B!

Twitterの凍結とは 凍結してしまう原因と対処法を解説

Twitterの凍結とは凍結してしまう原因と対処法を解説
ツイッターを利用しているとタイムラインで時々見かける「凍結」という言葉。

あなたは「ツイッターアカウントが凍結する」ことが、どういう状態であるかご存じでしょうか。

ツイッターアカウントの凍結は、ツイッタールールに違反しているアカウントに対し行われる措置のことです。

アカウントの凍結には3段階のレベルが設定されており、凍結されると以下のようなことが起こります。

・フォロー、フォロワーの数が0になる
・ツイートできなくなる
・永久凍結の場合は、アカウントが永久的に使えなくなる

企業アカウントを運用している場合、凍結は避けなければなりません。

ここではツイッターが凍結する原因と、万が一凍結した場合の対処法についてお伝えします。

この記事を読むことで、ツイッターを運用する際に注意すべき点が明確になるでしょう。

企業のSNS運用担当者はぜひご覧ください。

Twitterの凍結は3段階

ツイッターの凍結は3段階のレベルがあります。

警告レベルの凍結から永久的にアカウントを使用できなくなる凍結まで、そのレベルによって原因や対処法が異なります。

ここでは3種類の凍結に関してそれぞれお伝えします。

警告凍結

凍結の中でも一番軽いものが警告凍結です。

微凍結と呼ばれることもあります。

ツイッターの定めるルールに違反した場合、最初に受けるものです。

ログインした際に凍結されたという警告と、電話番号の入力かメールアドレスの確認が求められた場合はこの警告凍結です。

本凍結

警告凍結されたことのあるアカウントが、再び凍結されると2段階目の本凍結になります。

本凍結された場合もトップページに警告画面が表示されます。

警告画面に「アカウントがロックされている」と表示された場合は本凍結。

警告凍結と表示される画面が似ているため、どちらの段階の凍結なのかを判断するのが難しいです。

永久凍結

警告凍結と凍結の解除を複数回行い、さらにツイッタールールに違反した場合は永久凍結されます。

永久凍結された場合は解除をすることが難しいので、警告凍結を受けた場合には十分な注意が必要です。

解除ができないため、アカウントを消去されたことと同じ状態になります。

警告凍結をされた場合は、その後永久凍結にならないようにツイッタールールを把握し対処することが重要です。

Twitterアカウントが凍結される理由

ツイッターアカウントが凍結理由は以下の3つだと言われています。

・ツイッターからスパムだと認識された
・アカウントのセキュリティの問題
・攻撃的なツイートがある、もしくはくり返した

ここでは、それぞれの理由についてお伝えします。

Twitterの運営からスパムだと認識された

ツイッターの運営から自社のアカウントがスパムだと認識されると、凍結されることがあります。

アカウント運用側に身に覚えがなくてもスパムであると認識されることがあるのです。

スパムであると認識される理由の一例は以下のとおり。

・短い期間で大量にフォローする、もしくはフォロー解除をする
・似ているツイッターアカウントをいくつも開設した場合
・一方的に大量のレスポンスをユーザーへ送った場合
・他のユーザーのツイートを真似した場合
・フォロワーの売買を行った場合
・スパム報告を多く受けた場合

悪意はなくともツイッターに慣れていない人は、多くのユーザーのフォロー・フォロー解除を行う場合があります。

大量のフォローとフォロー解除は、アカウントが凍結される原因のひとつです。

突然アカウントが凍結され、身に覚えが無いという人の凍結の原因として一番多いものでもあります。

ツイッターではフォローとフォロワーが同じくらいの数であることが理想とされています。

ツイッターは1日にフォローできるアカウント数を400まで、1日のツイート上限数を2,400までと定めています。

この上限を上回った場合はスパムであると認識される可能性があるため注意しましょう。

アカウントのセキュリティが危険

アカウントのセキュリティの状態が危険であるとツイッターに認識された場合も、凍結される原因の一つです。

パスワードを再設定する、電話番号を登録する、またはログイン認証を行うなどセキュリティの安全性を高めることが必要です。

攻撃的なツイートがあった場合

他のユーザーに対し攻撃的なツイートをする、またくり返すこともツイッターアカウントが凍結される原因です。

攻撃的なツイートが原因の場合、永久凍結になる可能性もあります。

ツイッタールールをしっかりと踏まえた上で、アカウントの運用をすることが重要であるといえます。

Twitterのアカウントが凍結された場合の対処法

ツイッターアカウントが凍結された場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか。

3段階の凍結レベルに合わせた、対処法について紹介します。

警告凍結の解除方法

警告凍結の場合は、自分で凍結を解除できます。

警告凍結をされている場合、ツイッターにログインする際に以下の動作を行うような指示が表示されます。

・携帯電話の番号を入力
・メールアドレスの確認

この場合は、指示に従い携帯電話番号を入力するかメールアドレスの確認を行うことで凍結が解除されます。

万が一、警告凍結された場合の対処法としてだけでなく不正アクセスを防ぐためにも電話番号を登録しておくことをおすすめします。

本凍結の解除方法

アカウントが本凍結された際には、「異議申し立て」をすることが求められます。

異議申し立てを行う方法は以下のとおり。

(1)ツイッターへログインすると、アカウントが凍結されたこと・凍結された理由が記載されている画面が表示される
(2)表示された画面上にある「異議申し立ての詳細を入力」というリンクをクリック
(3)異議申し立てのページに移動するので、項目を入力する
(4)自動返信メールが送られてくるので、そのメールに返信することで異議申し立ての申請完了

異議申し立てのページでは、問題の詳細を入力する部分があります。

ここには、自社のアカウントが凍結されたことに対する異議をできるだけ詳しく記載してください。

また、異議申し立てをする際には注意点があります。

・自動返信メールに返信しないと、異議申し立ての申請が受け付けられないので必ず返信する
・異議申し立てを行ってから、解除まで時間がかかる場合がある

しっかりと詳細や指示を読んで、対処を行ってください。

永久凍結の解除方法

アカウントが永久凍結された場合は、アカウントが使用できなくなります。

しかし運用側に悪意が無くても、ツイッタールールに基づき永久凍結されてしまうケースもあるのです。

ツイッター側の判断が間違っていると感じた場合、異議申し立てを行ってください。

異議申し立てを行うためには、「ヘルプセンター」のページから「凍結アカウント」「アカウントの凍結について」というページを開きます。

ページ中にある「異議申し立ての詳細を入力」のリンクを開き、詳細を入力することで異議申し立てを行うことができます。

まとめ

ツイッターの凍結について、原因と対処法をお伝えしました。

ツイッタールールに基づき、コンピュータによる確認と人為的な確認により凍結が行われています。

その結果、アカウント運営側に悪意が無くても凍結されるケースがあるのです。

凍結を防ぐため、また凍結された場合に素早く対処するために企業のツイッター担当者は以下のことを行いましょう。

・電話番号を登録する
・ツイッタールールに目を通し、規約違反にならない運用をする

企業アカウントが凍結された場合、ユーザーからの信頼を失う結果も考えられます。

凍結されないように、日頃から十分な注意と対策が必要です。

自社のツイッターアカウントの運用に不安がある場合は、株式会社Next Stageまでご相談ください。

twitter ヘルプセンター:アカウントの凍結について
Twitterの凍結とは 凍結してしまう原因と対処法を解説