B!

インスタで新機能が提供開始 ブランドコンテンツ広告とはどんな機能?

インスタ新機能が提供開始
2019年6月4日、インスタグラムは「ブランドコンテンツ広告」という新機能の提供を開始することを発表しました。

現在は一部のビジネスを対象に提供を開始しており、数週間後にはすべてのアカウントがブランドコンテンツ広告を利用できるようになります。

ブランドコンテンツ広告はインフルエンサーを活用した宣伝手段として注目を浴びているため、より一層インスタグラムを利用したマーケティングが活発化していきそうです。

インスタグラムで宣伝をするのであれば、ブランドコンテンツ広告は欠かせないものになるかもしれません。

この記事ではブランドコンテンツ広告にスポットを当ててお伝えしていきます。

ブランドコンテンツ広告の設定方法もあわせて紹介するので、参考になれば幸いです。

新機能ブランドコンテンツ広告とは?

ブランドコンテンツ広告を使えば、インフルエンサーのようなクリエーターの投稿を、協業関係にある企業が配信できるようになります。

たとえば、A社と協業関係にあるXさんの投稿内容を、A社のアカウントが配信できるということです。

企業はクリエーターの生の声(投稿内容)を企業のフォロワーに直接届けられるため、ユーザーに商品の購入を促すことができます。

また、ブランドコンテンツ広告を使うことで、新規顧客にリーチしたり、投稿の効果測定をしたりすることも可能です。

ブランドコンテンツ広告の透明性

ブランドコンテンツ広告を使ってクリエーターの声を発信するとしても、協業関係であることが明記されていないとステルスマーケティングになりかねません。

では、 ブランドコンテンツ広告を利用しても、ステルスマーケティングに該当しないのでしょうか?

結論から言うと、インスタグラムのブランドコンテンツツールを利用すれば問題ありません。

2017年に実装されたブランドコンテンツツールでは、協業関係にある企業とクリエーターとの関係性をタグ付けできるようになりました。

ブランドコンテンツツールを使うことで、フィードやストーリーズに協業関係であるタグを設置することが可能です。

ユーザーはひと目で協業関係であることを認識できるため、ステルスマーケティングを回避することができるでしょう。

もし、新たに導入されたブランドコンテンツ広告を利用するのであれば、ブランドコンテンツツールに関してもおさらいしておくことをおすすめします。

フォロワー以外にもリーチすることが可能

新機能であるブランドコンテンツ広告は、フォロワー以外にもリーチすることが可能です。

クリエーターの投稿内容をフォロワー以外に届けられるので、従来よりも宣伝効果が高まる可能性があります。

というのも、インスタグラムは情報の拡散能力が低いことで有名でした。

他のSNSとは異なり、ユーザーはフォローしているアカウント以外の投稿内容がフィード画面に表示されないためです。

また、宣伝機能を利用するにしても、宣伝主が作成した投稿内容しか配信できなかったため、クリエーターのような影響力がある生の声を届けられなかったのです。

しかし、ブランドコンテンツ広告とFacebookの広告プラットフォーム内のツールを活用することで、フォロワー以外のユーザーにもクリエーターの投稿内容を届けられます。

今までリーチできなかったユーザー層を狙うことができるので、インスタグラムを利用したマーケティングでは欠かせない宣伝手段となるかもしれません。

ブランドコンテンツの設定方法

ブランドコンテンツ広告の設定方法をお伝えしていきます。

ブランドコンテンツ広告を設定するには、以下の手順を踏んでください。

1.協業関係にあるクリエーターが、アカウントの詳細設定から自身のコンテンツを広告として使えるように設定する
2.クリエーターが設定したら、ビジネス側の広告マネージャ内にクリエーターが設定したコンテンツが表示されるため、選択して配信する

以上の手順で、ブランドコンテンツ広告を利用することができます。

現在は一部のビジネスでしか利用できませんが、数週間以内にすべてのアカウントで使用できると発表されているのでお試しください。

※2019年6月時点での設定方法です。

実装されて間もない機能であるため、設定方法に変更があるかもしれないので注意してください。

まとめ

インスタグラムで新たに実装されたブランドコンテンツ広告によって、企業はクリエーターの生の声を企業アカウントから配信することが可能になりました。

2017年に導入されたブランドコンテンツツールによって透明性も高いため、安心してブランドコンテンツ広告を利用できそうです。

Facebookの広告プラットフォーム内のツールを使えば、従来では難しかったクリエーターの配信内容を利用した新規顧客へのリーチも可能になります。

数ヶ月以内にはストーリーズでもブランドコンテンツ広告が使えるようになるため、より一層宣伝効果に期待できるようになるでしょう。

効果測定を実施して広告の最適化を目指すことで、ブランドコンテンツ広告の効果を高められます。

ブランドコンテンツ広告を使うのであれば、広告の効果測定方法を把握しておくとよいかもしれません。

別記事:ブランドコンテンツタグ
インスタで新機能が提供開始 ブランドコンテンツ広告とはどんな機能?