B!

インスタグラムを炎上させないために 上手に運用する方法を解説!

インスタグラムを炎上させないために 上手に運用する方法を解説!
SNSを利用していると目に入ってくる炎上事例。

インターネット用語で炎上とは、特定の個人や企業に対し批判的なコメントが大量に発生していることを指します。

一度、炎上するとその話題は一気に広まってしまい自社のイメージダウンにつながりかねません。

SNS担当者は、自社のアカウントが炎上することは避けたいと考えていることでしょう。

今回はインスタグラムが炎上しないように上手に運用するためのポイントをご紹介します。

自社のインスタグラムの運用を見直す機会になれば幸いです。

インスタグラムは炎上しやすい? その理由とは

さまざまなSNSの中でもインスタグラムは炎上しづらいと言われていました。

しかし最近では動画や画像に関するサイトに注目が集まりインスタグラムの画像や動画、ライブ配信が炎上する事例が増えています。

ここでは、インスタグラムが炎上する理由をお伝えします。

投稿の際の注意力が薄まるため

インスタグラムは画像や動画を投稿するSNSです。

画像の投稿がメインなので簡単に投稿することができます。

そのため、投稿する際に注意力が下がりがちです。

投稿した写真の中に

・本人の許可なく第三者が写っている
・他社商標が写っている

場合、炎上につながる可能性があります。

自社ブランドのアイテムを身につけた個人の投稿を本人の許可なくリポストした場合「無断転載」と指摘される可能性があります。

また企業のアカウントで他社商標が写った写真を使用することは商標権の侵害にあたります。

企業アカウントの運用では投稿する前に画像をしっかりと確認することが大切です。

他のSNSとのつながりが強いため

インスタグラムは他のSNSとの連携が強いため、ツイッターやFacebookなど他のSNSにも同時に投稿することができます。

そのためより多くのユーザーへ投稿が見られるため炎上する可能性が上がるのです。

ハッシュタグが多用される傾向にあるため

インスタグラムの特徴であるハッシュタグ。ハッシュタグとは「#(半角シャープ)」ではじまる単語のことを指します。

このハッシュタグを使用することで多くの人に自分の投稿を見てもらう機会が上がるのがインスタグラムの醍醐味でもあります。

しかし多くの人の目につくということは炎上する可能性が高まるということ。

何気なく使ったハッシュタグにより多くの人に検索され結果炎上するということも考えられます。

インスタグラムの炎上を防ぐには?

自社のインスタグラムを運用する上で炎上を防ぐためにはどのような対策が必要でしょうか。

個人情報が写っていないかを確認する

投稿する画像に個人情報が写っていないかどうかを確認しましょう。

個人情報とは社員証や免許証、個人を特定できる電話番号やメールアドレスなどです。他人の個人情報だけでなく自分の個人情報にも気を付けましょう。

また他社商標が写真に写るのも避けなければなりません。

掲載許可をとっていない人や他社商標が写っている場合は画像の加工をする必要があります。

否定的・自己中心的な発言を避ける

自社の投稿が多くの人の目につくということを忘れてはいけません。

否定的・自己中心的な発言は避けるようにしましょう。

否定された人や企業からの訴訟や第三者からの指摘があり、炎上につながることが考えられます。

画像のだけでなく画像に添える文章もチェックしてから投稿するようにしましょう。

投稿する情報の事実関係の確認を行う

投稿する情報に間違いがあった場合、ユーザーからの信頼を失い炎上につながるケースもあります。

自社の代表としてインスタグラムを運用しているということを意識し、正しい情報を載せるようにしましょう。

特に、医療系・法律関係の情報は注意が必要です。

専門家の意見を取り入れることも検討してください。

また、事実関係の確認のために投稿前に第三者にチェックしてもらうことも重要です。

投稿を見たユーザーが不快に感じることがないか確認をとった上で投稿することが炎上を防ぐことにつながります。

炎上を防ぎ運用効果を上げる「SNS運用ガイドライン」

自社のSNS運用ガイドラインを策定することも検討してみましょう。

SNS運用ガイドラインには

・取り扱いに注意すべき個人情報
・著作権情報
・機密情報
・モラルやマナー
・撮影場所(禁止されている場所)の確認

などを記載します。

ガイドラインを策定することで炎上を防ぐだけでなく運用効果を上げることができます。

まとめ

インスタグラムを運営していく上で注意すべきポイントをご紹介しました。

SNS運用ガイドラインを策定し、炎上する原因を知った上で運用していくことが必要です。

また思わぬ炎上を避けるためにも、投稿前に第三者によるチェックを受けることも必要でしょう。

一度炎上すると、インターネット上では長くその事例が記録として残ります。

自社のイメージを守るためにも今一度SNSの運用方法を見直してみましょう。

Instagram ヘルプセンター サイト誤用への対応
インスタグラムを炎上させないために 上手に運用する方法を解説!