B!

ツイッターの動画広告とは? 動画広告の設定方法を詳しく解説

ツイッターの動画広告とは 動画広告の設定方法を詳しく解説
ツイッターでの宣伝方法に悩んでいませんか?

ツイッターでは、動画による広告が注目を浴びています。

視聴完了率が他の動画広告よりも高いため、宣伝効果に期待できるからです。

この記事では、ツイッターの動画広告についてお伝えしていきます。

主にインストリーム動画広告について紹介していくので、これから動画広告を始めるあなたの参考になれば幸いです。

2種類あるツイッターの動画広告

ツイッターには、以下の2種類の動画広告があります。

・インストリーム動画広告

・インストリーム動画スポンサーシップ

インストリーム動画スポンサーシップはプレミアなパートナーのみが利用できるため、一般的にはインストリーム動画広告を理解しておけばよいでしょう。

違いを知るためにも2種類の動画広告をお伝えしますが、インストリーム動画スポンサーシップのほうは読み飛ばしても問題ありません。

インストリーム動画広告

インストリーム動画広告とは、動画コンテンツにプレロール広告を配信する宣伝方法のことです。

同じカテゴリのコンテンツパートナーの動画(本編)が始まる前に再生されるため、視聴完了率が高いという特徴があります。

カテゴリは自分で選ぶことができますが、どのコンテンツパートナーの動画のプレロール広告として配信するのかを決めることができません。

あくまでカテゴリしか選ぶことができないため、コンテンツパートナーの動画との親和性を持たせることは難しいです。

インストリーム動画スポンサーシップ

インストリーム動画スポンサーシップも、プレロール広告を付ける宣伝方法です。

しかし、インストリーム動画広告ではカテゴリしか選べなかったことに対して、インストリーム動画スポンサーシップではプレロール広告を配信するコンテンツパートナーの動画を選ぶことができます。

具体的には、たとえばインストリーム動画広告では、同じカテゴリ内のA社・B社・C社のうちランダムでプレロール広告が配信されます。

対してインストリーム動画スポンサーシップなら、A社・B社・C社のうちの特定のコンテンツパートナーの動画にプレルール広告を配信できるのです。

親和性が高かったり、人気があったりするコンテンツパートナーの動画にプレロール広告を配信できるため、宣伝効果に期待できます。

しかし、プレミアムなパートナーに限定されているため、一般的なユーザーアカウントでは利用することはできません。

インストリーム動画広告の課金体系

インストリーム動画広告の課金体系は、表示割合と再生された秒数で決まります。

具体的には、以下の通りです。

・動画の50%が表示されたて、かつ2秒以上再生
・動画の100%が表示されて、且つ3秒以上再生

上記のうちどちらかが当てはまった場合、1視聴として数えられます。

しかし、リツイートから広告動画を視聴した場合、広告をすべて閲覧したとしても1視聴として数えられることはありません。

動画が拡散されればされるほどプレロール広告も多くのユーザーに無料で配信されるため、コンテンツパートナーの動画を決められるインストリーム動画スポンサーシップが有利になりそうです。

インストリーム動画広告の設定方法

インストリーム動画広告の設定方法は、以下の操作を行ってください。

1.ツイッター広告の設定画面にアクセスする
2.キャンペーンの目的を選択する
3.キャンペーンの詳細を設定する
4.広告グループの詳細を選択する
5.ターゲティングの設定する
6.クリエイティブを選択する
7.内容確認後に配信を開始する

以下でそれぞれの設定方法をお伝えしていくので、参考にしてインストリーム動画広告を設定してください。

ツイッター広告の設定画面にアクセスする

まずは、ツイッター広告の設定画面にアクセスする必要があります。

ツイッター広告の設定画面にアクセスするには、以下の操作を行ってください。

1.動画広告を配信したいアカウントにログインする
2.右上にある自分のアイコンをクリックする
3.「twitter広告」をクリックする
4.「twitter広告を設定する」をクリックする

以上で、ツイッター広告の設定画面にアクセスすることができます。

キャンペーンの目的を選択する

ツイッター広告のキャンペーン目的を設定しましょう。

キャンペーン目的には「フォロワー」や「ツイートのプロモーション」などがありますが、インストリーム動画広告をする場合はプロモビデオ再生数を選択してください。

キャンペーンの詳細を設定する

詳細では、以下のことを設定します。

・キャンペーン名
・日別予算
・開始日時と終了日時

キャンペーン名には管理しやすいように、どのような広告動画なのかがわかるような名前を付けるとよいでしょう。

日別予算で設定することは、1日あたりの予算と期間中の予算総額です。

予算総額は任意設定ですが、予算オーバーしないためにも設定しておくことを強く推奨します。

開始日時と終了日時では、広告を配信する開始日時と終了日時を設定します。

時間は分まで決められるので、こだわりがある場合は詳細に設定してみましょう。

広告グループの詳細を選択する

広告グループの詳細では、以下のことを設定します。

・広告グループ名
・入札タイプ

広告グループ名を決めるときは、複数の広告グループがあっても管理できるような名前を付けるようにしましょう。

広告グループ単位で予算や広告配信日時を管理できるためです。

入札タイプは、以下の2つのタイプから選択する必要があります。

・自動入札額
・上限入札単価

入札はオークション制なため、自動入札額では単価が上がりすぎる可能性があります。

まずは上限入札単価で、80円から100円ではじめてみてはいかがでしょうか。

ターゲティングの設定する

ターゲティングの設定では、以下のことを選択します。

・オーディエンス
・オーディエンスの特性
・オーディエンスの機能

それぞれ目的に合うターゲティングになるように、設定してください。

クリエイティブを選択する

クリエイティブでは、広告として使うツイートを選択します。

広告に使うツイートは、以下の4つから選びましょう。

・新規作成

→新たに広告に使うツイートを作成します

・オーガニックツイート

→すでにあるツイートを広告として使用します

・予約投稿ツイート

→特定の日に投稿するツイートを広告として使用します

・広告用ツイート

→既に作成してある広告を選べます

キャンペーンを確認後にキャンペーンを開始する

「キャンペーンを確認」で設定した内容を確認します。

間違えがある場合は訂正してください。

設定した内容に間違いがない場合は、「キャンペーンを開始する」をクリックして配信を開始しましょう。

まとめ

ツイッターの動画広告をうまく活用すれば、選択したカテゴリ内の動画のプレロール広告として宣伝することができます。

現在のツイッターは幅広い世代が利用しているので、目的に適したユーザーにリーチすることができるでしょう。

しかし、キャンペーンの設定方法には注意してください。

日時や予算を間違えると、宣伝効果が予想よりも低いものになるかもしれません。

もし、ツイッターの広告にお悩みなら、Next Stageにご相談ください。

Next Stageはツイッター広告に精通しているため、より宣伝効果が高いご提案をすることが可能です。

SNS広告を活用していない方はもちろん、既にSNS広告を利用している皆さまも、是非一度状況をお聞かせください。

ツイッターの動画広告とは? 動画広告の設定方法を詳しく解説