B!

広告主注目 インスタで宣伝するなら漫画インフルエンサーが最適

広告主注目 インスタで宣伝するなら漫画インフルエンサーが最適
突然ですが、費用対効果が高い宣伝をしたくはありませんか?

費用対効果が高い宣伝をしたいのなら、漫画インフルエンサーに依頼することをおすすめします。

漫画インフルエンサーとは雑誌ではなくSNSに漫画を投稿し、多くのファンが支持している漫画家のことです。

漫画インフルエンサーが描く広告は最後まで読まれる傾向にあるため、現在多くの企業が漫画広告を出稿しようとしています。

あなたも漫画インフルエンサーに依頼すれば、今以上の費用対効果が高い宣伝ができるかもしれません。

この記事で紹介する内容は、漫画インフルエンサーに依頼するメリットや注意点です。

これからSNSで宣伝するのなら検討する価値のある方法なので、ぜひとも参考にしてください。

漫画インフルエンサーに依頼するメリット

漫画インフルエンサーのフォロワーに宣伝できる

漫画インフルエンサーに広告の作成を依頼すれば、最低でも漫画インフルエンサーのフォロワー数がその広告を見てくれます。

漫画インフルエンサーはツイッターやインスタグラムで活躍している人が多いため、中にはフォロワーが100万人を超える人もいるのです。

動画広告の配信やLPの出稿をするよりも、より多くの人があなたの商品に目を向けてくれる可能性があります。

また、ツイッターのようなSNSの場合、投稿情報の拡散によってより多くの人が漫画家が作成した広告を閲覧するかもしれません。

場合によっては、何百万という人たちがあなたの商品に注目するでしょう。

もし投稿がバズッたら、予想を遥かに超える宣伝効果が期待できるのです。

漫画インフルエンサーのフォロワーが多いほど、あなたの商品に注目する人が多くなります。

高い宣伝効果を目指すのなら、フォロワーが多い漫画インフルエンサーへの依頼がおすすめです。

広告の二次利用が容易

漫画を利用した広告は、二次利用が容易であるというメリットもあります。

リンク画像として使ったり、動画広告として使ったりなど、さまざまな使い方が可能です。

というのも、通常のインフルエンサーや俳優・女優を宣伝に起用する場合は、宣伝画像や動画とは別に二次利用の作品を作る必要があります。

また、料金の負担額もその分増えるため、費用対効果が悪くなることも多々あるのです。

しかし、漫画を利用した広告なら二次利用がしやすく、二次利用として活用できる幅も広い傾向にあります。

二次利用のことも考えると、漫画広告のほうがお得に感じるかもしれません。

自然に広告ができてCV率がUP

漫画広告なら、自然な宣伝をすることができます。

流れが自然な広告なので、ユーザーが最後まで閲覧することが多いのです。

対してインフルエンサーや俳優・女優の場合は、ユーザーが広告と判断したらすぐに離脱する傾向があります。

そのため、最後まで閲覧してくれるユーザーは少ないとされています。

流れが自然な漫画広告なら物珍しさもあり、最後まで閲覧してくれるユーザーが多いです。

その結果、漫画広告のCV率が上がり、費用対効果も上がると言われています。

漫画インフルエンサーの宣伝はインスタとの相性が抜群

漫画インフルエンサーに宣伝してもらうなら、インスタグラムへの投稿をおすすめします。

インスタグラムは画像や動画をメインコンテンツとするSNSなので、漫画インフルエンサーの漫画投稿を待ちわびているユーザーが多いためです。

また、ツイッターでは過去の投稿内容は埋もれてしまいがちですが、インスタグラムなら過去の投稿を遡りやすい傾向にあります。

ツイッターやFacebookなどのSNSからインスタグラムに流入したユーザーも、あなたの商品の広告が目にとまる可能性が高いのです。

ツイッターのように拡散される機能がないインスタグラムですが、漫画広告を投稿するのなら、漫画の投稿をしている人が多いインスタグラムが適しているでしょう。

漫画インフルエンサーに依頼するときの注意点

漫画家を縛り過ぎない

漫画家を縛りすぎると、漫画の流れや言動が不自然に仕上がります。

不自然な仕上がりの漫画を投稿した場合、漫画インフルエンサーのファンから企業がバッシングされることは間違いありません。

その結果、炎上して企業イメージに傷を付ける可能性もあります。

漫画家を縛りすぎるとCV率が下がるだけではなく企業のイメージも悪くなるので、できる限りルールを減らして漫画家が書きたい作品を制作してもらいましょう。

宣伝する商品とマッチした漫画家を起用する

漫画家によって得意としている作品のジャンルが異なります。

宣伝する商品と作品のジャンルがマッチしていないと、思ったようにCV率が上がらないかもしれません。

たとえば、コスメやファッション系を宣伝するのなら、恋愛漫画を得意としている漫画家に依頼するとよいでしょう。

スポーツジムやスポーツに関わる道具を宣伝するのなら、スポーツ漫画が適しています。

このように、宣伝する商品と漫画家が得意としているジャンルがマッチしていなければ、 広告効果が低くなります。

漫画家に依頼する場合は、漫画家の得意なジャンルや漫画家のフォロワーの傾向をリサーチするようにしましょう。

漫画インフルエンサーと協力して宣伝しよう

漫画インフルエンサーに協力してもらえば、費用対効果が高い宣伝をすることが可能です。

まだ物珍しい漫画による宣伝は多くの読者が目をとめるので、宣伝に協力してもらっている企業がすごい勢いで増加しています。

しかし、漫画家を縛りすぎたり商品とマッチした漫画家を起用しなかったりすると、思ったようにCV率が上がらないかもしれません。

漫画インフルエンサーを起用するときは、宣伝したい商品に適した漫画家に依頼して、漫画家が書きたい作品を制作してもらうようにしましょう。

広告主注目 インスタで宣伝するなら漫画インフルエンサーが最適