリーズ広告のDAUは、3億といわれています。

それほどの数のユーザーにリーチできるのが、Facebookストーリーズ広告なのです。
DAUとは

ビジネス成果の向上に大きく貢献

ここまでの説明で、ビジネスの成果の向上に大きく貢献しそうなのは伝わったでしょうか。

ここからは、

・実際にどのように活用していけばいいのか

・ストーリーズ広告で成果をあげるコツ

について、お伝えしていきます。

Facebookストーリーズ広告のビジネス活用について

Facebookストーリーズ広告は、様々なビジネス活用が可能です。たとえば、以下の広告目的をサポートしてくれています。

・アプリのインストール
・動画の再生回数増加
・ブランド認知
・あらゆるコンバージョンの獲得

また、Facebookストーリーズ広告には、「ターゲット機能」が備わっています。

この機能のおかげで、「高精度で到達したいターゲットにリーチする」ことが可能なのです。

望むターゲットに広告を流すことが可能であれば、理想のコンバージョン率になる可能性が高まり、顧客獲得の期待も持てます。

Facebookストーリーズ広告で成果を上げるコツ

Facebookストーリーズ広告で成果を上げるコツは、以下の2つです。

リーチできる年齢層を理解する ・リーチできる年齢層を理解する

同じくストーリーズを使うことができる、Instagram。

こちらとFacebookの大きな違いは、「利用ユーザーの年齢層が違うこと」があげられます。

Instagramのユーザーは若者が多いのに対し、Facebookは幅広い年齢層のユーザーが利用しています。

あなたが狙いたいターゲットはどちらが合っているのかを確実に把握し、ターゲティングを行っていく必要があります。

・初めから広告だと思わせない

Facebookストーリーズ広告を流す場合、初めの数秒から「広告だと思わせない内容」にするのがコツです。

なぜなら、こちらは友人などの投稿の合間に表示されますので、初めから広告だとわかるような内容だと簡単に読み飛ばされてしまうからです。

また、Facebookストーリーズ広告の長さは、「最大15秒」です。

この15秒をうまく使うことが求められますが、初めは友人の投稿に紛れるような内容にし、最後で広告だとわかるような内容が効果的です。

Facebookストーリーズ広告の作成・出稿方法

ここからは、「Facebookストーリーズ広告の作成と、出稿の方法」の手順をお伝えしていきます。

・必要なもの

ストーリーズ広告に必要なのは、Facebookアカウントと、Facebookページです。

「Facebookアカウント」はFacebookを利用する際全員が必要なものなので、ほとんどの方がすでにもっているでしょう。

「Facebookページ」をもっていない場合は、作る必要があります。

Facebookページとは、個人のアカウントページと違って、「企業やサービス名でつくれるページ」のことを指します。

大変な作業ではないので、こちらもすぐに用意しましょう。

・手順

上記の2点が用意できたら、さっそく広告を出していきましょう。手順は、以下の通りです。

(1)広告マネージャを開く
(2)広告の目的・広告のターゲット・配置を設定
(3)シングル画像orシングル動画を選択

上記の通り、そんなに複雑ではありません。
ただ、注意すべき点は、「画像・動画がFacebookの仕様に合っているかを必ず確認する」ということです。

以下は、Facebook公式サイトからの、仕様について記載された部分の引用です。

↓以下引用

画像

アスペクト比: 9:16および4:5~1.91:1
最長期間: 5秒
最大ファイルサイズ: 30MB
対応画像タイプ: .jpg、.png

動画

アスペクト比: 9:16および4:5~1.91:1
最長期間: 15秒
最大ファイルサイズ: 4GB
動画の幅(最長): 500px
対応動画タイプ: .mp4、.mov
動画の画質: H.264圧縮、正方形ピクセル、固定フレームレート、プログレッシブスキャン
音質: ステレオAACオーディオ圧縮、128kbps+
音声: 任意
キャプション: ご利用いただけません。
字幕やキャプションは動画ファイルの一部とする必要があります。
↑引用終わり (引用元: ストーリーズ内の広告のデザイン仕様|広告主様向けヘルプ|Facebook business) こちらは必ず確認してから、投稿するようにしましょう

まとめ

Facebookのストーリーズ広告は、フルスクリーンで広告を配信でき、DAUの数も3億と、ビジネス活用の観点からおおいに期待できるということをお伝えしました。

また、ビジネス活用で成果をあげるコツ、出稿方法についても解説いたしました。

出稿の方法はいたって簡単です。高いハードルは存在しません。

フルスクリーンで臨場感あふれる広告を利用して、あなたのビジネスのコンバージョンにつなげていきましょう。
2018年9月26日発表 Facebookストーリーズ広告とは