B!
LP

インスタでLPが作れる?作り方やメリット、デメリットを解説

インスタでLPが作れる?作り方やメリット、デメリットを解説
インスタグラムLPという言葉をご存じでしょうか。

LPはランディングページの略語で、ネット上で顧客を獲得するために非常に重要なもの。

従来のLPは一つの商品を売るために作られたWebページですが、最近インスタグラム上でLPを作ることが注目されています。

この記事では多くの企業が注目しているインスタグラムLPに関して、以下の内容をお伝えします。

・インスタグラムLPの特徴
・取り入れるメリットと注意点
・インスタグラムLPをつくる方法

インスタグラムの企業アカウントを運用している方、自社のインスタグラム運用にお悩みの方はぜひご一読ください。

インスタLPの特徴

LP(ランディングページ)とは、一つの商品を売るためにつくられた一枚の長いWebページのことです。

LPは改善することで、顧客獲得数が大きく変化したというケースがあるほど企業にとって重要なもの。

最近注目されているインスタグラムLPは、複数の写真を並べて表示することによってLPのように見せる投稿の方法です。

一般的にインスタグラムでは、フィード上に画像が1枚ずつ投稿されています。

そのためユーザーがインスタグラムを見て商品や企業の詳細を知りたい場合、プロフィールからホームページに移動する必要があります。

しかし、複数の写真を並べて1枚のLPのように見せるインスタグラムLPを取り入れるとどうなるでしょうか。

スマートフォンの画面上に大きく広がるLPを見ることで、ユーザーは多くの情報を得ることができます。

その結果、問い合わせや購入などのコンバージョンに繋がりやすくなるのです。

インスタLPのメリット

ここでは、インスタグラムLPのメリットについてお伝えします。

ユーザーの目を引ける

インスタグラムLPの大きなメリットとして、ユーザーの目につく特徴的なフィードを作ることができる点が挙げられます。

複数の写真を組み合わせてつくるインスタグラムLPを取り入れることで、フィード上に1枚の画像をつくることができます。

そのためユーザーが自社アカウントのトップページを見たとき、インパクトがあり印象的なフィードと認識されることに繋がります。

インスタそのものをHPのように利用できる

インスタグラムLPを取り入れることで、インスタグラムのアカウントを自社のホームページと同じように使うことができます。

インスタグラム上で使える機能は以下のとおり。

・ストーリーやDMでユーザーと交流することができる
・企業やお店にメールや電話で問い合わせをすることができる
・ショッピング機能が使える

従来のインスタグラムの使い方だと、商品や企業に関心を持ったユーザーはプロフィールから外部のLPに誘導する必要がありました。

しかしインスタグラムLPを取り入れることでユーザーを引きつけ、外部サイトを利用せずに商品の購入やお店の予約に繋げることができます。

インスタLPの注意点

インスタグラムLPには企業が注目するメリットがある一方、注意すべきポイントもあります。

ここではインスタグラムLPを取り入れる際の注意点をお伝えします。

画像単体では意味をなさない

インスタグラムLPは複数の写真を投稿することで大きな画像をつくるものです。

フィード上では目をひきますが、1つの投稿だけでは内容が伝わらないことが考えられます。

ユーザーがインスタグラムを見ているときに、LPで使われる画像の一部が表示されても何の投稿かわかりにくいというケースも。

プロフィールページへのアクセスを誘導できるような工夫をすることが必要になります。

他の投稿によって崩れてしまう

複数の投稿で一つの画像がつくられるインスタグラムLPは、新しく投稿をすると大きな画像が崩れてしまいます。

インスタグラムは新しい投稿が画面の左上に表示される仕組み。

そのため、1~2個の新規投稿により大きな画像のレイアウトが崩れてしまうのです。

1列に3枚の写真を投稿できるため、連続で3枚の写真を投稿すれば問題ありません。

インスタグラムLPを取り入れる際には注意が必要です。

インスタLPの作り方

インスタグラムLPは作るのが難しそうに見えますが、実は簡単に作成することができます。

ここでは、インスタグラムLPの簡単な作り方を紹介します。

(1)インスタグラムに表示したいLPのデザインを作る

はじめに、フィード上に表示したいLPをデザインします。

スマートフォンの画面に表示されることを意識した上でデザインを考えてみてください。

まずはLPのデザインを考え、実際に制作をしましょう。

(2)インスタグラムで投稿できるようにLPを分割する

LPができたら、インスタグラムで投稿するためにLPを分割します。

インスタグラムのフィードは横3列。横3列であれば、縦の長さは自由です。

この「分割」の作業におすすめなのが以下のようなグリッドアプリ。

・Instagrid(インスタグリッド)

インスタグラム用に画像を分割してくれるアプリ。

インスタグラムと連携し、投稿する順番を教えてくれるという便利な機能がついています。

無料版には写真に「Instagrid」とロゴが入るため、企業アカウントが使用する場合は有料版を使いましょう。

・grid-it(グリッドイット)

Instagridと同じくインスタグラム用に画像を分割してくれるアプリです。

分割のバリエーションは少ないものの、アプリのロゴが入らない点がポイント。

上記のようなアプリを使わずにパソコンの写真編集ソフトを利用して分割をすることも可能です。

その際には投稿の順番など慎重に行いましょう。

(3)順番に注意し、投稿

分割した画像を順番に気を付けながら投稿すればインスタグラムLPの完成です。

投稿する際には、画像の順番をしっかり確認してください。

1枚でも順番がずれると、全体の仕上がりが崩れてしまうのでフィードを確認しながら投稿を行うようにしましょう。

まとめ

最近、企業が注目しているインスタグラムLPについてメリットや注意点を含めお伝えしました。

多くのユーザーがいるインスタグラムをLPとして使うことで、インパクトを与えることができます。

現在はインスタグラムの機能も多様化しており、インスタグラムLPを取り入れることでコンバージョン率を上げることに繋がると期待されています。

ユーザーにとっても、インスタグラムだけで全ての作業が行えるのは手間と時間がかからずありがたいものです。

インスタグラムLPについて興味があるけど、運用が不安だという方はぜひNext Stageまでお問い合わせください。

インスタでLPが作れる?作り方やメリット、デメリットを解説