B!

Twitterを効果的にビジネス活用するには 特徴や活用例をご紹介

Twitterを効果的にビジネス活用するには 特徴や活用例をご紹介
上手に使うとビジネスで抜群の効果を発揮するツイッター。

御社では、ツイッターを上手に活用できていますか?

「なかなか活用方法がわからない!」いった方も多いかもしれませんね。

この記事では、以下のことについてお伝えします。

・ツイッターの特徴のおさらい
・ビジネスでのツイッターの活用例
・ツイッターのビジネス活用をより効果的にする方法

この記事を読むと、自社のツイッター運用をより効果的にでき、企業ブランドの向上にも役立てると思います。

わかりやすくまとめたので、ぜひご活用ください。

ツイッターの特徴

ここでは、ツイッターの特徴についておさらいしましょう。

ツイッターには、以下のような特徴があります。

・ツイートは140文字以内の投稿
・拡散力が非常に高い
・リアルタイム情報に特化しており、ユーザーは若者が多め
・匿名でのアカウント保持が可能で、色んな人と繋がりが持てる
・ターゲットを絞り込みやすい

ひとつずつ詳しく解説していきます。

ツイートは140文字以内の投稿

ツイッターでの投稿はツイートと呼ばれ、140文字の文字制限があります。

140文字の制限があることから、気軽な投稿ができます。

ツイートを見る側からしても、ツイートの確認は長文の記事を読むよりも、気軽に行うことができます。

140文字という短い文章で、分かりやすく表現できるかというのもポイントです。

拡散力が非常に高い

ツイッターは、非常に拡散力の高いSNSです。

拡散力の強さは大きなメリットですが、評価を下げてしまうようなツイートをしてしまうと、そちらが拡散されてしまい、マイナスイメージが広がってしまうという危険性もあります。

このいわゆる炎上には注意をしなくてはいけません。

別記事:インスタグラムを炎上させないために 上手に運用する方法を解説!
別記事:SNSを炎上させないために。Facebookの炎上対策を解説!

リアルタイム情報に特化しており、ユーザーは若者が多め

ツイッターはリアルタイム情報に特化しています。

タイムラインは投稿が時系列順に並ぶ仕様ですし、検索機能の活用で最新情報の収集が可能です。

また、ユーザーは、10代から20代が多くなっていますが、それ以上の年代のアクティブユーザーも多いので多くの情報が得られるでしょう。

匿名でのアカウント保持が可能で、色んな人と繋がりが持てる

匿名でのアカウントが非常に多く、複数アカウントの所持も可能です。

Facebookなどと違って匿名でもアカウントが作れるので、気軽にアカウントの作成ができるのです。

ツイッターの気軽さや拡散力の強さから、通常出会うことのない人とも交流をもつことができる可能性があります。

さらに、自社のビジネスと関連性が高い話題をツイート・リツイートすれば、多くの人にアピールすることも可能です。

ツイッターのビジネス活用例

ここでは、ツイッターのビジネス活用例として、以下のことを解説していきます。

・マーケティング、リサーチ
・販売促進
・カスタマーサービス
それぞれについてお伝えしていきます。

マーケティング、リサーチ

ツイッターは、マーケティング・リサーチとしても活用できます。

自社サービスに関係するワードをツイッター上で検索すれば、ユーザーの生の声や競合のサービス・ツイッターの活用法も調査できます。

また、閲覧しているだけなので、自社の発言がもとになる炎上やネガティブ反応などのリスクがない点もメリットです。

販売促進

ツイッターの特徴であるタイムリーな情報源を活かして販売促進も可能です。

たとえば、新製品の情報をいち早くユーザーにお届けしたり、時間限定の割引サービスなどを実施したりできます。

ユーザーとのコミュニケーションを取ることが、企業好感度や販売促進に繋がるケースは多々あります。

カスタマーサービス

ツイッターの手軽さ・コミュニケーションの取りやすさを活かして、相談窓口やお問い合わせ対応を行う使い方も有効です。

この方法でカスタマーサービスを行うと、メールや電話では見えてこない不満や疑問も引き出されるでしょう。

ツイッターでのアクティブサポートはちょっとした悩みや疑問も返答できるので、企業の信頼性や好感度にもプラスになります。

ツイッターのビジネス活用をより効果的にするために

ここでは、ツイッターのビジネス活用をより効果的にする方法として、以下のことを解説します。

・ツイッター広告の活用
・ハッシュタグの活用
・ツイッターアナリティクスを利用した分析
それぞれお伝えしていきます。

ツイッター広告を活用する

ツイッター広告にはさまざまなキャンペーンがあります。

・フォロワーキャンペーン
・ウェブサイトクリックキャンペーン
・エンゲージメントキャンペーン

キャンペーンをうまく利用すると、費用対効果をあげてツイッター広告を活用することができます。

ちなみに、ツイッター広告はオークション形式の課金体制を採用しており、広告の質・競合企業の入札額などで、その課金額は変化します。

また、ツイッター広告には、以下のようなメリットがあります。

・2次拡散による広告費が必要ない
・新たなユーザーに届きやすい
・CPCがリスティング広告と比較して安い傾向にある

ツイッターをビジネス活用されている方は、ツイッター広告の利用も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグは上手に使えばエンゲージメントを大きく伸ばすことが可能です。

ハッシュタグの個数でも効果が出るかの差があり、1・2個が推奨されています。

ハッシュタグが1・2個の場合と3個以上の場合のとき、1・2個のほうが3個以上の場合と比べて反応率は21%増加します。

さらに、ハッシュタグは、サービス関連の言葉を使用する・トレンドのタグの使用などを心がけると一層の効果を発揮します。

ツイッターアナリティクスを利用した分析

ツイッターアナリティクスは、アカウントやツイート内容の解析ができるツールです。

フォロワーの地域や属性などのデータ・話題のイベントなどの分析や収集が可能。

ツイート1つ1つの解析もでき、非常に優れたツイッターの公式ツールと言えます。

まとめ

ツイッターのビジネス活用方法は、主に以下の方法があります。

・マーケティング、リサーチ
・販売促進
・カスタマーサービス

上記の例や、効果的な活用方法を参考に、あなたのビジネスに最も適した運用方法を探し、実行してみましょう。

しかし、自分でビジネスに活用し、十分な効果を生み出すのが難しいという方もいらっしゃると思います。

そのようなときは、SNS運用代行サービスなどを行っておりますので、ぜひ弊社にお気軽にご相談ください。

Twitterを効果的にビジネス活用するには 特徴や活用例をご紹介