B!

Twitterで拡散されやすいピークタイムはこの時間 効果的にツイートしよう

Twitterで拡散されやすいピークタイムはこの時間 効果的にツイートしよう
ツイッターには拡散されやすい、見られやすい時間があります。

当たり前だと思うかもしれませんが、アクティブユーザーが多い時間帯と、拡散されやすいピークタイムは違うということを知っていますか?

20時以降にアクティブユーザーが多いため、その時間帯にツイートすれば拡散されると思っているなら、統計的にはそれは間違っています。

せっかく拡散を狙える内容のツイートなのに、拡散されない時間にツイートしてしまうともったいないです。

少しでも拡散される可能性を高めていきましょう。

ツイートが拡散される!Twitterのピークタイムとは?

ツイッターはSNSの中でも拡散力の高いことで知られています。

そんなツイッターの中で、ツイートが拡散されやすいピークタイムはいつなのかというと、
株式会社AutoScaleの2017年の調査によれば、以下の時間帯です。

平日の場合
・5時
・11時
・15時
・20時

休日の場合
・8時
・12時
・14時
・16時

思い描いていた時間帯と少し違うのではないでしょうか。

アクティブユーザーの多い時間帯と、拡散されるピークタイムは、本当に別の時間帯なのです。

アクティブユーザーが多い時間帯と、拡散される時間は違う

ツイッターのアクティブユーザーが多い時間帯は、以下の通りです。

平日の場合
・7時
・12時
・21時~0時

休日の場合
・10時~14時
・17時~0時

平日はやはり出勤前とお昼休みでアクティブユーザーが増えますが、休日だと12時前後の時間もなだらかにアクティブユーザーがいるような推移です。

平日だと13時からはガクッとユーザー数が減りますが、休日はそんなことがないので、12時台を気にせずツイートしてよさそうです。

ここで、先ほどお伝えした「拡散力があがるツイッターのピークタイム」と比較してみましょう。

一緒ではないのです。

利用している人数が多いと拡散もされやすいだろうと思い、「20時~0時くらいにツイートすればいい」というのはある意味間違っています。

見てもらう、リンクへのアクセスを伸ばすという目的なら、アクティブユーザーが多い時間帯にツイートしましょう。

しかし、拡散されたいツイートの場合は、違う時間帯でツイートした方が可能性が高まります。

おそらく、アクティブユーザーが多い時間帯は、自分もツイートしようと思ってツイッターを開いている人が多かったり、流れてくる投稿数も多いので目に留まりづらかったりという理由で、拡散されるピークタイムではないのでしょう。

アクティブユーザーが少ない時間帯は自分から発信しようという目的ではなく、ツイートを確認しようという目的で開くことが多いから、拡散されやすいのかもしれません。

アクティブユーザーが多い=拡散されやすいピークタイム と思ってしまいそうですが違うので、別で考えるようにしましょう。

リツイートされやすいツイートの特徴

拡散されやすいピークタイムがわかったところで、リツイートされやすいツイートの特徴も合わせてお伝えします。

・リアルタイムで起きている、衝撃の現場動画
・感動できる具体的な話
・笑ってしまう話
・誰もが今まで言わなかったような、新しい情報
・拡散希望と書かれたツイート

拡散されやすいツイートには、上記のような特徴があります。

リアルタイムで起きている衝撃的な事件の動画は、心理的に拡散されやすいようです。

感動できる話や笑ってしまう話も、見た人が心を動かされれば、リツイートしてもらいやすいようです。

情報やノウハウを発信しているアカウントもありますが、他の人が今まで言わなかったような新しい情報であると拡散されやすくなります。

こちらから「#拡散希望」というハッシュタグをつけて、お願いするというのも有効です。

こちらからお願いするのは気が引けるかもしれませんが、ツイッターにはこちらから拡散を希望する文化があるので、「これは拡散されたい!」というツイートにはお願い文を添えるのもいいでしょう。

予約投稿ができる無料ツールをご紹介

ツイッターで拡散されやすい時間帯に予約投稿するために便利な、無料ツールをご紹介します。

・SocialDog
・Hootsuite
・Buffer
・Tweetdeck

それぞれ特徴がありますので、あなたのスタイルにあったアプリを使ってみてください。

まとめ

ツイッターで拡散されやすいピークタイムについてお伝えしました。

アクティブユーザーが多い時間帯が一番拡散されやすいだろうと思いきや、調査では違う結果が出ていました。

アクセスを増やしたいのか、拡散されたいのかによって、ツイートする時間を変えてみてください。

また、拡散されるには、拡散されやすい内容のツイートをする必要があります。

やはり、「夜ご飯は○○を食べた」というようなツイートでは、芸能人でない限り拡散はされません。

あなたに関心をもつ人を増やすために、内容と時間帯を思考錯誤してみてください。

ご自身でツイッターの運用を行うことが難しいと感じる場合、ぜひNext Stageにご相談ください。

SNSの運用代行、広告出稿を行っています。

あなたを応援する方が増えるよう、一緒に尽力いたします。

Twitterで拡散されやすいピークタイムはこの時間 効果的にツイートしよう