B!

インスタの撮影のコツや投稿時のコツを解説

インスタの撮影のコツや投稿時のコツを解説
インスタグラムのフォロワーをもっと増やしたいと思った経験はありませんか?

インスタグラムでフォロワーを増やすには、写真の上達と投稿の工夫が必要です。

これを行うだけで今よりももっと多くの評価が得られたり、フォロワーがふえたりします。

この記事で紹介する内容は、インスタグラムでの写真撮影と投稿のコツです。

紹介する内容を実践して、インスタグラムでフォロワーを増やしていきましょう。

インスタでいいねが付きやすい撮影のコツ

基本は真っ直ぐ撮る

インスタグラムに投稿する場合は、真っ直ぐ撮影した写真がおすすめです。

その写真単体なら、斜めに撮った写真も格好良く見えるかもしれません。

しかし、インスタグラムでは複数の写真が同時に表示されます。

表示されている写真の角度がすべて異なっていると、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいユーザーから嫌われがちです。

ごちゃごちゃした印象のアカウントよりは、きちんと整っているアカウントの方が好印象を与えるので、写真はまっすぐ撮るようにしましょう。

ちなみに、斜めに写った写真でも、まっすぐな写真に加工できます。

もし、斜めに撮った写真を投稿するのなら、できるかぎりまっすぐな写真に加工してから投稿することをおすすめします。

光源に気をつかう

光源に気をつかう 写真を撮るときは、光源に気を使うだけでも全く仕上がりが異なります。

数ある光源の中でも、初心者のうちは自然光を利用するとよいでしょう。

屋内の白っぽい照明で撮影した写真が野暮ったく感じた経験はありませんか。

実は照明ではなく自然光を使うだけで人や物に影ができ、写真に素人感がなくなるのです。

とても感単に実践できるので、ぜひとも写真を撮るときは自然光を利用するようにしてみてください。

人物の位置や背景との比率を工夫する

人物の位置や背景との比率を変えることで、まったく印象が異なる写真に変化します。

人物の位置が左右に移動するだけでも与える印象が異なりますし、背景の比率を増やしただけでも抱く印象が変わるのです。

写真を撮るのに慣れないうちは位置や比率を変えながら何枚も撮ると、最適なポジションがつかめるでしょう。

何枚も撮っていけば感覚が身についてくるので、何度も挑戦してみてください。

ぼかしを効果的に使う

ぼかしを効果的に使う ぼかしを使うことで、プロが撮影したかのような仕上がりになります。

カメラで撮るときは、ピント調整をするのが通常です。

背景がぼやけていて被写体がくっきりと写るので、とても美しい写真になります。

しかし、スマホでの撮影の場合は自動でピントが調整されるため、人物がくっきりして背景がぼやけるような撮影ができません。

これでは素人感がある写真になってしまうでしょう。

プロが撮ったような写真にするためにも、写真を加工してぼかしを付け加えることをおすすめします。

ぼかしを入れるだけできれいな写真になるので、ぜひともお試しください。

三分割法を利用する

写真の技術として三分割法というものがあります。

三分割法は写真の基礎とされていて、困ったら三分割法を利用すれば良いとまで言われている王道テクニックです。

撮影方法も簡単で、上下を3本の線で画面を9分割して、上下の線が交差する部分に被写体を設置して撮影するだけ。

これだけでとても美しい写真を撮れるので、ぜひとも試してみましょう。

三分割法についてもっと詳しく

インスタでいいねが付きやすい投稿のコツ

投稿する時間帯は21時~23時

インスタグラムは投稿時間によって、ユーザーから得られるアクションが全く異なります。

たくさんの「いいね」や「コメント」を求めるのなら、インスタグラムを利用しているユーザーが多い時間帯に投稿するようにしましょう。

現在のインスタグラムでは、平日でも休日でも21時から23時までの時間帯にログインするユーザーが多いようです。

曜日によって多少ムラがありますが、投稿するのならこの時間帯をおすすめします。

統一感がある投稿にする

統一感がある投稿をすることで、フォロワーが増えやすいアカウントに仕立てられます。

統一感のあるアカウントにするには、以下のポイントに気を配りましょう。

・アップロードするサイズ、画質を一定にする
・常に同じフィルターを使う
・投稿する写真のジャンルは同一にする

以上のことに気を配ることで、統一感があるアカウントになります。

その結果フォロワーが獲得しやすくなるので、インスタグラムを運用するのならぜひとも挑戦してみてください。

今後重要なのはフォトジェニック

今後重要なのはフォトジェニック インスタグラムはインスタ映えという言葉ができるほど、派手で人目を惹く写真投稿が主流でした。

インスタ映えする写真のほうが、フォロワーが増えやすかったのです。

しかし、現在はインスタ映えからフォトジェニックへと変わり始めています。

具体的には、たとえば母からの写真や大切な人からもらったプレゼントなど。

従来の人目を惹く写真から、何か大切な意味がある被写体の写真が好まれるようになってきました。

インスタグラムアカウントを運用するのなら、今後はフォトジェニックな写真投稿を心がけても良いかもしれません。

美しい写真を撮って評価されよう

インスタグラムでは、美しい写真を撮れば撮るほど周りの人が評価してくれます。

その結果フォロワーが増えていき、インフルエンサーになることも夢ではありません。

しかし、インスタグラムでフォロワーを効率的に増やすには、美しい写真が撮れるだけでは不十分になってきました。

アルゴリズムの理解や他者との交流なども重要になってきているのです。

もし、効果的にアカウントを運用したいのであればNext Stageにご連絡ください。

インスタの撮影のコツや投稿時のコツを解説