B!

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方
ツイッターのプロフィール文を魅力的にしたいですよね。

プロフィール文は適当に書いてしまうと、フォローしてもらったり、みつけてもらったりするチャンスを逃すことになってしまいます。

この記事では、ツイッター検索はどのように検索されているかというユーザー視点の話から、プロフィール文の書き方・テクニックについてお伝えしていきます。

プロフィール文は重要なので、適当に書いていてはもったいないです。

ぜひこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。

プロフィールはなぜ重要?本当に力を入れないといけないの?

ビジネス利用の場合は特に、プロフィールに力を入れるべきでしょう。

やはり、プロフィール文が整っていないと、フォロワーを増やすチャンスを逃すからです。

確かに最近は、ツイート内容に共感されてフォロワーが増えるというアカウントもありますが、ビジネス利用のように目的があって運用する場合はしっかりと整える必要があるでしょう。

ここからは、その理由をお伝えしていきます。

プロフィールから見つけてもらえることがある

プロフィールのおかげで、あなたのアカウントを見つけてもらえる可能性があります。

そのチャンスを逃すのはもったいないですよね。

詳しくは後述しますが、ユーザー検索や、ハッシュタグ検索などで、プロフィールによってはみつけてもらえる可能性があるので、そちらでみつけてもらえるようなプロフィールを書きましょう。

プロフィールが魅力的でないと、フォローしてもらえない

何かのきっかけでツイートが拡散されて、どんな人だろうとプロフィールまで見に来てもらえたとしても、プロフィールが魅力的でないとフォローしてもらえない可能性があります。

プロフィールクリック数が多くても、フォロワーが伸びないということも多いです。

プロフィールまでは興味を持たれているのに、フォローをされないのは見た人にとって魅力に欠けるプロフィール文だったのでしょう。

プロフィール文は考えて作らないと、フォロワーが増えるチャンスを逃すことになってしまいます。

プロフィールはどのように検索されている?

プロフィールはどのように検索され、人の目に触れるのか解説していきます。

これを知ることで、どんなプロフィール文をつくればいいかが見えてくるでしょう。

検索のされ方は、大きく2つの種類があります。

・ツイッター内部検索
・外部からの検索

それぞれについて解説していきます。

Twitter内部検索

ツイッターでキーワード検索をし、「ユーザー」のタブを見ると、プロフィールがずらりと並びます。

そこであなたのプロフィールが上位に表示されれば、見つけてもらえる可能性は高まります。

あなたのビジネスに関連が深いキーワードで検索上位になれるよう、工夫が必要です。

外部からの検索

外部からの検索には、GoogleやYahoo!からの検索という可能性もありますが、それだけではなく、ツイプロTwitterSearchのような専用サイトから検索されるケースもあります。

GoogleやYahoo!からの流入は、ユーザー名などで検索してもらったときにあるかどうかくらいなので、あまり重視しなくてもいいでしょう。

ツイプロや、TwitterSearchというのは、以下などの枠組みでプロフィールからユーザーを探すことができるサイトです。

・キーワード
・つぶやき
・地域
・年齢
・職業
・趣味

たとえば、ツイプロで「趣味で探す」→「キャンプ」で検索すると、プロフィールにキャンプと記載しているアカウントがずらりと並びます。

こちらのような検索でも見つけてもらえるよう、主要なキーワードを入れてプロフィールをつくるといいでしょう。

プロフィールの書き方、見つけてもらうためのテクニック7選

ここからは、プロフィールを書くためのコツを7個お伝えしていきます。

狙うキーワードで検索してみて、競合のプロフィールをチェックする

先ほど、ツイッターの内部検索から訪れるユーザーもいるということをお伝えしました。

検索で上位に表示されるために、現在上位になっているユーザーをチェックしてみてください。

どんな要素が書かれているかを見て、必要そうな要素をあなたのプロフィールにも取り入れましょう。

もちろん、そのまま文言をコピーするのは厳禁です。あくまで要素を取り入れるようにしましょう。

競合のフォロワーから、ターゲット層について知る

競合のプロフィールをチェックしたら、次は競合のフォロワーもチェックしてみてください。

そのアカウントがあなたのターゲットにもなりえる方々のはずです。

ターゲット層の想定はある程度しているでしょうが、実際にアカウントを見に行き、どんな人なのかリサーチしてみてください。

そこで、改めてターゲット像を再確認してプロフィールを作っていきましょう。

フォローしてみつけてもらい、フォローバックを待つという方法を行う場合は、そのまま競合のフォロワーをフォローしていくと効率的です。

プロフィールの基本は、自分の所属・ツイート内容などを書くこと

プロフィールに何を書くのかという基本ですが、以下のことを書いてみましょう。

・自分の所属(できれば固有名詞を入れる)
・自分の実績(できれば数字を書く)
・どんなツイートをするのか
・ダメだったころの話

所属が書いてあると、あなたがどんな人がわかりやすくなります。

実績があると、興味をもってもらえる可能性が高まります。

フォローするとタイムラインに流れるわけですから、どんな内容のツイートをするアカウントなのかを書くのもいいでしょう。

すごい実績ばかりを書くと距離を感じられてしまう場合もあるので、親しみを出すためにもダメだったころの話を書き、「こんな自分でもできました!」というストーリーを書くのも一つのテクニックです。

最近は特に、親しみ感が重要になってきていますので、ジャンルにもよるかもしれませんが、可能であれば少し「抜け感」や「ゆるさ」を出すのも戦略です。

ツイートの内容と、プロフィールにギャップがないようにする

ユーザーは、ツイートの内容やプロフィールを見てフォローするか決めます。

プロフィールに惹かれても、ツイートの内容を見てみたら全然違う内容をつぶやいていたということでは、フォローしてもらえません。

ツイートの内容と、プロフィール文にギャップがないようにしましょう。

ハッシュタグをつけると、見つけてもらいやすくなる

プロフィール文にハッシュタグをつけるという方法もあります。

プロフィールの最後にあなたに関連の深いキーワードのハッシュタグをつけるのです。

そうすることで、ツイッターの内部検索でみつけてもらえる可能性が高まります。

アカウント名は、一目であなたのことがわかるものを

ツイッターでは、ユーザー名の横に「@○○」のように肩書をつける文化があります。

こちらに、あなたのことが一目でわかるキャッチーな言葉を入れると、さらにフォローしてもらいやすくなるでしょう。

あなたを一言で表すと、どんな肩書になるでしょうか。考えて設定してみましょう。

自分の雰囲気を伝えるプロフィール文・画像にする

印象の問題になってきますが、全体的にあなたの雰囲気が伝わるプロフィールを作りましょう。

最近は特に、ガチガチのビジネスアカウントという雰囲気のプロフィールは敬遠され、少し抜け感のあるプロフィールの方がフォローされやすい傾向にあります。

客観的に自分のアカウントを見たときに、親しみをもてるかどうかを重視して、プロフィール文を作ってみるのがおすすめです。

そうでない場合も、自分をどう見せたいか、どんな雰囲気のアカウントだと思ってもらいたいかを考えて、プロフィール文やプロフィール画像、ヘッダー画像を設定しましょう。

まとめ

ツイッターのプロフィール文の重要性や、書くときのコツをお伝えしました。

惹かれるプロフィール文は、検索から見つけてもらえるということだけではなく、ツイートからプロフィールを見られたときにフォローしてもらえる確率を高めることにもつながります。

どんなことを教えてくれるアカウントなのか、どんな実績があり、どんな雰囲気のアカウントなのかが伝わる、フォローしてもらえるプロフィール文にしましょう。

自分でプロフィール文を作るのが困難なこともあるでしょう。

そんなときは、よかったらNext Stageにご相談ください。

SNS運用や、コンサルティングを行っております。

あなたのビジネスに最適なSNS運用を、一緒に考えていければと思います。

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方