B!

インスタのショッピング投稿を広告でも出せるように!相性の良いビジネスについても解説

インスタのショッピング投稿を広告でも出せるように!相性の良いビジネスについても解説
インスタグラムには、「投稿写真から販売ページに飛んでもらう」ことができる、ショッピング機能があります。

商品がほしいと思ったユーザーに、ストレスなく購入画面へ移動してもらえるので、インスタグラムから自社商品の販売を期待できます。

「ネットで買い物をするユーザーの約8割が、購入するか否かをインスタグラムで検討している」ということが、2018年11月にインスタグラムが行った、国内ユーザー調査の結果でわかりました。つまり、インスタグラムには購入意欲の高いユーザーが多く集まっていると言えるでしょう。

(参考元:Instagram「Instagramで新しいターゲット層を開拓するには」
https://business.instagram.com/blog/how-to-connect-with-new-audiences-on-instagram?locale=ja_JP)

以前はオーガニック投稿と、ストーリーズに限定されていましたが、2019年10月末からは広告として配信することも可能になり、より多くのユーザーにリーチできる仕様になりました。

インスタグラムと相性のよいビジネスの場合、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事では、以下の内容についてお伝えしていきます。

・インスタグラムのショッピング機能とは?
・ショッピング機能と相性の良いビジネスとは?
・ショッピング投稿の、2019年10月末変更点とは?

ショッピング機能とは?

インスタグラムのショッピング機能とは、インスタグラムの投稿にタグを張り付けることで、商品を買える外部リンクに誘導できるシステムのことです。

商品となる部分をタップすると、商品の説明・価格・商品誘導リンクが表示されます。

欲しい商品をユーザーが検索している時間は、物を購入する意欲が湧いています。

そんなときに、購入までの手順が複雑だと、離脱されてしまう可能性が高まります。

ショッピング投稿は、投稿から直接購入ページに飛んでもらえるので、ユーザーに手間なく購入してもらうことができるのです。

以前は、ショッピング機能を利用するには条件がありましたが、現在では誰でも商品タグを貼ることができるようになりました。

ショッピング機能を使う条件とは

ショッピング機能を使うには一定の条件があるので、以下にお伝えしていきます。

有形販売であること

インスタグラムショッピングでは、無形のものは販売することができません。

情報商材やセミナー、有料メルマガなどの無形商品は販売することができないので注意しましょう。

ビジネスアカウントであること

インスタグラムの通常アカウントでは、ショッピング機能を利用することはできません。

ショッピング機能を追加するために、まず自社のアカウントをビジネスアカウントに切り替えましょう。

ビジネスアカウントへの切り替え方法を以下に説明します。

(1)自分のプロフィール右上にある「三」の所をタップ
(2)一番上にある歯車マーク「設定をタップ」
(3)下から3番目のアカウントをタップ
(4)一番下青文字の「プロアカウントに切り替える」をタップ
(5)クリエイター、ビジネスと選択画面が出るのでビジネスを選択する
(6)カテゴリを自分のタイプに合うものを選択し、Facebookと連携させる

インスタのショッピング機能に相性が良いビジネスとは

インスタグラムと相性の良いビジネスは、「インスタ映えする商品である」こと。

もしくは売りたい商品を、フォトジェニックに撮影できるかが大きなポイントになります。

一見インスタ映えしないような商品であっても、フォトジェニックに撮ることでユーザーの興味関心を引くことは可能です。

インスタグラムのショッピング機能を用いて、成功している代表的なブランドは、FrancfrancやBEAMS、エルメスです。

この3つのブランドが投稿している写真はフォトジェニックであり、見ているユーザーの興味・関心をぐっと引き込みます。

ファストファッションブランドでは、GUが若者の購入意欲を掻き立てています。

理由はインスタ映えするように撮影していること・インフルエンサーをモデルとして起用し、インスタグラムに登場させていることが挙げられます。

どちらのブランドも気軽に見られるインスタグラムだからこそ、購入欲が湧いたタイミングで購入できる利点が上手くマッチしています。

また、別の要素として、年齢や性別があります。

2019年の調査で、インスタグラムを使用しているのは、20代が約497万人、30代が約528万人、40代が約618万人だと推定されています。

男女比は、40代と60代は男性の利用の方が多いですが、その他の世代では女性の利用が多いようです。

あなたのビジネスのターゲット層と、インスタグラムの利用者層は合っているでしょうか。

「インスタ映え」させることができる商品であるか、インスタグラムの利用者層とターゲットが合っているかは、インスタグラムのショッピング機能を導入前に今一度検討してみましょう。

ショッピング投稿が、広告として配信可能に

2019年10月31日に、インスタグラムのショッピング機能に変更点がありました。

変更点は、全てのビジネスアカウントで、既存のショッピング投稿を広告として配信できるようになったことです。

アドマネージャを使うことで、自分の行ったショッピング投稿をフィード広告として配信することも可能です。

(フィード広告とは、WebサイトやSNSの途中に入れ込まれた広告のことです)。

広告として配信できるようになったことで、より多くのユーザーにリーチすることが可能になりました。

まとめ

利用ユーザーが多いインスタグラム。

ネットでほしいものがある人の80%が、インスタグラムで調べているという調査結果もあります。

インスタグラムを閉じずに商品を買えることで、ユーザーの購入意欲を損なう前に、商品販売に繋げることができます。

2019年10月末からは、ショッピング投稿を広告として配信することも可能になりました。

より多くの見込み客にリーチできるようになるので、インスタグラムからの商品の販売は、今後も加速していくでしょう。

インスタのショッピング投稿を広告でも出せるように!相性の良いビジネスについても解説