B!

インスタグラムのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げる方法

インスタグラムのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げる方法
インスタグラムを使って自社商品のPRをする企業は多く存在します。

他者のアカウントとの差別化をはかるためにどのようにインスタグラムを運営していくかは、マーケティングを行う上で重要なポイントです。

インスタグラムのアカウントにおいて重要なのは、フォロワー数ではなくエンゲージメント率であることをご存知でしょうか。

エンゲージメント率を上げることで、ユーザーとの関係性が強いアカウントを作ることができます。

この記事ではエンゲージメント・エンゲージメント率とは何か、エンゲージメント率を上げる方法についてお伝えしていきます。

そもそもエンゲージメントとは?

エンゲージメント(engagement)とは、日本語では「契約、約束、婚約」といった言葉に訳されますが、マーケティングにおいては、商品やブランドなどに対してユーザーが愛着を持っている状態を意味します。

転じてSNSにおいては、ユーザーとの繋がり、具体的には、投稿に対するユーザーからの反応のことをエンゲージメントと呼びます。

具体的にどの様な反応がエンゲージメントに該当するのかは、各SNSによって異なります。

例えばFacebookであればいいね!やコメント、シェアやクリックといったユーザー行動がエンゲージメントの項目であるのに対し、Twitterではリツイートやリプライ、
プロフィールのクリックがそれに該当するなど、SNS毎に備わった機能に準じてエンゲージメントの内容が決まります。

インスタグラムのエンゲージメントについては後ほど個別に詳しく解説します。

SNSにおいてエンゲージメントが重要な理由

エンゲージメントとは、投稿に対するユーザーの反応であるということが分かりましたが、なぜSNSマーケティングを行う上でエンゲージメントが重要なのでしょうか。

その理由は、エンゲージメントがユーザーの投稿に対する興味関心の結果として表れるものであるからです。

エンゲージメントとセットとなる概念として、リーチやインプレッションというものがあります。

これは投稿がユーザーに対してどれくらい見られたか、表示されたかを示すもので、コンテンツの露出力を表すといってよいでしょう。

しかし、投稿が見られただけで、気にも留めてもらえなかったら意味はありませんよね。

つまり、投稿がユーザーに届いたら、次に詳細をクリックしてもらう、お気に入りしてもらう、コメントや返信をもらう、
フォローしてもらう、拡散してもらうといった何らかのアクションを取ってもらって初めて、投稿が何らかの影響をユーザーに対して及ぼすことができたと言えるのです。

この様にリーチやインプレッションに対するエンゲージメントの割合をエンゲージメント率呼びます。

SNSアカウントの影響力を高めるためには、より多くのユーザーに投稿を届けると同時に、エンゲージメント率も上げていく必要があるため、エンゲージメント率はSNS運用において非常に重要な指標といえるでしょう。

また、SNSによって違いもありますが、多くの場合でエンゲージメント率が高い方が、おすすめや検索、
タイムラインなどに表示されるためのアルゴリズムで高く評価されることが多く、より多くのユーザーに投稿を見てもらえるため、さらに影響力アップやフォロワー獲得をしやすくなります。

インスタグラムのエンゲージメント

インスタグラムにおいては、投稿に対するユーザーの次の3つの行動がエンゲージメントに該当します。

・いいね!
・コメント
・投稿の保存

つまり、投稿を見たユーザーの中から、いいね!をつける、コメントを残す、
投稿を保存するといったアクションを行ったユーザーの割合が多いほど、エンゲージメント率も高くなるというわけです。

なお、インスタグラムにおけるエンゲージメント率の注意点として、FacebookやTwitterの解析ツールではエンゲージメント率の項目があるのに対し、
インスタグラムの解析ツールである「インサイト」にはエンゲージメント率の項目が無いため、自分で計算する必要があります。

エンゲージメント率の計算式は次のとおりです。

エンゲージメント率=(いいね!数+コメント数+投稿の保存数)÷フォロワー数orインプレッションorリーチ
分母をどれにするかによって、微妙に内容は変わりますね。

フォロワー数であれば、フォローしてくれている人への影響力を見ることができますし、インプレッション数・リーチ数を分母にすれば、インスタグラム内全体での影響力を調べられます。

なお、インプレッションとリーチの違いについては、インプレッションは投稿の表示回数であるのに対し、リーチは投稿を見た人の数であるという点です。

エンゲージメント率の高さが投稿の影響力を示すことは先述のとおりですので、エンゲージメント率が高い投稿を分析し、傾向を見出すことによって、投稿の内容や投稿時間などをブラッシュアップしていきましょう。

これにより、ファンが多くいる影響力の高いアカウントに成長させることができ、
またインスタの場合にはタイムラインや発見タブへの表示アルゴリズムにおいても優遇されるようになるため、フォロワーの獲得にも繋がります。

インスタグラムでエンゲージメント率を高めるには

ここでは具体的に、インスタグラムでエンゲージメント率を高める方法をご紹介します。

ターゲットの求めるコンテンツを提供する

ターゲットの求めるコンテンツを提供する まず大切なのはペルソナを設定することです。

ペルソナとは、ターゲットとしているユーザーの性別や年齢、職業などのイメージを具体的に落とし込んだものです。

ペルソナを具体的に想定することで、投稿内容やハッシュタグ、投稿時間を明確にすることができます。

また、過去の投稿で反応の良かったものを参考に投稿するなど、ターゲットが求めるコンテンツを提供するよう心がけましょう。

適度な頻度で投稿する

適度な頻度で投稿する 投稿頻度があまりにも高すぎると不快に感じるフォロワーもいます。

量よりも質を重視し、1日に1~2回程度が投稿頻度の目安です。

複数の写真を1投稿にまとめたり、ストーリーを使ったりとインスタグラムのさまざまな機能を活用すると良いでしょう。

あまりにも投稿頻度が低いとフォロワーの関心が離れる場合もあるので、反応を見ながら調整していくことをおすすめします。

フォロワーとコミュニケーションをとる

フォロワーのアクションに対し、こまめにリアクションをとることが重要です。

コメントに対して、早めに返信をするようにしましょう。返信をするのが難しい場合はいいね!をするだけでもフォロワーの受ける印象は変わります。

コメントに返信をすることで運営側がコミュニケーションに積極的である姿勢を見せるとフォロワーは親近感を覚えます。

フォロワーがコメントを気軽にするようになると、運営側は必要な情報収集をしやすくなるというメリットが生じます。

競合の投稿を分析する

エンゲージメント率の高い投稿を作成するためには、競合の投稿を分析するという方法も有効です。

なぜなら、インスタグラムにおいては投稿のエンゲージメント率の高さがコンテンツの露出を高め、
フォロワーの獲得につながるため、同じジャンルで成功している競合アカウントの投稿には、ユーザーからの高いエンゲージメント率を獲得するためのヒントが詰まっているからです。

ただし、ベンチマークとするアカウントを選ぶ際には、以下の4点を押さえるようにしてください。

・アカウントのメインテーマが同じ
・フォロワーが想定しているターゲット層と一致している
・フォロワーがそのジャンルの中で多い
・発見タブやハッシュタグ検索の上位に投稿が表示されることが多い

上の2つは方向性がズレないようにするため、下の2つはアカウントの実力を測るために重要な項目ですので、しっかりとチェックするようにしてください。

たまには趣向を変える

たまには趣向を変える 時にはプレゼント企画などのキャンペーンを行ったり、アンケート企画を行ったりなど、いつもとは趣向を変えた投稿を行いましょう。これは、フォロワーに飽きられないようにするためです。

同じような投稿ばかりが続くと、フォロワーが飽きてしまう場合があります。

たまに「ハッ」と目をひくような投稿をしてみましょう。

まとめ

インスタグラムのエンゲージメントとエンゲージメント率を上げる方法についてご紹介しました。

インスタグラムではアカウントがフォローされていなくても、ユーザーからの反応があればエンゲージメント率が上がるということがお分かりいただけたでしょうか。

フォロワーやその他ユーザーとの関係性を深めて、自社の根強いファンを増やしていきましょう。

インスタグラムのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げる方法