B!

あなたもSNSハラスメントを行っているかも 予防する方法とは

あなたもSNSハラスメントを行っているかも 予防する方法とは
ソーシャルメディア(以下、SNS)で、あなたも気づかないうちにSNSハラスメントをしているかもしれません。

SNSハラスメントは、会社の部下などにSNSで「いいね」を連発することや、会社の上司の立場を利用して、一度断った友達申請などを無理やり行うなど、パワハラに匹敵するほどのハラスメントの扱いになります。

友達同士でも、相手が嫌がることをした場合、同じことがいえます。

SNSは簡単にコミュニケーションを取れるツールでもありますが、時と場合によってはハラスメントをしていることもあるので注意が必要です。

現在増加傾向にあるSNSハラスメントとは?

SNSハラスメントは現在では、フォトハラ、会社の上司からのハラスメント、また、友人内で起きるハラスメントがあります。現在では、連絡手段としてメジャーなLINEでのハラスメントも増えています。

友人・知人の間で起こるSNSハラスメント

友人・知人の間でもSNSハラスメントは起こります。

仲のいい友人と旅行に行くと、友人が自撮りなどで写真を撮っているときに自分も一緒に写っていたときはありませんか。

その写真を友人がSNSに投稿しても構わない方はいるのですが、中にはそれをされると困る人もいます。

嫌がることを分かっていながら投稿する人もいます。

自然とその行為がSNSハラスメントになっていることもあるのです。

会社関係者で起こるSNSハラスメント

会社関係で起こるSNSハラスメントは、上司からが多いです。

個人でSNSをしていると、どうしても会社関係の人とつながりを持たなければならないときは発生します。

特に部下と上司の間で、友達申請されたら、断りづらいものです。

断っても、中にはしつこく友達申請して、会社内で「申請しているのだから許可しなさい」など言われるとするしかないです。

SNSの種類にもよりますが、LINEなどの連絡手段になるものだと、直接連絡を取ってくるなど、会社関係者の上司と部下でのSNSハラスメントはこのように行われています。

SNSハラスメントによって起こり得る問題とは?

著作権・肖像権の侵害

著作権・肖像権の侵害は、有名人では聞くことがあります。

今では個人でしているSNSの投稿などでも著作権や肖像権の侵害に当たることもあります。

何気なく、ウェブサイトの投稿している原稿をそのままコピーして自分のSNSに上げてしまった場合は著作権の侵害になります。

肖像権侵害には2種類の侵害があります。

・プライバシー権
・パブリシティ権

プライバシー権は個人に対する権利です。

SNS上などで個人を確定できる写真や動画などで、許可もなく投稿されたときにプライバシー権の侵害になります。

パブリシティ権の侵害は、有名人などの写真を使って収益に関わる投稿を無断ですることです。

肖像権は刑事事件ではないですので、罰金などの処罰が科されます。

中には確信犯で投稿する人もいます。著作権侵害の罰則は重く、10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金になります。

個人情報の流出

SNSでの個人情報の流出は、ストーカーの被害に遭う可能性が出てきます。

有名人やネットアイドルの人たちは気をつけているのですが、個人のSNS では、油断すると住所や連絡先といった個人情報が流出してしまいます。

・商品の写真を撮って投稿したら、伝票が写っていた
・写真をみて場所を確定された

住所が見つかってしまうときは、少しの油断で見つかってしまいます。

流出で怖いのが、個人情報が分かったときにその個人情報を知った他人が、さらにほかのSNSなどに拡散投稿してしまった場合は、完全な抹消は難しく、ネット上に個人情報が残ってしまいます。

ここ2年前より、ストーカー規制法にも改正があり、現在ではSNSでの付きまとい、Facebookのメッセンジャーや、LINEでのしつこい連絡などにも、注意・警告ができるようになりました。

写真転載の可能性

SNSでの写真転の被害があります。

自撮りなどした写真がコピーされ、それをほかのサイトにアップされます。

悪質なのは、写真を転載し、そのままなりすましてほかの人とやりとりをすることもあります。

写真の転載を使い、掲示板に投稿し誹謗中傷をする人もいます。

SNSハラスメントを予防する方法とは?

SNSハラスメントを予防するには以下の方法があります。

・ソーシャルメディアポリシーの作成
・従業員への研修
・投稿の監視

ソーシャルメディアポリシーとは、基本方針は企業として、「SNSをどう捉えていくのか?」「どう向き合っていくのか?」です。

基本的なことですが、「機密情報の保護」「顧客情報の保護」「誹謗中傷」といった行為に対する注意を喚起することになります。

従業員個人によるSNSの投稿やコメントなどは、最終的に個人に責任があることです。

企業ではその作成したソーシャルメディアポリシーを社内に配布する。

それに加えて誓約書を署名させる。

従業員への研修は、「ソーシャルメディアポリシーの理解や説明」「日頃気をつけるべきこと」「情報セキュリティの理解」などです。

投稿の監視はそのままなのですが、より大切なのは、企業の名前や製品名などを使った投稿の管理です。

管理はたいへんな量になってきますので、監視専門の企業にお願いすることもよいでしょう。

SNSに対しての研修を行うことによって、未然にSNSハラスメントと社員による炎上を予防できる可能性が高まります。

SNSハラスメントは今後も増加が見込まれる

身近な存在のコミュニケーションツールの一つになっているSNSですが、使い方を間違えるとハラスメントに発展します。

SNSハラスメントは、今の時代だから起き得る社会現象です。

今後はまだまだ増えてくることでしょう。

企業では特に上司、部下でのハラスメントなどがありますので、SNS研修などをして予防してください。

どうすればいいのか対策に困っている企業の方は、「Next Stage」に相談されてみるといいでしょう。

あなたもSNSハラスメントを行っているかも 予防する方法とは