B!

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方
Twitterのフォロワーを増やすために、発信内容と同じくらい重要なのがプロフィールの書き方です。

ツイートに興味を持ってもらえたとしても、最終的にフォローというアクションを起こすのはプロフィール画面。

つまり、プロフィール画面の書き方が適切でなければ、どれだけ有益な情報を発信していても、フォローしてくれるはずだったユーザーを取りこぼしてしまうのです。

この記事では、Twitterプロフィールの書き方について徹底的に解説していきます。

Twitterのプロフィールを作り込む重要性

結論からお伝えすると、Twitterのプロフィールを作り込む最も重要な理由は、プロフィールが適切に設定されているかどうかによって、フォロワーを獲得できる確率に驚くほど差が生まれるためです。

ツイートがバズりさえすればフォロワーは自然と増えると考える方もいますが、それは間違いです。

特にビジネス目的でTwitterを運用する場合、ターゲットとなるユーザーとの接点を生み出し、さらにフォローしてもらうためにはプロフィールをしっかりと考えて設定することが不可欠です。

その理由を解説していきます。

プロフィール情報からTwitter検索等でアカウントを見つけてもらえる

プロフィールに設定したキーワードやハッシュタグはTwitter検索の手がかりとなります。

詳しくは後述しますが、ユーザー検索やハッシュタグ検索などを行った際に自身のアカウントが表示されれば、それをきっかけにフォローしてもらえる可能性があります。

特にターゲットユーザーが検索しそうなキーワードやハッシュタグでアカウントをヒットさせることができれば、ターゲットユーザーとの接点を多く作れるため、プロフィール情報の設定はしっかりと考えた上で行いましょう。

具体的にどの様なプロフィールにすれば良いのかは後述します。

プロフィールが魅力的でないとフォローしてもらえない

何かのきっかけでツイートが拡散されて、どんな人だろうとプロフィールまで見に来てもらえたとしても、プロフィールが魅力的でないとフォローしてもらえない可能性があります。

プロフィールクリック数が多くても、フォロワーが伸びないということも多いです。

プロフィールまでは興味を持たれているのに、フォローをされないのは見た人にとって魅力に欠けるプロフィール文だったのでしょう。

プロフィール文は考えて作らないと、フォロワーが増えるチャンスを逃すことになってしまいます。

Twitterのプロフィールで設定できる項目

Twitterのプロフィールで設定できる項目は全部で8つあります。

わかりやすく表にまとめたので、参考にしてみてください。

項目 内容
ヘッダー画像 プロフィール画面のヘッダーに表示される横長の画像。
プロフィール画像 プロフィール画面やタイムラインに表示されるアイコン画像。
名前(表示名) プロフィールやタイムラインなどで最も目立つ形で表示される名称。※プロフィールからは設定できないユーザー名(@~)とは別物。
BIO(自己紹介) プロフィール画面に表示される最大160文字の自己紹介文。
場所 店舗やオフィスなどの位置情報。「東京都」など地名を入力するとリンクが設定され、タップすることで該当エリアでのツイートを検索できるようになる。※エリア情報ではなく自由にテキストを設定することも可能
Web HPのURL。
生年月日 西暦で表示される自身の生年月日
アカウント作成時には名前だけ設定すればOKです。

しかし先述の様に、検索の手がかりになったり、アカウントのプロフィール画面を訪れたユーザーがフォローするかどうかを左右するため、できるだけしっかりと情報を充実させましょう。

プロフィール項目の設定方法

それでは、上記7つのプロフィール項目を設定する具体的な手順を見ていきましょう。

Twitterアプリから設定する方法

・ホーム画面左上のプロフィール画像(丸いアイコン)をタップ
・メニューが表示されるので「プロフィール」をタップ
・アカウントのプロフィール画面が表示されるのでヘッダー画像右下の「変更」をタップ
・各種項目の設定後、右上の「保存」をタップで完了

PCブラウザ版Twitterから設定する方法

・ホーム画面右上のプロフィール画像(丸いアイコン)をクリック
・メニューが表示されるので「プロフィール」をクリック
・アカウントのプロフィール画面が表示されるのでヘッダー画像右下の「プロフィールを編集」をクリック
・各種項目の設定後、右上の「変更を保存」をクリックで完了

プロフィールはどのように検索されている?

Twitterのプロフィールをどの様に設定すれば良いのかを考えるにあたって、
検索のされ方は、大きく2つの種類があります。

・Twitter内部検索
・外部からの検索

それぞれについて解説していきます。

Twitter内部検索

Twitterでキーワード検索をし、「ユーザー」のタブを見ると、プロフィールがずらりと並びます。

そこであなたのプロフィールが上位に表示されれば、見つけてもらえる可能性は高まります。

あなたのビジネスに関連が深いキーワードで検索上位になれるよう、工夫が必要です。

外部からの検索

外部からの検索には、GoogleやYahoo!からの検索という可能性もありますが、それだけではなく、ツイプロTwitterSearchのような専用サイトから検索されるケースもあります。

GoogleやYahoo!からの流入は、ユーザー名などで検索してもらったときにあるかどうかくらいなので、あまり重視しなくてもいいでしょう。

ツイプロや、TwitterSearchというのは、以下などの枠組みでプロフィールからユーザーを探すことができるサイトです。

・キーワード
・つぶやき
・地域
・年齢
・職業
・趣味

たとえば、ツイプロで「趣味で探す」→「キャンプ」で検索すると、プロフィールにキャンプと記載しているアカウントがずらりと並びます。

こちらのような検索でも見つけてもらえるよう、主要なキーワードを入れてプロフィールをつくるといいでしょう。

プロフィールの書き方、見つけてもらうためのテクニック7選

ここからは、プロフィールを書くためのコツを7個お伝えしていきます。

①どんなアカウントかひと目で分かるアカウント名にする

アカウント名は、一目であなたのことがわかるものを Twitterでは、ユーザー名の横に「@○○」のように肩書をつける文化があります。

こちらに、あなたのことが一目でわかるキャッチーな言葉を入れると、さらにフォローしてもらいやすくなるでしょう。

あなたを一言で表すと、どんな肩書になるでしょうか。考えて設定してみましょう。

②自分の雰囲気を伝えるプロフィール文・画像にする

印象の問題になってきますが、全体的にあなたの雰囲気が伝わるプロフィールを作りましょう。

最近は特に、ガチガチのビジネスアカウントという雰囲気のプロフィールは敬遠され、少し抜け感のあるプロフィールの方がフォローされやすい傾向にあります。

客観的に自分のアカウントを見たときに、親しみをもてるかどうかを重視して、プロフィール文を作ってみるのがおすすめです。

そうでない場合も、自分をどう見せたいか、どんな雰囲気のアカウントだと思ってもらいたいかを考えて、プロフィール文やプロフィール画像、ヘッダー画像を設定しましょう。

③ターゲットと発信内容が明確な自己紹介文を設定する

Twitterでフォロワーを増やすためには、「誰に向けてどの様なことを発信しているか」が明確なプロフィールかどうかが非常に重要です。

適当にプロフィールを設定するのではなく、自身のビジネス上の目的を達成するためには、どの様なTwitterユーザーにフォローしてもらう必要があり、そのためにはどの様な情報を発信する必要があるのか。

この2点を明確にした上で、実際にプロフィール画面を訪れたユーザーにもそれが伝わる様に自己紹介文を設定しましょう。

具体的にどの様なことを書けばいいのか、リサーチ方法を解説します。

競合アカウントのプロフィールをチェックする

Twitter運用が上手くいっているアカウントは、必ずプロフィールもしっかりと作り込んでいます。

そのため、競合アカウントを洗い出してプロフィール画面をチェックすることで、誰に向けてどの様に情報発信をすればフォロワーを獲得できるのかをリサーチすることができます。

競合のアカウントが見つからない場合には、次の様な探し方を試してみてください。

・SNS関係無く業界的に大手のアカウントを一通りチェックしてみる
・Twitterユーザー検索で自社のビジネスと関連性が深いキーワードで検索してみる

競合アカウントのフォロワーを分析する

競合のプロフィールをチェックしたら、次は競合のフォロワーもチェックしてみてください。

そのアカウントがあなたのターゲットにもなりえる方々のはずです。

ターゲット層の想定はある程度しているでしょうが、実際にアカウントを見に行き、どんな人なのかリサーチしてみてください。

そこで、改めてターゲット像を再確認してプロフィールを作っていきましょう。

フォローしてみつけてもらい、フォローバックを待つという方法を行う場合は、そのまま競合のフォロワーをフォローしていくと効率的です。

⑤経歴・所属・実績などを書く

アカウントの信頼性をアップさせるためには、次の様な情報をプロフィールに記載しましょう。

プロフィールの基本は、自分の所属・ツイート内容などを書くこと ・自分の所属(できれば固有名詞を入れる)
・自分の経歴
・自分の実績(できれば数字を書く)

同じ内容であっても、「誰が言うか」というのは非常に重要なファクターです。

例えば健康についての情報発信において、情報の質が同じであっても、医師がツイートするのと身元不詳のアカウントが発信するのでは、信頼性が全く異なりますよね。

所属や経歴、実績といった情報は「私はこの様な人間(企業)でこの様な実績があります」ということをユーザーに知らせることができるため、発信内容に信憑性を持たせるとともに、フォローを促すことができるのです。

⑥ツイートの内容と、プロフィールにギャップがないようにする

ツイートの内容と、プロフィールにギャップがないようにする ユーザーは、ツイートの内容やプロフィールを見てフォローするか決めます。

プロフィールに惹かれても、ツイートの内容を見てみたら全然違う内容をつぶやいていたということでは、フォローしてもらえません。

ツイートの内容と、プロフィール文にギャップがないようにしましょう。

ハッシュタグをつけると、見つけてもらいやすくなる

プロフィール文にハッシュタグをつけるという方法もあります。

プロフィールの最後にあなたに関連の深いキーワードのハッシュタグをつけるのです。

そうすることで、Twitterの内部検索でみつけてもらえる可能性が高まります。

まとめ

Twitterのプロフィール文の重要性や、書くときのコツをお伝えしました。

惹かれるプロフィール文は、検索から見つけてもらえるということだけではなく、ツイートからプロフィールを見られたときにフォローしてもらえる確率を高めることにもつながります。

どんなことを教えてくれるアカウントなのか、どんな実績があり、どんな雰囲気のアカウントなのかが伝わる、フォローしてもらえるプロフィール文にしましょう。

自分でプロフィール文を作るのが困難なこともあるでしょう。

そんなときは、よかったらNext Stageにご相談ください。

SNS運用や、コンサルティングを行っております。

あなたのビジネスに最適なSNS運用を、一緒に考えていければと思います。

誰でもできるフォロワーが増えるTwitterプロフィールの書き方