B!

インスタアカウントが凍結される原因と凍結解除の方法を解説

インスタアカウントが凍結される原因と凍結解除の方法を解説
インスタグラムのアカウントは凍結されることがあることはご存知でしょうか?

凍結とは、アカウントが一時的に利用できなくなったり、投稿が見られなくなったりすることを指します。

凍結されてしまうと、自社のマーケティングプランが滞ることや、思うような結果が出ないことに繋がりかねません。

そこで今回は「インスタアカウントが凍結される原因と凍結を解除する方法」について解説いたします。

インスタグラムの凍結とは

インスタグラムの凍結とはどのようなものなのでしょうか。

凍結とは、規約違反などが理由で、アカウントの利用を制限されてしまう状態です。

最悪の場合、アカウントを削除される可能性もあり、今まで利用していたアカウントが二度と使えなくなることもあります。

ただし、通知なくアカウントが回復することや、一定期間内に異議申し立てれば回復する可能性もあるので、アカウントが停止してもあわてずに対応してください。

なお、アカウント復活については後述いたします。

凍結されやすいパターン

インスタグラムでは、アカウントが凍結されやすいパターンが存在します。

ただし、インスタグラムでのアカウント凍結については基準が公開されていないので、あくまでも傾向になりますが、ご参考になれば幸いです。

利用規約に違反している

アカウントが凍結される原因が、利用規約に反しているということです。

基本的には、利用規約に反しているから、アカウントが凍結されると考えていただければよいでしょう。

利用規約に抵触する具体的な禁止行為については、後半で詳しく紹介します。

商標登録されているものを無許可で投稿している

商標登録されているものを無許可で、インスタグラムに投稿した場合、アカウントが凍結されることがあります。

商標登録というと、ブランドロゴや社名などが挙げられます。

インスタグラムでの投稿の仕方にもよりますが、ブランドイメージを損なうことや、商売に対して悪影響を及ぼさなければ、問題ないと考えられます。

とはいえ、インスタグラムや商標登録元側が、悪質な投稿だと判断した場合には、アカウント凍結が行われる可能性があるので注意しましょう。

長期間放置している

長期間放置している インスタグラムのアカウントを長期間放置していると、アカウントが凍結されることがあります。

これは、インスタグラムが放置されているアカウントをアクティブではないので、アカウントを停止しても問題ないと判断するためです。

ここでの長期間が、具体的にどれだけの時間なのかは判明していませんが、アクティブでないアカウントをお持ちの場合は、ログインはしておきましょう。

違反報告が多い

違反報告が多い インスタグラムでは、違反報告が多いアカウントも凍結されてしまいます。

違反報告は、インスタグラムユーザーが不適切だと判断した投稿やアカウントを、インスタグラム運営に報告する行為です。

・規定回数以上の違反報告があった
・一定期間内に多数の違反報告があった

このような場合にアカウントが凍結されると言われています。

違反報告されて、アカウントが凍結されることが一般的に多いと言われており、炎上などで違反報告が絶えない場合も、アカウントが凍結されることがあるようです。

インスタグラムの凍結に繋がる利用規約違反行為

「凍結されやすいパターン」のところで「利用規約違反」を挙げましたが、ここからはより具体的に利用規約で定められた禁止事項について紹介していきいます。

アカウントやフォロワーの売買

Instagramは利用規約でアカウントの売買やフォロワーの購入を禁止しています。

運用初期はなかなかフォロワーが増えないため、企業アカウントやインスタグラマーでもフォロワーを購入するケースは多いといわれており、実際にその様なサービスも数多く存在しています。

この様なサービスは凍結リスク0を謳っていることがほとんどですが、規約で禁止されている以上凍結のリスクは常にあると考えるべきでしょう。

また、先に紹介した違反報告を受けた際にも、アカウントやフォロワー、いいねなどを購入したことがバレて凍結を食らってしまう可能性があります。

著作権違反

Instagramは著作権に対しても厳しいスタンスを取っています。

APIを使って埋め込み可能にしている以上、著作権違反の画像投稿があふれるのはInstagramにとっても運営上好ましくない事態と考えられ、当然といえますね。

実際に著作権違反が発覚した場合には、アカウントの凍結や削除の対象となるため、著作権違反となる画像の投稿には注意してください。

性的・暴力的・差別的な投稿

Instagramは次の様な画像の投稿を禁止しています。

・ヌード、全裸などの性的な投稿
・性的サービスや違法ドラッグの売買に関する投稿
・人種やセクシャリティなどに関する差別的な投稿
・暴力的な投稿
・テロや組織犯罪を支援する投稿

もし上記に該当する投稿を行っていた場合、いつアカウントが凍結されてもおかしくないため、過去の投稿を含めて見直しを行ってみてください。

意図的でなくても禁止事項に触れてしまう写真もあるかと思います。

特にヌードに関する投稿では、赤ちゃんの裸なども該当してしまうため、注意が必要です。

禁止ハッシュタグの使用

あまり知られていないのが、禁止ハッシュタグの利用によるアカウントの凍結です。

ハッシュタグの中には運営によって利用を禁止されているものがあり、設定しても黒字のままでハッシュタグとして機能せず、濫用するとシャドウバンと呼ばれる一時的な凍結となってしまう場合もあります。

次のようなものが該当します。

・アダルトな表現

投稿と同様に、性的な表現はハッシュタグでも禁止されています。

具体的には、「#porn」「#sexy」といったものですね。

これらのハッシュタグは検索しても投稿が表示されないか、「#○○の最近の投稿は、コンテンツがInstagramコミュニティ規定に違反しているとの報告があったため、
現在非表示になっています。」というメッセージが表示されるようになっています。

・スラングや差別的な言葉

「#fuck」「#bitch」といったスラングや差別用語をハッシュタグに使用した場合も凍結の対象となるため、注意してください。

・どんな投稿にも当てはまる言葉

ハッシュタグは投稿の特徴を表すために使われるものなので、「#like」「#instagram」といったポピュラー過ぎる単語は使用NGとなっています。

他にも「%」や「・」といった特殊記号もハッシュタグとして使うことができませんね。

「#30%OFF」と投稿したつもりが「#30」となってしまい、%以下が反映されないという経験をしたことがある方は多いかもしれません。

ハッシュタグによるシャドウバンは2週間程度ハッシュタグ検索等に引っかからなくなるというごく軽い凍結であることが多いものの、
一時的に露出が劇的に減ってしまうため、アカウント運用を行う際には適切にハッシュタグを使う様にしてください。

DMやコメントを使ったスパム行為

Instagramではスパム行為もアカウント停止や凍結の原因になりやすいものの一つです。

具体的にはコメント、もしくはDM機能を用いて、不特定多数のユーザーに対して自社の宣伝やアフィリエイトリンクの貼り付けなどを行うといったものです。

コメントの場合はフォローをしていない複数のユーザーに対して機械的なコメント投稿を行うと凍結されやすいため、健全にアカウント運営をしたい場合には自動化ツールなどは絶対に使わないようにしてください。

また、DMはフォローしていない複数のユーザーに対して多くのメッセージを送ると、送信機能が制限されることがあります。

制限は一時的で時間が経てば解除されますが、繰り返すことで凍結されてしまう場合も。

もしかしたらフォロワーを増やすノウハウなどとしてDMを使った手法が出回っているのかもしれませんが、凍結のリスクが高い方法ですので決してマネをしないようにしてください。

自動ツールの使用

インスタグラムでは、自動ツールの利用をするとアカウントが凍結されます。

SNSで多用されている自動ツールですが、インスタグラムでは自動ツールの利用を禁止しています。

これはインスタグラムのコミュニティガイドラインに明記されています。

「いいね!」、フォロー、シェアを人為的に集めたり、同じコメントやコンテンツを繰り返し投稿したり、利用者の同意を得ずに商業目的で繰り返し連絡したりしないでください。

スパムのない環境を維持しましょう。

(出典:インスタグラムコミュニティガイドライン:https://help.instagram.com/477434105621119/Instagram)

自動で投稿やフォローを行うツールは使わずに、地道にインスタグラムを運用しましょう。

インスタグラムを凍結から復活させるには

万が一、インスタグラムのアカウントが凍結された場合、アカウントを復活させる方法も存在します。

凍結されたアカウントを復活させるための手順を解説いたします。

14日以内に異議申し立てする

アカウントが凍結されてから14日以内に異議申し立てを行えば、アカウントが復活することがあります。

インスタグラムでは、稀に身に覚えのないアカウント凍結が起こることがあるようです。

そんな時には、アカウント凍結14日以内に「インスタグラムヘルプセンター」へアクセスし、異議申し立てを行いましょう。

アカウントが復活する可能性があります。

事業内容証明書類を提出する

異議申し立てを行うと、事業内容証明書類の提出を求められます。

・事業免許
・確定申告書の写し
・請求書
・会社設立契約書

以上のような書類を1つ提出しなければなりません。

写真でも問題ないようですので、わざわざPDFなどに変換する必要はなさそうです。

自分の顔が写った写真を送る

自分の顔が写った写真を送る 事業内容証明書の提出が終わると、1通のメールが届きます。

メールにはIDが記載されており「メールに記載されているIDと名前とインスタグラムのユーザーネームを白い紙に書いて、その紙と顔が映った写真を送付してください」という旨の指示が書いてあります。

その指示の通り、紙を手に持ち、顔と一緒に納まっている写真を送付すれば、異議申し立ては完了です。

近日中にアカウントが復活します。

まとめ

インスタグラムでは、アカウントが凍結することがあります。

アカウントが凍結すると、インスタグラムの利用を制限され、最悪の場合、アカウントを削除される可能性もあります。

企業が利用しているアカウントに関しても、凍結されることがあるので、凍結されないよう、利用規約に則った活用をしましょう。

万が一、アカウントが凍結してしまっても、復活できる可能性もあります。

アカウント凍結から14日以内に異議申し立てを行えば、アカウントが復活するかもしれません。

インスタアカウントが凍結される原因と凍結解除の方法を解説
5 (100%) 2 votes