B!

Facebook広告の審査に落ちやすい要因、落ちたときの対処法

Facebook広告の審査に落ちやすい要因、落ちたときの対処法
企業の売り上げアップに必要な方法の一つが、「自社のサービスや製品を知ってもらう機会を増やすこと」です。

近年はSNSの浸透により、広告の主戦場はテレビからネットへ。

そして今はSNSへと移っています。

ライバルに差を付けられないためにも、SNS広告、特に機能の充実した「Facebook広告」の活用は急務でしょう。

今回はその「Facebook広告」の活用に不可欠な審査のプロセスについてご案内いたします。

Facebook広告には審査がある

Facebook広告は一般のWEB広告と比べても、かなりお手軽に作成できます。

Facebookページ(昔はファンページと呼ばれていました)を作成し、そのページを起点にして広告を作ります。

作成された広告については、公開される前に、Facebookの規定した広告ポリシーに則って作られたものかどうか審査されます。

通常、広告の審査は24時間以内で審査されますが、稀にそれ以上の時間を要する場合もあります。

すんなりと審査を通過すれば良いのですが、ここでは広告が審査を通らない場合の主な理由を3つほど解説いたします。

審査に通らない3つの主な理由

画像の20%がテキストで埋まっている

広告に用いる画像には、キャッチーな見出し文やキーワードを含めたくなります。

しかし、広告ポリシーには、「20%を超える面積をテキストで埋めないようにしてください」という指示があります。

Facebookは、テキストが載っていない画像を用いたほうがエンゲージメントは高まることを理由の一つとして説明していますが、文字領域が20%以内というのは、思った以上に少なく見えるでしょう。

画像選びのときには、文字はほとんど入れられないことを前提にしてください。

(参照:画像内テキストについて)

お酒やタバコなどの成人向けコンテンツが含まれている

お酒やタバコなどの成人向けコンテンツが含まれている Facebook広告は一度公開されれば、当然多くのユーザーの目にとまります。

しかし、多くのユーザーの中には、とても若い年齢の方々もいるため、酒類やタバコ、性行為を連想させるような画像は、たとえ広告主にその意図がなくとも違反と捉えられます。

年齢制限のある素材については、画像には基本的に使用できないと考えましょう。

「Facebook」の表記方法がルールに則っていない

広告内容によっては、Facebookに対して言及する場合もあるかと思います。

そのときのルールを説明します。

◇「Facebook」の「F」は大文字で表記する
◇「Facebook」という単語を、周りのコンテンツと同じフォントサイズとスタイルで表示する
◇「Facebook」という単語の代わりにFacebookロゴやアイコンを使用しないこと。
◇ロゴやアイコンを使用する場合は、ブランドリソースセンターからダウンロードしたものを用いる。独自の改変は一切しない。
◇Facebookを紹介する場合、一部使用が認められないフレーズがある。
〇「Facebookにアクセス/~でタグ付け/~でいいね!する/~でチェックイン」
×「Facebookする/~でフォローする」

そのほかの審査に落ちやすい要因

個人の属性や特徴に触れるようなテキスト

広告ポリシーには「広告に個人的特質を断定、または暗示するコンテンツを含めてはいけません」という記載があります。

この場合の個人的特質とは、個人の人種・民族・宗教・思想・年齢・性的嗜好・障害・性同一性・疾病・財政状況・犯罪歴・名前などを指します。

これらを直接的、または間接的に断定する、暗示することは避けるようにしなければなりません。

一例を挙げると、

例:財政状況
〇「あらゆるニーズにお応えして、個々の状況にあった金融サービスをご案内します」
×「もしあなたが破産の危機に陥っているなら、当社のサービスをご検討ください」

上記は一例ですが、Facebookは特定の立場や人種などへの差別的な広告を避けるため、広告内に個人的特質を記載しないように指示していると思われます。

体の一部を強調する画像

体の一部を強調する画像 体の一部を強調する画像を用いる場合、前述の「成人向けコンテンツ」と見なされる可能性が高くなります。

本来は性的な意味合いがない場合でも、過度に露出された肌や胸部、腹部など、性的な刺激や行為を暗示させると見なされたら、その画像は広告に使用できません。

間違った文法や汚い言葉

広告内に不適切な表現や文法・句読点ミスが含まれている場合も審査が通りません。

文法だけでなく、記号・数字・文字は正しく使用する必要があります。

例えば、「♧ ♥ ♡ ♢ ♢ ♔ ♕ ♚ ♛ ☆ ★」といった記号を過剰に使用することや、冒涜的な言葉を記号で部分的に隠して表記するような使い方はできません。

侮蔑的な意味を含む比喩や画像なども、同じく却下されます。

審査が却下されたら

上記の広告ポリシーを踏まえてFacebook広告を作成しましたら、さっそく審査の申請を行います。

無事に承認されて公開されればよいのですが、もし審査が却下された場合は、ガイドラインに沿うようにその広告の修正ができます。

広告を編集して再提出

Facebook広告が承認されなかった場合、Facebookから非承認の理由が記載されたメールが届くので、それを参考に編集作業を行います。

非承認の理由をベースに、広告ポリシーに沿って画像・テキスト・ターゲットなどを編集し、変更内容を保存すれば、広告が再び審査に回されます。

ただし、広告の非承認の理由によっては、それ以上の編集が許可されない場合があります。

広告が編集できない場合は、新しく広告を作成するか、「広告に関する異議申し立て」を行うことができます。

公式ページのフォームから異議を申し立てる

広告が却下された理由について、異議申し立てを行うことができます。

広告を編集できない場合、または広告がFacebookの広告ポリシーに従って作成しているとお考えの場合、下記のフォームから非承認の決定に対して異議申し立てを行うことができます。

Facebook側が異議申し立てを審査し、非承認が誤りであったかどうかを判断します。

異議申し立てが認められると広告が配信されます。

(公式ページの異議申し立てフォーム)

まとめ

Facebook広告の活用は、自社の製品やサービスをSNSユーザー層に認知してもらうには、たいへん効果的です。

今回はあまり触れませんでしたが、Facebook広告は画像・動画・テキストの掲載はもちろん、非常に細やかな「ターゲット」の設定、予算額の調整、返答率の結果分析など、機能面も充実しています。

すでに多くの企業がFacebook広告の活用に乗り出しています。

しかし、十分な活用と効果を得るためには、Facebookの定める広告ポリシーをよく理解しておくことが必須です。

審査に通るように作成することも重要ですが、仮に広告の審査に落ちてしまったとしても、編集や異議申し立てを行えば何度でも申請できます。

商品やサービスをまだ見ぬ顧客に届けるためにも、Facebook広告ポリシーを正しく理解して、ぜひ積極的にFacebook広告を活用してみてはいかがでしょうか。
Facebook広告の審査に落ちやすい要因、落ちたときの対処法